ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 鉄道員(1956) ホームドラマの傑作です

2018年01月06日 | 映画(た行)
 イタリア映画を観ていると子役の印象が非常に強い作品が多い。例えば、古くには自転車泥棒、ちょっと古くにはニューシネマ・パラダイス、まあまあ古いところでライフ・イズ・ビューティフル。この三作品だけでも、なるほど!と誰もが納得するはずだが、今回紹介する映画鉄道員も子役が大活躍する映画。ちなみに日本映画の鉄道員(ぽっぽや)とは何の関係もない。
 だいたい映画を観て涙を流したい時は犬か子供が出てくる作品をチョイスすれば、結構な確率でドンピシャ。ちなみに俺の場合は映画を観て泣きそうになった時が一度だけあるが、その映画が実はコレ。大げさなシーンは無いが、哀愁漂う音楽のメロディーが涙を誘う。

 早速だが主に頑固一徹な親父と、まだ面積の計算で悩んでいる小学校の低学年ぐらいの子供とのやり取りを中心に、ある家族の悲喜こもごもが描かれているストーリーの紹介を。
 鉄道の運転手であるアンドレア(ピエトロ・ジェルミ)は頑固一徹な父親。その性格が災いして長男のマルチェロ(レナート・スペツィアリ)、長女のジュリア(シルヴァ・コシナ)との仲は良くなかったが、まだ幼い末っ子のサンドロ(エドアルド・ネボラ)とは良き関係でいた。
 ある日のこと、ロクに働きもせずに不良と遊んでばかりいるマルチェロ、結婚前に妊娠してしまうが流産を原因に夫婦仲が悪くなってしまったジュリアのことで悩んでいたアンドレアに更なる悲劇が襲う。自分が運転していた列車に若者が飛び込み自殺、しかもその後にショックで赤信号を見落とし、危うく衝突事故を起こしてしまいそうになる。
 アンドレアは自分の訴えも聞き容れてもらえずに左遷。しかも、労働組合では自分の意見は全く無視され、挙句には自らスト破りを決行して仕事仲間からは孤立してしまう。家庭でも娘のジュリアが不倫をしていることを知って手を出してしまい、マルチェロとも喧嘩。ジュリアとマルチェロは家を出てしまう。ますます酒に溺れ、家にも帰らずに苦悩に陥るアンドレア。しかし、そんな彼に対して変わらぬ愛情を見せていたのが、ほかならぬまだ幼い末っ子のサンドロだったのだが・・・

 戦後のイタリアを舞台に庶民の哀切が観ていて伝わってくる映画。ホームドラマを描いているがここに登場する鉄道員の家族は最初からバラバラ。親父は酒浸りで、すぐに怒り出すような今で言うと古き父親だが、かなりうざい。どこの国でも昔の父親はこんなタイプが多いことに改めて気づかされる。母親は普通にマトモだが、出来の悪い旦那と子供に囲まれて右往左往している感じがある。三人の子供たちだが長男と長女はもう立派な大人だが、前述したようにかなり問題あり。そして、まだ純粋な子供である末っ子が見た目は何の役にも立たないように見えて、実はみんなが一番必要としている存在だったことに観終わった後に気づく。
 この末っ子が居なかったら、この家族は暗~いし、まるで他人の寄せ集めみたいに誰も口を聞かない。本当に子供は宝とは言いえて妙だ。大人たちが思っているより遥かに子供はしっかりしているということがよくわかる。
 音楽は前述したように本当に素晴らしいし、大げさな表現は無いがそれでも感動できる。こういう映画は市民の税金を食い物にしようとする私利私欲にまみれた人間には絶対に理解できない。
 昔の名作と呼ばれる映画が観たい人、子供のひたむきさに大いに感動したい人、何時までも純粋な気持ちを持ち続けたい人、イタリア映画が好きな人、CGばかり使っている映画を観ることに飽きた人等に今回は映画鉄道員をお勧めに挙げておこう

鉄道員 HDリマスター版 [DVD]
ピエトロ・ジェルミ,エドアルド・ネボラ,ルイザ・デラ・ノーチェ,シルヴァ・コシナ「
株式会社アネック


鉄道員 【ブルーレイ版】 [Blu-ray]
ピエトロ・ジェルミ,エドアルド・ネボラ,ルイザ・デラ・ノーチェ,シルヴァ・コシナ
株式会社アネック


 監督は主演も兼ねるピエトロ・ジェルミ。最近の映画では監督、主演を兼ねる人は珍しくもないですが、もしかしたらこの人がその先駆けかもしれません。演じている時も中年男性の渋さが光りますが、本領発揮はやはり監督業の方。本作以外に。刑事わらの男がお勧めです。



 

 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 


 

コメント   この記事についてブログを書く
« 競馬 中山&京都金杯予想 | トップ | 競馬 フェアリーS予想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事