狸便乱亭ノート

抽刀断水水更流 挙杯消愁愁更愁
          (李白)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガソリン狂想曲

2008-06-03 14:15:31 | 怒ブログ
             

「狂想曲」とは、カプリッチオの訳語である。[capriccio]オレに判る筈はない。
だが…「ガソリン狂想曲」といえば何となく判るような気分となる小生であった。
―厳格な形式によらず、感興のおもむくままに作られた器楽曲。カプリチオ。カプリース。狂想曲。奇想曲。まさに今日のガソリン価格は、その狂想曲であろう。

       

ガソリンの値上げ競争みないな感がする。昨日は1リッター176円のセルフサービス店の看板をみた。
一体全体、オレはいくらのガソリンを燃していたのか?
未開封の請求書があったので開いてみた。小生は運送店時代の取引店から、未だにカードで掛け売りのガソリンを入れていたのである。貯金通帳引き落としの支払いなので、いくらで入れているのか念頭に無かった。
請求書に印刷チラシが添付されている。どうせ値上げのことだろうと読んで驚いた。
お客様各位
     燃料油価格値下げのお知らせ
拝啓、いよいよ秋も本番となり、皆様にはおかわりございませんでしょうか。
日頃は 弊社をご利用いただき厚く御礼申し上げます。

さて、新聞・テレビ等で既にご承知のこととは存じますが、原油価格の下落により、この度価格改をさせて頂くことになりました。

つきましては、平成18年11月1日より下記の内容により価格改定(値下げ)をさせて頂きますので、宜しくお願い申し上げます。    敬具

              記
改定期日     平成18年11月1日から
ハイオクガソリン    現状価格より3円/L値下げ(税別)
レギュラーガソリン   現状価格より3円/L値下げ(税別)
 軽油         現状価格より3円/L値下げ(税別)
                       以上

 平成18年10月末日の古い請求書が置いてあったのだ。

新聞によれば、
ガソリン税の暫定税率が復活し、ガソリンの値段が跳ね上がった5月1日、それから1ヶ月である。
各地のガソリンが再び跳ね上がった。
これは、それを伝える「朝日新聞」第一面の切り抜きである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 狸便乱亭俳句抄 | トップ | ワカサギ煮干しの話 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
政治家の出番 (tani)
2008-06-07 20:17:40
疑わざるを得ません。

コメントを投稿

怒ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

石油の真実 (反戦塾)
 前回のエントリー「原油暴落の日」の付録として、エネルギー白書から拾ったエピソードを書いておこう。 ●需要の伸び1位中国、2位アメリカ 原油高騰の理由に、発展途