ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 ローズS予想(2019)

2019年09月15日 | 競馬予想
ローズSの予想
 このレースが始めると流石に秋の最終三冠レースのクラシックの気配を感じさせる。秋華賞へ向けての名物トライアルレースであるローズSだが、今年は母親が現役時代に活躍した良血馬がたくさんいる。春のクラシック戦線で活躍した馬と夏を境に力を付けてきた登り馬の激突。頭数は少ない気もするが、メンバー構成は良血馬が揃っているということもあり新聞を見ていて、お母さんの名前を見ているだけでも楽しいレースだ。
 恐らく1番人気は4番のダノンファンタジーか。しかし、この馬は相当折り合いに苦労している感じがする。距離の阪神外回りの1800Ⅿはこの馬の気性的なことで非常に心配。メンバー構成からは恐らくスローペース。そんな流れを我慢させることができるのか?しかも、仕上げも本番の秋華賞を見据えているだろうから、取りこぼす可能性は大いにある。ここはスローペースの流れを考えると好位で折り合えそうな馬を本命にしたいところだ。

◎  7 アルティマリガーレ
▲  1 メイショウショウブ
▲  6 シャドウディーヴァ
▲  8 ヴィクトーリア
△  4 ダノンファンタジー
△ 10 シゲルピンクダイヤ
△ 12 スイープセレリタス
×  3 ビックピクチャー
×  5 モアナアネラ
× 11 ビーチサンバ

 本命は7番のアルティマリガーレ。この馬も相当な良血馬。母親のアルティマトゥーレだが現役時代は短距離重賞を2勝しており、GⅠれーすであるスプリンターズSでは1番人気に推されたほどの実力馬だった。さて、本馬だが母は完全な短距離馬だったが、本馬は前走ではマイルぐらいの距離なら大丈夫だということを証明した。しかし、今回は阪神1800Ⅿの外回りコース。距離が少し不安だが、前走のスローペースで充分に折り合えた感じなら今回も折り合いはそれほど気にすることはないだろう。折り合えれば1800Ⅿぐらいの距離ならごまかしが効くだろう。他の有力馬はもうすでに賞金を稼いで秋華賞の出走を確実にしている馬が多いが、本馬はこのレースでは何が何でも優先出走権のある3着までには入りたいところ。陣営の本気度を考えてたら、ここは本命にしたくなる。
 
 単穴には3頭挙げる。
 まずは1番のメイショウショウブを挙げる。オークスは全く良いところなしで、前走のクイーンSは古馬相手の重賞戦線でレベルの違いに驚いた部分があるだろう。スローペース濃厚のメンバー構成であるが、逃げるのはこの馬か。このメンバーも相当強い馬たちとの戦いだが、スローペースを味方にして逃げ切る可能性はあるだろう。しかも最内枠と逃げるには絶好。逃げればここは勝ち上がっても不思議ではない。

 次に6番のシャドウディーヴァを挙げる。この馬のラストの脚は魅力的。しかも直線の長いコースでの叩き合いになって根性を発揮するタイプの末脚だ。そういう意味では阪神外回りコースのこの舞台設定は良い。関東馬なのに先週の紫苑Sではなくて、関西のローズSに出走してきたというのもチャンスと思ってのことだろう。スローペースで密集する馬込みで脚を矯めて、ラストで馬群をこじ開けて突っ込んでくるか。

 次に8番のヴィクトーリア。今回のメンバーでオークス出走組では最先着している馬。能力に関しては疑いようがないし、休養明けでも走れる態勢は整っている。逃げても追い込んでも良し。位置取りはスタート次第だが、休み前のレースを見ると出遅れて後方からのパターンが多い。今回も出遅れて後方からレースを強いられると、スローペースの流れはこの馬には厳しい。でもスタートを上手く切れば本命にしたいぐらいの馬。しかし、オークスでの追い込みを見ると出遅れても難とかやってくれそうな気がするが。本命にはしにくいがこれぐらいの評価は必要だろう。

買い目 三連単フォーメーション
1着 7
2着 1、4、6、8、10、12
3着 1、3、4、5、6、8、10、11、12

買い目 三連単フォーメーション
1着 1、6、8
2着 7
3着 1、3、4、5、6、8、10、11、12    合計 72点

コメント   この記事についてブログを書く
« 競馬 セントウルS&京成杯オ... | トップ | 競馬 セントライト記念の予... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事