ケータイ?よろづ★Blog

社会人となって更新頻度が少なくなりましたがBlu-ray・携帯電話・ゲームと幅広いデジタル最新情報を紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

変わる携帯電話の形①なぜストレートから折りたたみ式に?

2004年08月28日 | m連載
今週は新着情報がないので、携帯電話の歴史を中心に話そうと思います。

まず最初は「携帯の形態」についてです。

PHSと携帯電話はなかなか違いがわからない人がいます。しかも、発売当初はどちらもストレート方でした。しかし、この後の過程で違いが明白になってきました。

PHSは今のほとんど変わらずストレートのままです。「シンプル」と追求するユーザーが多いからです。無駄な機能がありません。なので変わらないのです。

しかし、携帯電話は「iモード」や「EZweb」などのネット機能を追加したことによって大ブレイク。ユーザーは若者を中心とするが、ほとんど全年齢に及ぶことになった。(参考・らくらくホン)

すると、高機能を追及する人が出てくる。ストレート形だと、ボタン数に限りがあるし、間違ってボタンが押されることがある。そこで折りたたみ式の登場である。

折りたたみ式になると、ストレートよりも画面やボタンが大きくできる。さらに誤作動や画面に傷が付くことがなくなるといったメリットが多いことだ。しかし、デメリットもある。折りたたみになるので、ストレート形よりも本体が厚くなり、折りたたみのヒンジ部分が衝撃に弱いことだ。

しかし、NECは早いうちから折りたたみを採用し、長く使っていた。そして業界の標準になった。2002~03年夏まですべての携帯電話は折りたたみになっていたといっても過言ではない。

カメラ機能が登場してからも進化した。折りたたみで、画面の背面に小さな画面をつけて、「自分撮り」ができるようになったのだ。

次回「折りたたみの技術が進化。二軸形」

携帯電話の歴史シリーズ(予定)
①携帯電話の形(3回)
②携帯電話のネット機能(3~4回)
③携帯電話のカメラ機能(全2回)
④携帯電話の世代関係(5回)
⑤携帯電話のいろんな機能(?)
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« なんかつまんないな | トップ | 変わる携帯電話の形②折りたた... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
折りたたみ式携帯電話を流行させたのは私かもしれない (三重県の男)
2009-10-27 00:21:04
実は もう13~14年前になるけど当時 携帯電話がタダになり始めた頃で、広告会社に勤めてた私は会社の発行する求人広告に携帯ショップの依頼で(当時は個人経営のショップが乱立していた)読者感謝キャンペーンの名目で「携帯無料プレゼント」の広告を載せてたんだけど・・・当時全然人気のなかった唯一の折りたたみ式携帯(NEC)をさばける様な広告にして欲しいと言われ、「復活、人気の折りたたみ式携帯」と云うキャッチコピーを入れたんだ。当時パナソニックの初めて100グラムを切ったストレート式が大人気だったんだけど、最初はパナソニック製の応募が多かったんだけど3ヶ月もしたら応募のほとんどが折りたたみ式になったよ。NECさんに調べて欲しいよ。折りたたみ式が売れ始めた地域は東海及び関西からじゃなかった?とね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

m連載」カテゴリの最新記事