コンサルティングは自転車に乗って⇒企業年金総合プランナーのブログです。

企業年金・退職金制度全般に関するご相談を行っています。
お気軽にご連絡下さい。

厚生年金基金を解散した場合、事業主の負担額は?

2013-08-13 09:04:01 | 厚生年金基金

厚生年金基金を解散した場合、事業主が負担すべき金額は、どれくらいか?

これについては、厚生労働省から、“粗い試算”と断った上で、数字が出ています。
平成23年度末時点の統計に夜推定値です。 

解散した後、国に返す代行部分の金額に対して基金の積立金のほうが少ない
いわゆる「代行割れ基金」で、不足額を補てんするための追加負担が発生します。

追加負担が発生するのを抑えるため、計算方法の変更を行った後の、「代行割れ
基金」は約210となります。

更に不足額の追加負担を減らすために、 国への納付額の減額といった措置を行うと、
従業員1人当たり約44万円になります。

積み立て状況が最も悪い基金では、従業員1人につき228万円だそうです!

不足額は、分割納付もできますので、10年分割で、年額22.8万円

                                            15年分割で、年額15.2万円

                         20年分割で、年額11.4万円!

最長30年分割も可能ですが、結構きつい金額だと思います。

基金としての対応が遅れると、負担が増しますので、早めの決断が必要です。

 

経口補水液 オーエスワン(OS-1) 500ml×24本
オーエスワン
大塚製薬
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 厚生年金基金改正法のセミナ... | トップ | 厚生年金基金の解散により、... »

コメントを投稿

厚生年金基金」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事