四国鯉釣り案内

これは私の四国四県での鯉釣り釣行記です。

鏡ダムのヘラ玉

2018-07-03 08:39:47 | 鯉釣り
高知・鏡地区の鏡ダムは、毎年6月ごろから水位を下げ始める。今年は6月27日現在で管理事務所前のデジタル表示が67.2㍍になっていた。私は5月末になるとダム上流の砂瀬橋下流左岸へ行く。ここは流れ込みがいくつかあるので、鯉やその他の魚の回遊が多い所だ。そしてヘラぶながいくつものへら玉を作って水面を回遊しているのを見かける時期でもある。堰堤近くの公園下は足場は良いが、ほとんど見かけない。去年鯉の90㌢オーバーを上げたのはここ砂瀬橋下流のポイントだった。左岸は大小の流れ込みがあるので、左岸側を回遊していると思う。ヘラぶなは岸に寄っても私のサオ下をくぐって通過する事はない。警戒してUターンしていく。今回6月27日の釣行では生き餌でタニシを3コ付けでやったが、鯉は喰ってこなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« H30年・春の津賀ダム釣行 | トップ | H30・8月 穴内川ダム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鯉釣り」カテゴリの最新記事