ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 札幌記念予想 凱旋門賞へ向けて

2014年08月24日 | 競馬予想

札幌記念予想


 ここ最近は世界最高峰のレースである凱旋門賞にむけて、海外のレースをステップレースにして本番へ向かうというパターンが多くなって来た。今年は日本の有力馬2頭が凱旋門賞へ向かうことが決まっているが、何と2頭ともに今回の札幌記念から凱旋門賞へ向かうことになった。そんなことで今年の札幌記念は盛り上がってきた。主役はもちろん凱旋門賞へ向かう2頭だが、その他の馬も非常に侮れないメンバー構成。なかなかハイレベルのレースになりそうな気配が漂う。
 逃げるのは去年の夏は大活躍したトウケイヘイロー。今年のレースもそこそこのペースで飛ばすか。徹底した逃げ馬がおらずトウケイヘイローにとってはマイペースの逃げが打てそう。しかし、問題はゴールドシップの出方。2走前の天皇賞(春)ではスタートで大遅れをやらかしてしまうように、なんとも心許ない馬。好スタートを切って、スンナリと好位を取る事ができればトウケイヘイローは苦しくなるし、ゴールドシップは出遅れたり、全く前に進もうとしないことになるとトウケイヘイローに俄然チャンスが出てくる。
 そして、歴代牝馬と肩を並べる能力を持っていると思われるハープスター。前走のオークスでは、まさかの直線届かずの2着。この馬は持ち味は強烈な末脚だが、果たして洋芝、小回り、直線の短い札幌コースがこの馬に向いているとは全く思わない。
 上位人気3頭の有力馬だが、展開、コース設定、安定性などを考えると非常に頼りない面々。この3頭から本命を選ばないといけないのか、それともまだ強い馬がいたことを俺は忘れてんじゃね~のか?と思って見てたら居たぞ、よく考えるまでもなく、こいつもGⅠホース。決して能力を発揮できそうならこの舞台なら人気上位3頭にも引けをとらないはずだ。

◎ 1 ロゴタイプ
○ 8 ハープスター
▲ 5 ゴールドシップ
▲ 6 トウケイヘイロー
△ 7 エアソミュール
△ 9 アドマイヤフライト
△11 ラブイズブーシェ
× 2 トウカイパラダイス
× 3 タマモベストウェイ


 僕の本命は1番のロゴタイプ。この馬も皐月賞を勝っているGⅠホースだ。去年の札幌記念では勝ったトウケイヘイローに2秒以上の差を付けられてのぶっちぎり負け。しかし、大雨の極悪馬場ではどうしようもなく、その後はダメージを受けて復帰に手間取ってしまった。戻ってからも何だか物足りない結果に終わっているが、相手が想像以上に強すぎ、海外競馬などここ2戦の敗因はハッキリしているし、内容はそれほど悪くない。そもそもジャスタウェイ強すぎ~。今回は海外遠征明けだが、充分にリフレッシュされているし、去年のような馬場に泣かされることもなさそうだ。
 そしてラッキーなのが最内の絶好枠。レースセンスの良い馬だから絶好の内目の好位で立ち回ることが出来そうだし、逃げるトウケイヘイローも早々にバテテ下がってきて道が塞がってしまうということもそれほど心配しなくても良いだろう。4コーナーまでは絶好のポジションをキープして、直線に入ってからチョッと外目に持ち出して、逃げ馬に並びかけ、強豪馬の追撃を振り切る。もう俺のシミュレーションは完璧。不安な点を挙げるとすればジョッキーぐらい。きっとそれは誰もが思うことだが、村田一誠よ!そんなみんなの心配をぶっ飛ばすような好騎乗を見せてくれ。

 対抗には8番のハープスターを挙げる。末脚の強烈さは3歳牝馬にして日本一だろう。オークスの時は洛鉄があり、しかも中途半端にぶら下がった状態で走らさせられては負けても仕方なかった。だいたい人間でも走っていて、完全に靴が脱げて走るのと、靴が中途半端に脱げて走っているのとどちらが走りやすいかと言うと、そりゃ完全に脱げている時だろう。オークスの時は我々が見ている以上に最悪の状況で走らさせられて、あの内容なら決して悲観することはない。凱旋門賞は勝てるぞ!
 しかし、問題は今回の札幌記念。末脚一本の極端なレースしか出来ないこの馬には札幌コースは合わない。しかし、大外から絶対に追い込んでくるし、確実性なら3強の中では1番。しかも、これほどの馬が52キロで走れるのはかなり有利。大外から全馬をブッコ抜くシーンを観る事は大いに可能だ。

 単穴には2頭挙げる。まずは5番のゴールドシップ。成績を見れば歴代の名馬に肩を並べる。しかし、2番人気のレースで15着に負けるときがあるなど、負けるときは無残な敗北を喫してしまう。それにスタートが遅い。ちょっと遅れるぐらいなら普通に走って好位に取り付くことができるが、それを考えたらこの枠順はかなり中途半端。出遅れて馬群に囲まれると今までのレースを見てたら不安だし、後方に構えてじっくりレースを運ぶとなると切れ味ではハープスターにやられそう。出来たらスタートをマトモに切って、最初から仕掛けて行きたいというのがジョッキーの本音だろう。そうは言ってもマトモに走ったときのパフォーマンスは誰もが承知している。頭が悪いのが問題だが、身体能力は抜群の馬。やる気と根性を見せることが出来ればあっさり勝つ可能性があるので、これ以上は評価を下げられない。

 もう1頭が6番のトウケイヘイロー。去年の夏は大活躍。北海道の洋芝適正はバッチリだし、マイペースの逃げが打てそうなので去年の夏のレースを再現する可能性がある。ゴールドシップの出方が不安、好位から早目に捲くって来る展開になると厳しいが、ゴールドシップが後方の位置取りなら、直線で粘り込むシーンが見られるかもしれない。去年の夏の活躍ぶりを見ると、この馬の逃げ切り勝ちの可能性は充分にある。後は自分との戦いで、どれだけ自分の気持ちをコントロールできるかだろう。

 2着ならありえるかもしれない馬では9番のアドマイヤフライトを挙げておきたい。主に2400Mの距離や関西の広いコースで結果を出して来た馬だけに、前走の函館記念は忙しいだろうと思っていたのだが、最後は良い脚を使って伸びて来た。今回は前走の経験が活きて来るのではないか。このメンバーを相手に勝つのは厳しいが前走よりプラス面が見込めるのならば、この馬が2着に飛び込んで来ても驚けない。

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 1
 2着 5、6、7、8、9、11
 3着 2、3、5、6、7、8、9、11

 
 買い目 三連単フォーメーション
 1着 5、6、8
 2着 1
 3着 2、3、5、6、7、8、9、11

 買い目 三連単フォーメーション
 1着 8
 2着 5、6、7、9、11
 3着 1                                    合計 68点

にほんブログ村 競馬ブログへ
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。




 

 
 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 映画 イヤー・オブ・ザ・ド... | トップ | 映画 マルタの鷹(1941) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事