広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

木材エコポイントを考える

2014年01月14日 22時55分21秒 | 明日のすまいを考える

 川崎市高津区溝口で大工をしている今井紀好です。
 木材エコポイントという制度があります。
 簡単に言うと、国産材を使って日本の森林を守るというものです。
 今回新築をした現場では、宮崎県の飫肥(おび)という地方の杉を構造材に使いました。

     

 内装材も、スギ、ナラ、ヒノキと床に使っています。

     

     

     

     

 すべて木材エコポイントの対象になり、60万円分のポイント(商品)と交換できます。
 確かに日本の山を守ることは大事なことですが、無理やり商品と交換するのはいかがなものか?
 事務にかかる費用は、莫大なものでしょう。
 他にも山を守る方法は、沢山あります。

 消費税の駆け込み需要で、資材が入ってこなくて困っています。
 消費税など上げなくても、日本の財政を立て直す方法はたくさんあります。

 考えましょう。明日の住まいと、明日の日本を。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 現場見学会 | トップ | 新春の集い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

明日のすまいを考える」カテゴリの最新記事