School Bus

今日はこんなことありました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

S師はM。

2007-08-22 23:54:05 | 思い出話。
本日、サド美容師・S師のところへ行って参りました。
本日はカットとカラー。

S:「高校野球見てる?」
私:「いや…」
S:「興味ない?」
私:「いや…」
S:「そんなん誰が見るか!って感じ?」
私:「いや…そんなことは…」
S:「てか、普通見るよね?」
私:「す…すみません…」

言われっぱなしじゃないか!
あたくしは野球部出身男子は大好きですが、
高校野球を強要する男子は嫌いです!!

しかし、このお方。
腕っ節は抜群に良くなってきており。
5月の結婚式の時は、友達に「髪のセット、いいね」と言われるほどナイスな髪にしてくださいました。

私:「結婚式の時のセット、褒められましたよ~さすが
S:「え!?まじで!?」
私:「そうですよ~いいね~って言われましたよ~」
S:「マジで~嬉しい~
…で、どんな髪型にしたっけ?」
私:「はぁ!?」
S:「ごめん、覚えてね~や」
私&周りのアシスタント:「ひどーい
S:「えっ、えっ、ほんとにどんな髪だったっけ?アップ?」
私:「えっ…アップ…」
S:「てか、自分も覚えてなくない?」
私:「…」
S:「そっちのほうがひでーよ

はぁ!?
でたでた、逆ギレ…まじ手におえん。

こんなS師。
「言ったっけ?俺、彼女と別れたんだ…」
衝撃!
「どうしたらいい?」
どうしたもこうしたも…
あたくしに対してはSですが、実はMだそうで。
世間のドS女性、ここにいい方おりますよ~

そんなS師に前髪パッツンにされました…
「目元、柴崎コウだね!」
そんなフォローいらんわっ!!
あぁ…明日からしばらく日本人形生活です…

青春アミーゴ。

2005-12-20 01:15:51 | 思い出話。
たしかこの日だったと思うのですが。
とうとうあたくしが大好きだった、「にっち」こと二岡智宏選手が結婚してしまいました
別に、「自分と結婚するハズだったのに」とかは全く思っていないので、悲しむことはないのですが
ただ、やっぱり少し寂しいです

二岡ファンになったのは、高校2年生の4月3日。
開幕戦を見に行って、この年入団したばっかりのにっちにひとめぼれをしてしまったのです

偶然にもクラスとか部活に巨人ファンの子が多かったので、みんなで放課後よく試合を見に行ってました。
多い時は週1のペースで
厳しい女子高だったので、放課後行く時は(見つからないように)別の制服や私服を持っていって着替えてました。
だから、試合の日は常に超大荷物

さらに、写真のはっぴとかマフラーをして応援してました。
後ろの名前はもちろん自分で入れたもの。
おニャン子ファンもびっくりの、手作り感溢れる応援はっぴですね

ドームの自由席を確保するために、朝6時に東京ドームへ行って場所取りしたり。
みんなでコンビニで朝ごはん買って、ドームの25ゲート前で食べてから急いで高校へ走ったり。
青春だわ

日曜日は、読売ランドのジャイアンツ球場へよく行きました。
練習の後、車で寮へ向かうにっちをみんなで追いかけたり。
夢中になると視野が狭くなるあたくしは、にっちの車に集中するあまり、後ろから来たチョ・ソンミン選手の車にひかれそうになりました…
それもよき思ひ出ですね

プレゼントもよく送りました
気持ち悪いものは送ってないけど
でも、ファンレターは毎週送ってたな
「こないだの満塁ホームラン、感動しました」みたいなやつ。
でも一番最初の手紙に、思い余って「これから毎週書きます」的なことを書いてしまった手前。
「え~、毎週書くといいましたがネタがなくなり…今はテスト勉強してます」とか、どうでもいい内容を無理矢理書いたこともあったな。

自分が文化祭の企画委員長をやった時、「頑張って企画したんで、ぜひ来てください」とか言ってチケット送ったことも…
アホだね。何やってんだか。
来るわけねーだろ、みたいな。とんだ空想人だわ
若気の至りだね

でもその文化祭の後夜祭で、朝礼台の上で泣きながら挨拶してたら、
友達が(ジャイアンツの選手がヒーローインタビューで使っている)大きなジャビット人形を投げてくれて
勝利投手気分になって感動したことを、今でも覚えています
あれは人生で一番忘れられない一瞬かも。

にっちの話とずれてしまいましたが
これだけ、あたくしの高校時代はにっちと切っても切れない関係なのです。
そんな青春ヒーローは、年上女子アナと結婚してしまいました
でも、変なアイドルじゃなくてよかったかも
にっちはモー娘。ファンだったからね。

最近はあんまり球場に行けてないけど、また見に行きたいです
これからも素敵なプレーを期待してます
いつまでもお幸せに
(お前に言われなくてもわかっとるわって感じだろうけどさ。それにしても、あたくしがファンになった人が続々と結婚していく今日この頃…やばいね

5歳児のナルシスト。

2005-05-06 02:21:13 | 思い出話。
今日はキャラクター事業やってるとこの面接。グル面なんだけど、グループの名前も会社のキャラクター名なの!!びっくりした。

面接の前にトイレに行ったら、社員の方に遭遇。「こんにちは!」と挨拶。で、後程面接ブースへ行ったら、さっきの社員さんが!偶然、トイレで会った面接官さんのブースに通されちゃったみたいです。ムックセオリーでいけば、「トイレで遭遇→元気に挨拶→通過☆」になるハズなのですが(笑)でも隣にいた娘、しっかりものだったしなぁ…無理かも。まぁ、ドキドキしながら結果を待つことにします。

で、面接後は田町で(予備校から大学までずっと一緒の)友達・Mさとちゃんと会う。Mさとちゃんとはメールはよくしてたけど、じかに会うのは久しぶりだったので、就活トークなどなどで盛り上がる。特にアイツの話で…

Mさとちゃんは、半年前に別れた彼氏・Wくんと最近、またひと悶着あったらしく。
Wくんは私たちと予備校で同じクラスだった男の子。予備校時代からMさとちゃんの彼氏だったけど、ま~どうしようもない甘えん坊というか、ナルシストというか、イタイキャラで。「彼女にヤキモチ焼かせたい!自分のこと心配してもらいたい!」という気持ちが強い男の子なのです。(Mさとちゃん、あってるよね??笑)

話を聞いたら、彼は相変わらず5歳児レベルでしたね。言動が。
予備校時代、私に向かって「お前の第一志望の大学なんて、勉強しなくたって入れるよ!」とか言ってきた頃と、何も変ってないわ。空気読めない度が。。勝手さが。。

「他の女の子から好かれちゃったから、ゴメン」→「半年経っても俺のこと好き?」…は?
ハイ、勘違い~。何なのよ、アイツは。あの男は。高田馬場にいる方、後ろから蹴り飛ばしてやってください。
ほんと、必死に書いたラブレターをゴミと一緒に捨てちゃう男(懐)と同じくらい最低ですね。。ほっといていいよ、そんな奴は。Mさとちゃんはカワイイので、はやく元気出して成宮くんみたいなカッコイイ人を見つけてください!



コメント (4)

妖精さんと小瓶。

2005-03-28 01:28:11 | 思い出話。
今日は、久しぶりの圧迫面接だったわ~。圧迫なのか、向こうがただのサドなのかよくわかんないけど。男の面接官は、いやに中・高時代のこと聞いてくるし(しかも私が通ってた女子高について何故か超詳しい。きも~い。)。また今度、詳しく書きます。

気が滅入っているので、今日はかわいいものシリーズその2。
私の部屋に降り立った妖精さんと、不思議な小瓶です。

妖精さんは、離陸直前にコンピューターが停止するという、前代未聞の故障機(乱気流で最近おなじみのエ○ー航空)で、昨年奇跡的にパリから生還してきた時のものです。パリのディズニーランドは、かわいいんだけど、全体的にテンション低めで。パレード中に、アラジンとか普通にジャスミンと雑談してるし。そんな適当パフォーマンス、日本じゃ考えられないわ。入場する時、アラブ系の男に「パリノディズニーランドハ、オモシロイ!デモトウキョウディズニーランドノホウガ、モットオモシロイ!」と「象のマークの引越し屋さんCM」もビックリのセリフを言われて萎えたっけ。

ちなみにこの妖精さんは、腰の辺りのボタンを押すと、光って羽がバタバタします。でもその音は、耳の側をハエが飛ぶ音みたいで。不快です。なので、普段は遊ばず、ただ飾っています。

青いボトルは、こないだバイト先のIナダさんがくれたものです。ブルーベリーの入浴剤みたいで。もったいないからあんまり開けたくないけど、今度使ってみることにします。

ハニカミな思い出。

2005-01-01 00:00:00 | 思い出話。
あけましておめでとうございます☆更新の遅い日記ですが、これからも末永く読んでやってくださいまし。

今日は夕方からKばっちとAっこと遊ぶことに。場所は横浜。東っかわに住んでいる私にとって、横浜は未知の世界。京浜東北のなかで「横浜そごうのイベント」とか見るだけで、ドキドキしてしまう。(っていっても一ヶ月くらい前にコスモワールドに来てるけど。)

コスモワールドはサークルのテニス後のイベントでやってきた。それもハニカミ企画。男が25人くらいいて、女が15人くらいだったかな。女の子が、(後ろを向いて一直線に並んでいる)男の中から一人選んで、デートするってシステム。誰にしようかかなり迷った。一女からは、「一男とか誘ってくださいよ」と言われたが、私はハンパなく一男に関して無知(未だに名前と顔が一致してない…ゴメン)なので、無難にチーフのKむろにした。Kむろにはゆかちゃんという彼女がいるので、告白のときは「ユカ違いですが、よろしくお願いします」と言った。で、カップルが15組くらいでき。各組にお題が出され。ジェットコースター乗って「好きだー」って叫んだり、バカップルっぽく鬼ごっこする、一本のチュロスを食べるなど。で、私のとこは「ラブラブなプリクラを撮る」だった。決められたルールに従い、手をつなぎながらプリクラの機械まで移動。ちゃんとハニカミっぽく写しました。で、集合場所に戻ると、選ばれなかった男衆10人が「まじだりぃ」と言わんばかりの険悪な面持ちで待っていた。あのイベントはバカバカしくて楽しかったな。お酒飲んでたからできたんだろーな。(テニス終えた後、ドライバー以外には祝杯と称してなぜか缶チューハイが全員に配られ。その光景には、コート管理人のおじさんたちもあっけにとられてたなぁ。自他共に認める酒激弱の私は、一本飲んだだけなのに一人車の中でエグってた気がする。)今となっては楽しい思い出です。

で、本題に戻りますが。おみやげを買っていたら、大遅刻をしてしまい。やっとのことで石川町に到着。KばっちとAっこ、本当にごめんなさい。まずは、ディナーをするために中華街へ。(文字が限界なので、また続きは明日☆)