ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 東京新聞杯予想(2020)

2020年02月09日 | 競馬予想
 東京新聞杯予想
 先週のシルクロードSはバッチリ的中させて10万円馬券をゲット。気分はノリノリだが、実は2週連続馬券を的中させることが少ない。それだけに今週は慎重に予想する。実績馬も多く出走するだけに好メンバーが揃ったように見える。しかし、その実績馬たちが何とも不安定なレース振りで大敗をしてしまう馬も多く信用できない馬ばかり。ここは実績馬よりも調子の良さそうな馬を探して狙っていきたいところだ。
 今回の東京開催のレースだがDコースに変わって内から伸びてくる馬が多い傾向だ。外を回して追い上げるような馬は厳しい。そして、逃げ馬は内枠のモルフェオルフェ。1600Ⅿの重賞戦にしては相当なスローペースになりそう。ここは内枠で好位で立ち回れる馬を本命にしたいところだ。
◎ 2 ヴァンドギャルド
▲ 6 レイエンダ
▲ 9 レッドヴェイロン
▲12 シャドウディーヴァ
△ 1 プリモシーン
△ 3 モルフェオルフェ
△ 4 クルーガー
△ 5 サトノアーサー
×16 ドーヴァ

 俺の本命は2番のヴァンドギャルド。枠順、騎手、馬の勢いなど昨年の覇者であり後に春秋のマイル王に輝くインディチャンプを思わせるような馬。昨年の春から期待されていた馬だが、ここに来て上昇中。レース内容も馬込を苦にせず、折り合いもピッタリ。相当な能力を感じさせるレース振り。好位で立ち回ることが出来るこの馬にとって枠順、展開も味方にできる。このレースを制覇して今年のマイル路線の主役に躍り出るような気配がある。

 単穴には6番のレイエンダ。前走のマイルチャンピオンシップでは大外枠、スタートで後手を踏むなど全くレースに参加できなかった。なんせ実績はあるのだが崩れることの多い馬。しかし、今回は走りなれた東京コースだしこのメンバーなら思い切って好位の2番手を取りに行くような積極的なレースをするか。馬込みはダメそうだが、スムーズに好位の外目でレースを運べることが出来たら、能力発揮できる。そうなると実力的にはこのメンバーなら勝てる。本命にはしにくが、これぐらいの評価は必要。
 
 次に9番のレッドヴェイロンを挙げる。母親のエリモピクシーの産駒にはGⅢの勝ち馬やGⅠレースでは3着が多かったり活躍馬が多い。今回のGⅢレースなんかは血統だけを見ていてもこの馬には飛びつきたくなる。実際にこの馬はGⅠレースで3着になっている。しかも戦績はかなり安定している。休み明けは走るし、そこそこの位置取りでレースを進めることの出来そうだ。もう少し枠が内だったら本命にしたかったところ。しかし、この馬はこれ以上は評価が下げられない。

 次に12番のシャドウディーヴァを挙げる。牝馬が活躍するレースでもあるのあるのだが、今回は3頭出走するがその中でもこの馬を一番手に取り上げたいし、勝てる可能性まで期待させる馬だ。昨年も牝馬クラシック戦線では善戦していたし、その能力を発揮したのが前走。元々鋭い末脚に能力を感じさせるが、前走ではレースセンスの成長もうかがえた。前走で勢いをつけて重賞レースという臨戦過程も良い。枠は外側になってしまったが、岩田ジョッキーならこの枠かでもインを狙っていくレースをすると思う。スローペースが見え見えなので、スタートを少し出して行って好位を狙いに行くだろう。東京コースも得意なのでプリモシーンに人気で劣っているが、まだまさ成長の奥深さを感じさせるコッチを上位に取り上げたいし、勝つ可能性も考えておきたい。
 
△は内枠、先行馬を中心に選ぶ。このメンバー、距離を考えると3番のモルフェオルフェは2着に粘れる可能性は充分にある。

買い目 三連単フォーメーション
1着 2
2着 1、3、4、5、6、9、12
3着 1、3、4、5、6、9、12、16

買い目 三連単フォーメーション
1着 6、9、12
2着 2
3着 1、3、4、5、6、9、12、16       合計 70点

コメント   この記事についてブログを書く
« 映画 砂と霧の家(2003) Ho... | トップ | 映画 ガントレット(1977)... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事