コンサルティングは自転車に乗って⇒企業年金総合プランナーのブログです。

企業年金・退職金制度全般に関するご相談を行っています。
お気軽にご連絡下さい。

企業年金制度での積立金は、事業主のお金ではありません。

2017-12-26 11:07:10 | 企業年金・退職金制度

企業年金制度での積立金は、事業主のお金ではありません。

勘違いされている事業主もおられるようです。
そして、金融機関の中にも、そういう方が。。。

企業年金制度⇒確定給付企業年金・厚生年金基金・税制適格退職年金で
積み立てられたお金は、基本的に事業主のお金ではありません。

企業年金制度は、税制の優遇措置を受けており、会社のお金とは
切り離して、従業員の企業年金・退職金のために積み立てる仕組みです。

確定拠出年金制度も、当然しかりです。

適年の積立金が、退職金規程の自己都合要支給額より多いから、
「その分は返せ」として、事業主が従業員を訴えた裁判は
実は、とんでもないことなのです。

幸い、裁判は、従業員側の事実上の勝訴となりましたが。。。

事業主が勘違いしたのは、やむを得ない?かもしれませんが、
それを質さなかった金融機関の責任は重いを思います。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 退職金制度と積立手段 | トップ | 今年もよろしくお願いします。 »

コメントを投稿

企業年金・退職金制度」カテゴリの最新記事