恥ずかしい歴史教科書を作らせない会

改憲で「戦争する国」、教基法改定で「戦争する人」づくりが進められる今の政治が
将来「恥ずかしい歴史」にならぬように…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遅すぎる「外交官殺害報告書」

2004年03月28日 | 外交・国際
 昨年11月にイラクで、外務省の奥克彦氏と井ノ上正盛氏が殺害された件について、外務省はようやく調査結果をまとめた報告書を作成し4月中に公表するとしています。

 事件の状況をめぐり米軍の発表と現地の状況・証言などがあまりにも食い違うことや、お二人が乗っていた車両がすぐに米軍に回収され、3カ月も返還されずにいたことから「米軍誤射説」を指摘する声があります。
 事件から既に4カ月、被弾した車両が日本に着いてから1カ月近くが経過し、なお公表できず来月に、というのはどういうことでしょうか。

 「米軍誤射でなければ、なぜ米軍は車両返還を3カ月も遅らせたのか」
 「すぐには公表できない内容があったのではないか」
 「証拠隠滅のためではないか」

 こうした疑問が出るのは当然です。当時の世論はイラクへの自衛隊派遣に反対の声が圧倒的でした。今は「追認」の世論が半数ちょっとです。その「風」が変わるのを待っていたのではないかとさえ思えてきます。

 小泉首相は、この殺害事件の1週間後には自衛隊に出動命令を出し、現在ほぼ全部隊がイラクに到着しています。「これだけ既成事実を作ってしまえば報告書一つで世論が変わることもあるまい」という意図さえ見えてきます。

 来月発表される報告書は「テロによるものだ」(根拠は「米軍がそう言っているから」)とする政府の見解を認定する内容でしょう。しかし、お二人の死が「風化」されるのを待ち、証拠隠滅の時間をかけ過ぎた報告書を「さあ、信用しろ」と言われても素直には受け取れないでしょう。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 沖縄県警「魚釣島上陸7名を... | トップ | 岡本行夫首相補佐官が辞任 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交・国際」カテゴリの最新記事