School Bus

今日はこんなことありました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

も~やばい!!

2005-03-31 03:58:02 | 大学。
レポ、まだ一万字にも達してないよ…1日で一万字以上書けるものでしょうか…

も~やだぁ~~先生の鬼ぃ~~

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

かわいいもの、その3。

2005-03-29 15:39:06 | 大学。
も~レポート終わんないよ~。。イギリスと日本の幼児教育について書いてます。誰か小泉&ブレア首相を呼んできてよ~…国の予算とか、ちんぷんかんぷんだわ~漢字多すぎ。二万字…どうにか埋めなきゃ。ケンシロウパワーもオーバーヒート気味です。

テンパってるので、今日はかわいい画像で勘弁してください。(最近は文字が少なく、写真でごまかしている風ですが笑。すいません。)

ディズニーランド行きたい!!ヒューイデューイルーイが好きですが、あまりキャラグッズがなくてさみしいです。こんなにかわいいのに。。丸くてつるつるの後頭部がかわいくて好きです


~松ゼミのみなさんへ~
明日、早稲田の図書館へ行く人いませんか??一人じゃさみしいので、もし行く予定の人がいたらメールくださいみんなで必死にコピりましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妖精さんと小瓶。

2005-03-28 01:28:11 | 思い出話。
今日は、久しぶりの圧迫面接だったわ~。圧迫なのか、向こうがただのサドなのかよくわかんないけど。男の面接官は、いやに中・高時代のこと聞いてくるし(しかも私が通ってた女子高について何故か超詳しい。きも~い。)。また今度、詳しく書きます。

気が滅入っているので、今日はかわいいものシリーズその2。
私の部屋に降り立った妖精さんと、不思議な小瓶です。

妖精さんは、離陸直前にコンピューターが停止するという、前代未聞の故障機(乱気流で最近おなじみのエ○ー航空)で、昨年奇跡的にパリから生還してきた時のものです。パリのディズニーランドは、かわいいんだけど、全体的にテンション低めで。パレード中に、アラジンとか普通にジャスミンと雑談してるし。そんな適当パフォーマンス、日本じゃ考えられないわ。入場する時、アラブ系の男に「パリノディズニーランドハ、オモシロイ!デモトウキョウディズニーランドノホウガ、モットオモシロイ!」と「象のマークの引越し屋さんCM」もビックリのセリフを言われて萎えたっけ。

ちなみにこの妖精さんは、腰の辺りのボタンを押すと、光って羽がバタバタします。でもその音は、耳の側をハエが飛ぶ音みたいで。不快です。なので、普段は遊ばず、ただ飾っています。

青いボトルは、こないだバイト先のIナダさんがくれたものです。ブルーベリーの入浴剤みたいで。もったいないからあんまり開けたくないけど、今度使ってみることにします。

この記事をはてなブックマークに追加

かわいいもの。

2005-03-26 20:55:05 | 遊び。
こんな忙しい時期にお部屋の模様替えをしてしまいました。

携帯のカメラだから画像はあまりよくありませんが…

私の宝物たちです。働き場所がピクサーだったら、デスク周りをこんな感じにしておけるんだろうな~。こんな感じでかわいいものに囲まれた仕事場、探したいです。。

あ~レポート&ES書かなきゃ~。あせるなあ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしき、滝theわーるど。

2005-03-23 13:59:21 | 遊び。
皆様は「談話室・滝沢」という喫茶店をご存知でしょうか。中学生の頃から御茶ノ水の塾へ通っていた私にとって、御茶ノ水にあるこの店は気になって仕方がなかった存在でした。(でも入る勇気はなく、今まで放置でしたが。)

しかし、先日、なんと閉店の知らせをWEBニュースで発見!読売新聞でも大きく取り上げられるほどの、衝撃ニュース。なんでも、別役実を始めとする作家たちに愛用され、出版社の打ち合わせなどによく使われていた喫茶店だったそうで。しかも、それ以上に驚いたのは、最近まで店員(東北・新潟・長野出身限定)は社員として全員寮に住み込み、接客のマナーやお茶、英会話教育を受けてたらしく。なんという店員の英才教育。そこまでするか!?という感じ。

そしてWEBニュースの下に、このサイトへのリンクが…(見てみて!)
http://my.reset.jp/~mars/btg/document19/takizawa2005.html

これを見て「絶対に行く!」と決めた私は、19日、就活の合間に行って来たのです。

11時。ドキドキしながら入店。「いらっしゃいせ。ようこそお越しくださいました。」きれいなお姉さんが噂どおり、丁寧な応対で迎えてくれた。

これまた噂どおり、ホテルのフロントのようなレジに抹茶色のカーペット&いす。障子の壁付近に座る。う~ん、雰囲気はおじいちゃん宅の居間or書斎という感じ。確かに落ち着くかも。

メニューを見ると、おなじみの1000円ドリンクsが。さっき、ここに来るためにお金おろしてきたから平気♪お昼を食べてなかったので、クロックムッシュセットにする。ドリンクだけだと1000円。クロックムッシュ&ヨーグルト&ドリンクだと1300円。パンとヨーグルトが300円!?確かに言い値状態ですね。ドリンクは、サイトで見たミルク紅茶にする。

ウエイターは三浦友和風のおじさま。笑顔がまぶしい!この人も寮でお花を…と思うと、ひれ伏したくなりますね。持って来てくれたおしぼりは、確かに使い捨てなのに肉厚。おじ様たちにとっては、おしぼりは重要ポインツだもんね。

店内を見回すと、お年寄りの団体や、おじさまが多い。側には某有名少女漫画雑誌担当の人が打ち合わせしていた。作家かな?おお…たしかに出版系の人が打ち合わせしてるよ。店内にコピー機もあるし。至れり尽くせりです。

頼んだクロックムッシュ登場☆大きい。とても食べごたえがあった。ミルク紅茶も濃厚。こだわってるわ~。

おなかいっぱいになって、ブルーベリーヨーグルトになかなか手を出せなかった。食べるのを一旦やめてESを考えたり、一般常識の問題をやっていたら、三浦友和が登場し、ヨーグルトだけ小さなお皿に移し変え、他のものを下げてくれた。さっきはあんなに遠くにいたのに、食べ終わったって何故気づいたんだろう…恐るべし滝沢ワールド。いや、滝theわーるど。

ミルク紅茶を飲み終わると、お姉さんがやって来て、「1時までだったらおかわりが出来る」と教えてくれた。1000円のものをもう一杯持ってきてくれるらしい。しかも別の種類でも可。すごい太っ腹だわ、滝沢。散々迷った挙句、抹茶ミルクにした。(決して牛乳好きなわけではない。珍しいものを頼みたかったのです。)

抹茶ミルクには甘納豆がついていた。何故!?も~、奥深すぎ。理解不能です。でもおいしい♪

結局2時間くらいいた。静かで快適。でもテーブルが低いのと、なごみすぎて眠くなっちゃうとこが難点かも。ただ、長居できる&コピー機があるので、ESをゆっくり考えたい就活生には向いてるかもね。


帰り際に、200円の「謝恩券」をくれた。「今月末で閉店ですが、またぜひおこしください」といわれる。涙が出そうになった。こりゃファンが多いのもわかるわ~。素敵なお店。素晴らしき滝theわーるど。ぜひ3月中にもう一回来たいものです。(そのために1000円貯めなきゃ。)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

がけ崩れに見舞われる。

2005-03-21 12:58:48 | 遊び。
今日はダブスク仲間と久しぶりに会う。みんなキー局には玉砕だったみたいで。やっぱ難しいのね。

べっきー、ぞの、ふくもっちゃん、多田さん、みっきーと共にワタミへ。Hリプロの筆記のことを聞いたり。ユニークな試験なんだね。ぞのから(おととい受けた)広告会社がもう通過者にメールを送っている、ということを聞く。あら?私には何にも来てないけど…落ちたっぽい。。ショック!

多田さんと入れ替わりで、たっつみーとのりさんがやって来る。たっつみーは花粉症らしく。目が腫れて、鼻水が止まらず。食事もろくに出来ない状態だった。花粉症ってコワイ。

その後、別の店に移動。ここでさよちん登場☆今度は静かめな店だったけど、かなり騒いだ。ゲームやったり。マスコミ目指してる仲間だから、テレビとか芸能人をお題にしてる問題が多かったなあ。お金ないからお酒を最低限しか頼まず。これで誰も潰れずにすみました。

私は、英語禁止遊びにかなりひっかかてたなぁ。「ノー!!」とか連発して。よっぱらってたのね。

気づいたら、終電の過ぎ去った時間で。オール決定。瀕死のたっつみーは、ここで自宅に強制送還。鼻にティッシュを詰めてたから、ビール飲むのも苦しそうだったもん。花粉症患者にとっては、飲みも拷問ですね。

オール決定になっても、他の店に行くお金がないので、そのまま静かめな店に居座る。就活の話をしたり。広告志望者は今が山場、という話になり。そういえばうちらの山場はとっくのとおりに過ぎ去ったね…乗り越えたというよりは、がけ崩れに見舞われたけど。と言ったら、予想外に「いい例えだ」とほめられた。見舞われたがけ崩れ、なんとか乗り越えたいものです。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

背番号7同盟。

2005-03-20 01:33:35 | 就活。
昨日は「今夜が山田」とか言いましたが、今日もなかなか行きたい会社で。今日も山場です。「今夜も山田」です。しつこい!

というのも…巨人で有名な新聞社・H社の筆記なのです。私と言えば巨人好き→巨人と言えばH社→じゃあ私、H社受けなきゃ!ということで。でも巨人のこと(応援によく行ってた5年前中心。村田真一さんとかの時代ね。)と芸能面しか自信ない…ということで、勉強のために行きがけに雑誌・プロ野球aiとか買ってしまう。懐かしい。二岡に恋焦がれていた時は、よく買っていたなあ。

試験会場は、駅から結構離れている。私以外に人が全く歩いておらず…「もしや昨日だったのでは!?」とかなり不安になる。でもようやくスーツ人発見。聞いたらH社へ行く、とのことだったので安心。まじびびった。

会場は大学だったんだけど、ギリギリにならないと教室が開かないらしい。仕方ないので、学食チックなとこへ。ここには就活生がたくさんいた。みんな勉強しているので、昨日からやっておいた問題集だのプリントを出して自分も勉強。野球以外のスポーツとか競馬がやばそう…思わず、隣にいた女の子に、競馬とか勉強しました?と聞いてしまう。すると、「今日は適性だけですよ」と言われる。が~ん。英語だの一般教養だの作文だのは、後日とのこと。「筆記」ってかいてあるのにぃ…

でも教室行ったら英語の問題が配られた。もうさっぱり意味わかんない。さっきの女の子が「ゴメンナサイ!間違っちゃった」と謝りに来てくれた。いえいえ、その気で来てたんで大丈夫、というと「私は適性だけだと思ってたんで、ヤバイです」と返された。確かに思ってたのと違ってたらショックかも…

結局その後に適性やって、解散。せっかくプロ野球ai買ったのになぁ。今日は偶然高取王子も受けに来ていたので、一緒に帰ることに。佐賀で大地震があったので、「実家大丈夫なの?」と王子に聞いたら、「何が?」とぽかんとしていた。王子は朝早く出てきてドトールにいたため、地震のことを知らなかったらしい。急いで実家に電話するも繋がらず。かなり心配になる。(でもその後聞いたら大丈夫だったみたいで。よかったよかった☆)

帰りの電車内で、aiを読むことに。う~ん、昔とメンツがだいぶ違うなあ。でも阿部慎之介の作り笑顔とか、無茶なグラビアが多いところは変わってないけど。しかもその写真、プレゼントしてるし。応募殺到するのかな。

二岡を探したら、なんと読者人気投票10位にランクイン!!人気は健在なんですね。でも新庄にランクが負けているけども。しかもだいぶおじさんになってしまったわ。まあ、自分も女子高生から女子大生になってるから、人のことは言えないけど。

高校の時は月に一回(多い時は週に一回)試合に通ってた。二岡智弘の名前入りはっぴを着て応援団に混ざってたっけ。ファンの友達とよみうりランドへ練習も見に行ったし。寮も見にいったなぁ。熱い青春だわ。高校では、「背番号7同盟」も作ってた。巨人の背番号7・二岡ファンの私と、ジュピロ磐田の7・名波ファンの子、それとアントラーズの7・相馬ファンの子で結成。「背番号7にはかっこいい人が多い」、ってキャーキャーいうただそれだけの同盟なんだけども。そういえばスラダンの背番号7・ミヤギも、大好き☆スラダンの中で一番スキ☆☆やっぱり、7は素敵な番号なのかも。7をつけてるイカした選手がいたら、ご一報を。

この記事をはてなブックマークに追加

今夜が山田。

2005-03-19 00:48:40 | 就活。
「今夜が山田」という強烈なキャラがいますが。今日は、今のところ大本命な企業2社の面接です。山場です。大本命と言っていながら2社って、二股!?という感じですが。

朝一番は、とある広告会社。グループディスカッション(GD)です。昨日は、頭がすっきりしないまま面接に行ってしまったため、大失敗をしてしまいました。ので、今日はたっぷり睡眠をとって参戦。

面接官は、昨日のジャンレノやらなんやらとは打って変わって、やさしそうなおじ様2人。(やさしそうなのは、逆にやばいってよく聞くけどね。)自己Pは、ミッキーマウス戦法とか、昨日の自爆しそうなやつではなく、素直なものにした。今日もまたはじっこだから、何かと始めに当てられるなぁ。

お題はテレビに関することだった。7人だったけど、他にテレビ志望の人がいなかったみたいで。具体的な意見があまり出なかった。私は出演者とか、テーマとか色々言ったけど、それをリーダー役の人に(他の人の意見と合わせて)無理矢理使われてしまい。かえって不自然な番組になってしまう。全体的にグダグダモードで。半分以上過ぎた頃に、テーマとか決め始めるし。「それよりも内容きめなきゃダメじゃん!もうあと3分だよ?」と思い、必死に軌道修正。う~ん、だいじょぶかなぁ。

終了後、グループで帰る。一人関西系の人がいて、その人と私だけが同じ方向だったので、一緒に途中まで行く。面接中は普通な感じだったんだけど、かなり面白い人だと判明。車内もずっと笑わされっぱなしだった。「ESとか面接とか、なんでそういう面白いとこ全開にしないの?」と聞いたら、「自分だけが面白いことなら、こんな感じでいいんだけどね」と彼は答えた。

その時、はっと気づいた。私が今までESに書いてきたことって、自分だけが楽しんでる「自己満な内容だったな」と。他に書く内容ないし…とサークルの仮装のこととかを書いてきてきたけど、面接中話が膨らまず。きっと、自分だけが面白がってたんだな…。「相手の会社にとって、即戦力になるような、必要とされるようなことを書きなさい」と言うことが、わかってきた様な気がする。ありがとう、関西君。

それにしても、この関西くんにしてもみっきーにしてもナイナイの岡村さんにしても、いつも面白いことをやってる関西系の男の人は、みんな根が真面目だなと思う。ほんと、影ではやばいくらい深く考えてるな~と感心してしまいます。関西君に「ほんとは真面目な人なんですね」と言ったら、「なんでわかったの?」としきりに聞かれたけど。そういうのって、ちょっとした瞬間に感じます。

で、おもちゃ企業の面接まで時間があったので、御茶ノ水へ。お目当ては「談話室・滝沢」。ここに関する日記は、後日詳しくお伝えします。

夕方から第二戦・おもちゃ企業へ。ここもまたGD。さっきのグダグダを反省し、しっかりと軌道修正する役を務めようと心掛ける。何とかさっきよりは、きちんとまとまったかも。

でもここは、受けてる学生が全体的に私と似ていると思った。他の人の自己Pは、笑顔だの明るさだの、人を楽しませるだの、私のESにも並んでるウリのオンパレード。ただそういうことを言っても、他の人と一緒になっちゃう!ということで、経験の部分を具体的に話すことに。他の人と自分の良さを差別化できてたらいいな。よく具体例を大切にしろ、って言われてたけど、こういうことなのかと納得。これ、個人面接じゃ気づかなかったな。こういう積み重ねが、内定のためには大切なのかな…って内定はいつになることやら。

帰りのバスの中、携帯を握り締め、昨日のテレビ局からの着信を待ったけど…ダメでした。あ~あ…さよなら東京のテレビ局。夢はひとつ終わってしまいました。早く寝て、リセットすることにします。

この記事をはてなブックマークに追加

ドライビングスルーされる。

2005-03-18 16:32:58 | 就活。
今日はいよいよ決戦のとき。キー局最後の生き残りをかけた、T局3次審査(グル面)です。しくって、朝イチの面接しか予約できず、眠たがりの私はちょっと心配になる。私服で面接ってのも、また厄介。みんなどんな格好で来るんだろう。

面接会場に着いたら、みんな普通の格好で安心した。私のグループは男の人3人と、女の子が1人と私。男の人達は、別のテレビ局面接でも常に一発芸に走っている人達らしく。えらく騒がしかった。

面接官は、ミクモさん似おばさんとジャンレノ風コヤジ(こじゃれたオヤジ)、それと白い巨塔の恐そうな病理学の先生・大河内教授みたいな人の三人。

まずは自己P。私は一番はじっこだったので、最初に当てられる。どうしようか迷った結果、ESに書いた「ミッキーマウス戦法」ではないところをPRした。しかし、それが失敗だった。「えっ?そんなのどこにも書いてねーよ」って感じで、面接官たちは戸惑い始める。

で、やりたい企画・当局のイメージ・これからのテレビ・今日のファッションのポイントなどを順番に聞かれる。一緒に受けた人たちは、これまた話がグダグダに長い人たちで。「結論から先に言うのは大切だな」と感じた。

そこで、私はとにかく「結論から先に言う」ということに気をつけて発言した。待合室にいる時も、「とにかく簡潔に発言して」って人事の人にも言われてたし。でも、自己Pで自爆してしまったためか、面接官たちはあまりよく聞いてくれず。「はい、私は○○です。何故なら…」といいかけると、「はい、わかりました。もういいです。」みたいな感じで打ち切られる。隣の人の10%くらいしか話してないのに。私だけ、ドライブスルー。というか、ドライビングスルーだった。ミクモさんは自己P以降、一回も私に目を合わさないし。ホント怖い。

一番見た目の恐そうな大河内先生だけがしっかり話を聞いてくれ、ジャンレノとミクモさんにはとにかく潰された。もう、とにかく話を聞いてくれない面接だった。圧迫じゃなくて、無視というか。自分のしゃべりすぎが原因ならまだわかるけど、全然しゃべらせないで聞いてくれないのは、ほんとツラかった。やっぱ、始めの自己Pでいかに相手をこっちに引き寄せるかが大切なんだ、と感じた。特に時間のないグル面は。ほんと悔しい。

その後は、なんかぽーっとしちゃって、通信系の会社の説明会をブッチした。もう気力がなかった。明日は広告会社とおもちゃという、これまた大本命の面接。気持ちを切り替えて、再スタートしなきゃです。

この記事をはてなブックマークに追加

別れの季節。

2005-03-17 12:19:00 | バイト。
バイトへ向かう。今年度担当したクラスも、今日で最後。涙涙ですね。アドバイスしたいことはいっぱいあったんだけど、毎週先生が延長魔&連絡事項を伝えるだけで精一杯だったので、生徒にあんまりいい情報を提供していなかった。

そこで、メッセージを書いたプリントを作ることに☆予備校近くのエクセに入って、書き始める。テーマは「受かる人・落ちる人」。受かってた友達はどんな生活してたかな?、自分はどんなとこがダメだったかな?&よかったのかな?…などを思い出し、書き込む。生活にメリハリ付けるコツ、間違ったことを次に生かすには?、周りの人とどうやって付き合っていくか…などを書いた。これって、今自分がやんなきゃいけないことじゃん!と思いつつ。受験生の頃のガッツが必要だわ。

80人のクラスだけど、(テスト中らしく、欠席者が多いと聞いていたので)60枚刷る。でも実際教室行ったら、40人しか来ておらず。も~悲しい。最後だっていうのに。テス勉、早めにしとけよ~。

一枚一枚プリントを手渡していく。よく話していた生徒たちは来てくれていたので、うれしかった。いっつも見る度に髪を切っていたO君は、今日もまた髪型が変わっていて、トムソーヤみたいなクリクリになっていた。「また髪切った??」と聞いたら、「はい」とか言いつつ髪を触る。ハーフっぽい顔立ちで、かわいらしい。こういうタモさんみたいなツッコミも今日で最後かぁ。寂しい。

授業が始まっても、遅刻した生徒をしばらく教室前で待つ。すると、オレンジレンジ風のJ君が、登場。同じクラスのYさんのことが好きらしく、教室に入る前は必ずトイレに入って身だしなみチェックをしている。なっかなか出てこない。今日は最終日だから、超気合が入っているのかも。やっと出てきたと思ったら、「すいません、大のほうだったんで」とか言って言い訳してるし。青春ですね。

そんなこんなで授業終了。みんなには来年、合格してもらいたいな。
バイト先の先輩・Iさんも今日でお別れ。春は別れの季節ですね。。悲しい。

この記事をはてなブックマークに追加