陸に上がったカッパの海無し県生活

潜りから漁師へ。身体を壊し船を下りた。
海の話、釣りの話。脳脊髄液減少症。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腹 減った

2008-03-21 19:58:47 | 脳脊髄液減少症
腹が減った。
飯も食べたい。
食欲は充分ある。

だが食べたくない。
食べたいのに食べたくない。
大きな矛盾だ。

以前は、一度の食事に三合の米を食べていた。
今と言えば、ごく普通の茶碗に半分も食べたらいい。
まるで、食べ物が口の中で遊んでいるようで、上手く噛めない。
噛むのが疲れるので、スローモーションのようにしか噛めない。

もう、何事も普通には出来ない。
箸を持ったり、服を着たり、爪を切ることでさえ誰かの手を借りたい。

自分の身体の不甲斐無さ、痛さ辛さに、無性に腹が立つ。

それでも仕事には行っている。
どんなに辛くとも、見た目は普通だし、動けてしまう(これは普通には動けないが)
我慢している事に気が狂いそうになる。




コメント   この記事についてブログを書く
« 杉花粉 | トップ | 渓流タモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脳脊髄液減少症」カテゴリの最新記事