hand to hand

古代出雲の地 出雲かんべの里のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

語りらいぶにいってきました。

2009-09-23 10:47:54 | Weblog
 夕べは、大根島にある「由志園」へ出かけてきました。
かんべの里のとんと昔のお話し会さんが前座を務め、山形県の語り部さん
多勢 久美子さんが1時間半におよぶ語りを聞かせて下さいました。
その語り口は、絶妙で今まで聞いていた語りとは、別物でした。
ユーモアあふれる語り口と、とぎれることなく語られるそのパワーにたくさんの
元気をいただきました。
 綾小路きみまろさんを彷彿とさせる漫談のような語りを存分に楽しませていただきました。昔話のおもしろさをあらためて実感しました。

 山形県の方言がまた、やさしく素敵でした。
こんど是非訪れたいですね。
 由志園さんのライトアップも幻想的で、牡丹館には、牡丹が花開いていました。
 今度は、昼間ゆっくり食事でもとりながら、眺めたいものです。
これからは、紅葉が見物のようで、夜間のライトアップもされるようです。
 昔話という一見地味な世界を、こういった民間の施設で取り入れて企画していただけて、ありがたいです。
 もっと、民話に身近に親しめる機会がこれからもありますように、

 
コメント

コスモス満開!

2009-09-21 14:51:33 | Weblog
 シルバーウィークなるものは、初日から秋晴れ続きで
観光客の方がたくさんいらっしゃいます。
 ちょうどここ2,3日の間にコスモスが次から次へと咲き
かんべの里をいろどっています。
 近所の田んぼは、ハデ干しが並び秋の風景が楽しめます。
のんびり田園の中でサイクリングもいいですね。
コメント

影絵上映会&原画展がはじまりました!

2009-09-20 11:12:22 | Weblog
今日は、秋晴れの素晴らしいお天気ですね、ここ出雲地方は。
さて、本日から「影絵上映会&原画展」がはじまります。
一話の影絵をつくるのにかかる手間は、相当なもので
開館15年の間に制作した12話を一挙に4日間で上映します。
普段なかなか見られない影絵をみることができます。
デジタルでは、なかなか表現できない微妙な間合いをアナログならではの
素朴な風合いで表現しています。
 そちらの原画をお願いしてますのが、埼玉在住の福本隆男氏です。
そのシンプルなタッチの画は、昔話への興味を誘うかのごとく
臨場感にあふれています。
 今日から、4日間にわたり、展示いたしますので、影絵とセットでご覧頂くと
さらに奥深さを実感できるのではないでしょうか?
コメント

語りの夕べ 素晴らしかったです

2009-09-02 10:53:30 | Weblog
 先日の土曜日行われた「語りの夕べ」。 富田林から民話研究クラブの方々を招いて全8話のお話しを聞くことが出来ました。私自身、語り部体験が少なく、1時間半も
聞けるかなと少々不安でしたが、それがなんと、あっという間の1時間半でした。
「語り」というのは、素晴らしいですね。
語り部さんの声色や話し口でお話しの世界に
引き込まれていくものです。
 富田林のことも知ることが出来ましたし、我らとんと昔のお話し会さんたちの
力量には、感心しました。
 民話館のお話し会のYさんの語り口は、そりょもう素晴らしくて、お話しがまた
悲しいお話しだったものだから、涙してしまいました。
 あ~、もっとお話し聞きたいな>
 そういえば、 今月は 牡丹で有名な 大根島の「由志園」さん(0852-76-2255)で、山形県から
語り部:多勢 久美子さんがいらっしゃって、とんと昔のお話し会のみなさんと
語り ライブを行うはず。
 9月18日(金)~9月22日(火)18:00~20:00
また、語りの世界に浸りにいこう。
食事も名月料理とかいっておいしそう!

 
コメント (3)