あなたの想いを描く吉田肖像美術”四方山話”

肖像画家のたわごと・日常便り

肖像画プレゼントは「吉田肖像美術」へ

2019年03月18日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは        

0120-94555    

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやすく掲載しております。

肖像画のご依頼を承っております!

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

特別感謝価格実施中!

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ!  

はじめましてこんな私がお描きしております 画像をクリック

2013年第60回全日肖像展(東京都美術館)文部科学大臣賞受賞 

  

     

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。 

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!   

 

2018年”第65回記念特別大賞”を受賞することができました。 

画像をクリック 詳細はHPをご覧ください!

  

いよいよこの季節がやってきましたね肖像画家の登竜門”全日肖展”です! 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/  

画家を志す諸氏、本業として絵で食べていくことの難しさは周知の事実?素直な気持ちで、肖像画の分野にチャレンジしてみてはいかがですか。具象表現、抽象表現、心象表現、表現にはいろいろありますが、出発点をおろそかにしない為にも、写実表現の肖像画に挑戦しましょう。若い時、幼少のとき絵を描くことがたまらなく好きだった頃を思い起こす諸氏。そんな人の、夢の門扉を開く身近な公募展です。乗り遅れた感がある方も、肖像画家としてのバックボーンは人生経験の積み重ねです。40歳過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさいと先人は教えています。若い方に気後れすることなく、人生経験を積まれた方こそ、肖像画家にふさわしい条件が備わっているように思います。人様のお顔をお描きするという責任感や、重圧に耐えられる方にとっては、最も魅力的な公募展です。肖像画を介して社会貢献といった充実したものを手に入れてください。技術的なことはもちろん、困ったことや不明なことは先輩諸氏がバックアップ!私は50歳を過ぎてからのスタートアップでした。人生に後悔はいけません。 

 

四ヶ月ぶりの伊東、庭は雑草伸び放題で大分荒れています~。

中野から持参した制作途中のキャンバス。肝心の筆洗液を忘れて来ました。伊豆市で画材屋さんをネット検索で発見!午後に伺う予定です。

筆洗液を買いに行く途中にホームセンターカインズがあります。やはりというか、ペットコーナーへ足が向いていました。禁断の出会い!?でしょうか。お互いに思いがけず乗り気なのですが、命を預かることの責任は、はずみで決めるものではありません。気持ちを抑え冷却時間を設けることに。アメリカンショートヘアの男の子です。生後4か月ということでまだまだヤンチャそのものですね。

 

 

伊豆市に一件だけといってもいい画材屋さんは驚くほど山奥にありました。レストランを併設しており、ランチのお客様が数組いらっしゃいました。

 

 伊豆伊東にて現在制作中

制作中に宮城県の方からコンテ擦筆肖像画のご依頼を頂きました。お母様のご遺影肖像画ということです。ありがとうございます。

夜の部はお馴染み”つた好”さんへ。お寿司といえば定番のお店です。

穴子の柳川鍋は定番のオーダーです。

お好みで十数巻つまみで頂きました。会話も楽しく大満足なひと時でした。こちらのお店でもペット談議で話題が盛り上がりました。大将はじめお勤めの板さんもペッを飼っているようで、楽しい会話をつまみにお酒も美味しくいただきました。心優しい方たちばかりで、嬉しくなるばかりの一夜の宴?でした。日本酒は夫婦決まって”八海山”です。

 

F50号の制作中

 本日額装 

現在制作中  

直近の依頼作品例

過去の依頼作品例

    叙勲の肖像画は吉田肖像美術へ 

 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/    

 <  吉田肖像画塾  

”第65回記全日肖展”会場で数名の方を除く教室の方達と記念ショット!皆さん笑顔が素敵ですね。  

得意なことに夢中になりましょう!       

吉田肖像画塾(肖像画研究会)は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。     

 肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。  

第64回全日肖展(東京都美術館)では吉田肖像画塾から”文部科学大臣賞”受賞者、”衆議院議長賞”受賞者、後援会賞に二名の方の作品が選ばれました。   

第65回記念全日肖展(東京都美術館)では”第65回記念大賞”受賞者、”クサカベ賞”受賞者、”ナムラ賞”受賞者、”新人賞”受賞者二名、”佳作C賞”受賞者、小作品部門でも”銀賞”受賞者、”第65回記念賞”受賞者二名の方々が表彰されております。勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しまょう。お待ち申しあげております                  

方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。   

  

   

肖像画塾風景、いままでに数十名の方に参加して頂いております。それぞれにご活躍されていることと思います。  

肖像画塾のお問い合わせ0120-945-655まで  

 

2012年第59回全日肖展(東京都美術館)”内閣総理大臣賞”受賞作品      

    

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)  

   

  

 一絵一会     

 肖像画のお問い合わせは                               

 0120-94555                     

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                     

 詳細はクリック吉田肖像美術            

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやす  

コメント

四ヶ月ぶりの伊豆伊東です~。肖像画は「吉田肖像美術」

2019年03月17日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは        

0120-94555    

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやすく掲載しております。

肖像画のご依頼を承っております!

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

特別感謝価格実施中!

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ!  

はじめましてこんな私がお描きしております 画像をクリック

2013年第60回全日肖像展(東京都美術館)文部科学大臣賞受賞 

  

     

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。 

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!   

 

2018年”第65回記念特別大賞”を受賞することができました。 

画像をクリック 詳細はHPをご覧ください!

  

いよいよこの季節がやってきましたね肖像画家の登竜門”全日肖展”です! 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/  

画家を志す諸氏、本業として絵で食べていくことの難しさは周知の事実?素直な気持ちで、肖像画の分野にチャレンジしてみてはいかがですか。具象表現、抽象表現、心象表現、表現にはいろいろありますが、出発点をおろそかにしない為にも、写実表現の肖像画に挑戦しましょう。若い時、幼少のとき絵を描くことがたまらなく好きだった頃を思い起こす諸氏。そんな人の、夢の門扉を開く身近な公募展です。乗り遅れた感がある方も、肖像画家としてのバックボーンは人生経験の積み重ねです。40歳過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさいと先人は教えています。若い方に気後れすることなく、人生経験を積まれた方こそ、肖像画家にふさわしい条件が備わっているように思います。人様のお顔をお描きするという責任感や、重圧に耐えられる方にとっては、最も魅力的な公募展です。肖像画を介して社会貢献といった充実したものを手に入れてください。技術的なことはもちろん、困ったことや不明なことは先輩諸氏がバックアップ!私は50歳を過ぎてからのスタートアップでした。人生に後悔はいけません。 

 

四か月ぶりの伊豆伊東です。

我が家の愛猫が天国に旅立ち、その後最初の伊東の別荘での滞在となります。掃除をする際、GONTANの抜け毛を見つけては妻が泣き虫顔に・・・。あと一回は伊東の温泉でシャンプーしてあげたかったらしく、想いが募ったのでしょう。10年間妻よりも仕事柄自宅にいる時間が多く、一緒にいる期間が長かっただけに私こそGONTANロス症候群状態ですね。幸せな出会いだったのだと、自らに言い聞かせております。あらためて小さな命でしたが、夫婦にとっては大きな大きな存在でした。ペットを飼っている以上どの家庭でもあることだと思いつつも、悲しいものですね。滞在中に気持ちを切り替えなくては、です。こんな状況を予想していただけに、GONTANのおしゃべり声が聞けない静かな伊豆伊東一日目となりました。

今夜は久しぶりに海鮮料理の”海福丸”さんへ。

いきなり心づかいの一品が出てきました。こんな感じで美味しいものを毎回気遣い頂いております。居合わせご高齢のご夫婦ともひょんなことからペット談議でお話が盛り上がり、同じような経験をされている大先輩でした。さらにワンちゃんを飼っているペット付きの大将も加わり、いろいろな犬猫ペットにまつわる様々なお話が飛び出しました。先ほど伊東に来たばかりの暗い気分が、いつの間にかつかえた気持ちを聞いて頂くことで、大いに癒されることになったようです。これも偶然の、人とのめぐりあわせでしょうか。食事もお酒も美味しくいただきました。伊東の一夜は、間違いなく心の癒しに繋がったようです。

 

F50号の制作中

 本日額装

 

 現在制作中

現在制作中  

直近の依頼作品例

過去の依頼作品例

    叙勲の肖像画は吉田肖像美術へ 

 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/    

 <  吉田肖像画塾  

”第65回記全日肖展”会場で数名の方を除く教室の方達と記念ショット!皆さん笑顔が素敵ですね。  

得意なことに夢中になりましょう!       

吉田肖像画塾(肖像画研究会)は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。     

 肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。  

第64回全日肖展(東京都美術館)では吉田肖像画塾から”文部科学大臣賞”受賞者、”衆議院議長賞”受賞者、後援会賞に二名の方の作品が選ばれました。   

第65回記念全日肖展(東京都美術館)では”第65回記念大賞”受賞者、”クサカベ賞”受賞者、”ナムラ賞”受賞者、”新人賞”受賞者二名、”佳作C賞”受賞者、小作品部門でも”銀賞”受賞者、”第65回記念賞”受賞者二名の方々が表彰されております。勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しまょう。お待ち申しあげております                  

方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。   

  

   

肖像画塾風景、いままでに数十名の方に参加して頂いております。それぞれにご活躍されていることと思います。  

肖像画塾のお問い合わせ0120-945-655まで  

 

2012年第59回全日肖展(東京都美術館)”内閣総理大臣賞”受賞作品      

    

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)  

   

  

 一絵一会     

 肖像画のお問い合わせは                               

 0120-94555                     

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                     

 詳細はクリック吉田肖像美術            

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやす  

コメント

肖像画依頼は「吉田肖像美術」へ

2019年03月16日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは        

0120-94555    

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやすく掲載しております。

肖像画のご依頼を承っております!

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

特別感謝価格実施中!

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ!  

はじめましてこんな私がお描きしております 画像をクリック

2013年第60回全日肖像展(東京都美術館)文部科学大臣賞受賞 

  

     

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。 

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!   

 

2018年”第65回記念特別大賞”を受賞することができました。 

画像をクリック 詳細はHPをご覧ください!

  

いよいよこの季節がやってきましたね肖像画家の登竜門”全日肖展”です! 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/  

画家を志す諸氏、本業として絵で食べていくことの難しさは周知の事実?素直な気持ちで、肖像画の分野にチャレンジしてみてはいかがですか。具象表現、抽象表現、心象表現、表現にはいろいろありますが、出発点をおろそかにしない為にも、写実表現の肖像画に挑戦しましょう。若い時、幼少のとき絵を描くことがたまらなく好きだった頃を思い起こす諸氏。そんな人の、夢の門扉を開く身近な公募展です。乗り遅れた感がある方も、肖像画家としてのバックボーンは人生経験の積み重ねです。40歳過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさいと先人は教えています。若い方に気後れすることなく、人生経験を積まれた方こそ、肖像画家にふさわしい条件が備わっているように思います。人様のお顔をお描きするという責任感や、重圧に耐えられる方にとっては、最も魅力的な公募展です。肖像画を介して社会貢献といった充実したものを手に入れてください。技術的なことはもちろん、困ったことや不明なことは先輩諸氏がバックアップ!私は50歳を過ぎてからのスタートアップでした。人生に後悔はいけません。  

 

昨日よりF50号の制作開始ですね

夜になりいつもは筆をおいている時間帯ですが、一気に背景の下地となる彩色を施しました。

今朝は早めに始動、午前中に肖像画研究会に参加頂いているHさんの二人展に向かいました。午後は肖像画研究会の予約が入っていたのですが、原宿についてから教室日変更の電話を頂きました。できれば前日にはご連絡を頂きたかったのですが・・・よろしくお願い致します。

運よくというか、奇跡的に表参道交差点近くでコインパーキングをゲット!

 

 本日額装

 現在制作中

現在制作中  

直近の依頼作品例

過去の依頼作品例

    叙勲の肖像画は吉田肖像美術へ 

 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/    

 <  吉田肖像画塾  

”第65回記全日肖展”会場で数名の方を除く教室の方達と記念ショット!皆さん笑顔が素敵ですね。  

得意なことに夢中になりましょう!       

吉田肖像画塾(肖像画研究会)は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。     

 肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。  

第64回全日肖展(東京都美術館)では吉田肖像画塾から”文部科学大臣賞”受賞者、”衆議院議長賞”受賞者、後援会賞に二名の方の作品が選ばれました。   

第65回記念全日肖展(東京都美術館)では”第65回記念大賞”受賞者、”クサカベ賞”受賞者、”ナムラ賞”受賞者、”新人賞”受賞者二名、”佳作C賞”受賞者、小作品部門でも”銀賞”受賞者、”第65回記念賞”受賞者二名の方々が表彰されております。勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しまょう。お待ち申しあげております                  

方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。   

  

   

肖像画塾風景、いままでに数十名の方に参加して頂いております。それぞれにご活躍されていることと思います。  

肖像画塾のお問い合わせ0120-945-655まで  

 

2012年第59回全日肖展(東京都美術館)”内閣総理大臣賞”受賞作品      

    

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)  

   

  

 一絵一会     

 肖像画のお問い合わせは                               

 0120-94555                     

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                     

 詳細はクリック吉田肖像美術            

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやす  

コメント

大切な方への贈り物に選ばれる肖像画は「吉田肖像美術」

2019年03月15日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは        

0120-94555    

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやすく掲載しております。

肖像画のご依頼を承っております!

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

特別感謝価格実施中!

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ!  

はじめましてこんな私がお描きしております 画像をクリック

2013年第60回全日肖像展(東京都美術館)文部科学大臣賞受賞 

  

     

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。 

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!   

 

2018年”第65回記念特別大賞”を受賞することができました。 

画像をクリック 詳細はHPをご覧ください!

  

いよいよこの季節がやってきましたね肖像画家の登竜門”全日肖展”です! 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/  

画家を志す諸氏、本業として絵で食べていくことの難しさは周知の事実?素直な気持ちで、肖像画の分野にチャレンジしてみてはいかがですか。具象表現、抽象表現、心象表現、表現にはいろいろありますが、出発点をおろそかにしない為にも、写実表現の肖像画に挑戦しましょう。若い時、幼少のとき絵を描くことがたまらなく好きだった頃を思い起こす諸氏。そんな人の、夢の門扉を開く身近な公募展です。乗り遅れた感がある方も、肖像画家としてのバックボーンは人生経験の積み重ねです。40歳過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさいと先人は教えています。若い方に気後れすることなく、人生経験を積まれた方こそ、肖像画家にふさわしい条件が備わっているように思います。人様のお顔をお描きするという責任感や、重圧に耐えられる方にとっては、最も魅力的な公募展です。肖像画を介して社会貢献といった充実したものを手に入れてください。技術的なことはもちろん、困ったことや不明なことは先輩諸氏がバックアップ!私は50歳を過ぎてからのスタートアップでした。人生に後悔はいけません。  

昨日、名古屋市の方から肖像画のご依頼電話を頂いておりました。本日こちらからお電話する予定でおりましたが、メールをチエックすると、すでにメールでのお申込みがありました。F12号でお二人お描きする内容です。早速返信メールをお送りいたしました。

 

本日よりF50号の制作開始ですね

肖像画研究会に参加していただいている茅ケ崎市のHさんからDMが送られてきました。同じ女子美のお友達と二人展を神宮前の画廊で開催されております。明日行けるかどうか微妙なところですが、一日早かったら、神宮前に行く用事があったので行けたと思います。しかし、明日の午後肖像画研究会があるため、行けなっかったらごめんなさい!最終日の日曜日は予定が入っています。積極的な姿勢は素晴らしいですね!

夕方にご依頼を頂いていた横浜の某病院の事務方からお電話を頂きました。ご夫婦の距離感の件で課題を抱えていましたが、ご夫婦の距離的なことについては、事前にお送りした天皇皇后両陛下の肖像画の画像を院長先生にお見せして、ある程度納得した頂いたとのことです。ご夫婦の距離を変えないことでお話が進みました。最終的な解決策として、奥様について体の向きを変える方向で取り掛かることになりました。難しさはありますが、チャレンジですね!

本日は藍美術さんへ、依頼していた額縁の引き取りとりと新たにャンバス張りをお願いいたしました。

本日より制作古い白黒写真からお描きします。

 現在制作中

現在制作中

  

現在制作中  

直近の依頼作品例

過去の依頼作品例

    叙勲の肖像画は吉田肖像美術へ 

 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/    

 <  吉田肖像画塾  

”第65回記全日肖展”会場で数名の方を除く教室の方達と記念ショット!皆さん笑顔が素敵ですね。  

得意なことに夢中になりましょう!       

吉田肖像画塾(肖像画研究会)は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。     

 肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。  

第64回全日肖展(東京都美術館)では吉田肖像画塾から”文部科学大臣賞”受賞者、”衆議院議長賞”受賞者、後援会賞に二名の方の作品が選ばれました。   

第65回記念全日肖展(東京都美術館)では”第65回記念大賞”受賞者、”クサカベ賞”受賞者、”ナムラ賞”受賞者、”新人賞”受賞者二名、”佳作C賞”受賞者、小作品部門でも”銀賞”受賞者、”第65回記念賞”受賞者二名の方々が表彰されております。勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しまょう。お待ち申しあげております                  

方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。   

  

   

肖像画塾風景、いままでに数十名の方に参加して頂いております。それぞれにご活躍されていることと思います。  

肖像画塾のお問い合わせ0120-945-655まで  

 

2012年第59回全日肖展(東京都美術館)”内閣総理大臣賞”受賞作品      

    

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)  

   

  

 一絵一会     

 肖像画のお問い合わせは                               

 0120-94555                     

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                     

 詳細はクリック吉田肖像美術            

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやす  

コメント

肖像画は「吉田肖像美術」と評判です!

2019年03月14日 | 記念の贈り物

肖像画のお問い合わせは        

0120-94555    

詳細はクリック吉田肖像美術  

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやすく掲載しております。

肖像画のご依頼を承っております!

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!

特別感謝価格実施中!

国会肖像画掲額作家よしだあきみつのブログへようこそ!  

はじめましてこんな私がお描きしております 画像をクリック

2013年第60回全日肖像展(東京都美術館)文部科学大臣賞受賞 

  

     

BS日経おとなのOFFでアトリエが紹介されています。 

http://www.bs-j.co.jp/off/backnumber/backnumber01_66a.html   暇だったら見てね!   

 

2018年”第65回記念特別大賞”を受賞することができました。 

画像をクリック 詳細はHPをご覧ください!

  

いよいよこの季節がやってきましたね肖像画家の登竜門”全日肖展”です! 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/  

画家を志す諸氏、本業として絵で食べていくことの難しさは周知の事実?素直な気持ちで、肖像画の分野にチャレンジしてみてはいかがですか。具象表現、抽象表現、心象表現、表現にはいろいろありますが、出発点をおろそかにしない為にも、写実表現の肖像画に挑戦しましょう。若い時、幼少のとき絵を描くことがたまらなく好きだった頃を思い起こす諸氏。そんな人の、夢の門扉を開く身近な公募展です。乗り遅れた感がある方も、肖像画家としてのバックボーンは人生経験の積み重ねです。40歳過ぎたら自分の顔に責任を持ちなさいと先人は教えています。若い方に気後れすることなく、人生経験を積まれた方こそ、肖像画家にふさわしい条件が備わっているように思います。人様のお顔をお描きするという責任感や、重圧に耐えられる方にとっては、最も魅力的な公募展です。肖像画を介して社会貢献といった充実したものを手に入れてください。技術的なことはもちろん、困ったことや不明なことは先輩諸氏がバックアップ!私は50歳を過ぎてからのスタートアップでした。人生に後悔はいけません。  

月初めに肖像画のご依頼を頂いていたのですが、お電話をするとお写真が現在まだ揃っていないとのことでした。折り返しお客様かお電話を頂き、都内某学校への打ち合わせの日程を調整致しました。代表者の方をお描きすることになると思いますので、当日はよろしくお願い致します。

 

本日は肖像画納品のお約束日ということで、渋谷区神宮前を目指すことに。先方が予定していた時間より早くなったことで、時間調整のため表参道を散策。お店でショッピングをしていると名古屋市の方から肖像画ご依頼のお電話を頂きました。混雑している店内でしたので、大まかなお話ですませてしまいましたが、明日改めてお電話を差し上げたいと思います。ありがとうございます。

待ち合わせ時間に合わせ相手方会社へ伺い、無事納品を済ませました。TV制作関係の会社だけに、訪れると、社内は業界の雰囲気バリバリでした~。お描きした女優さんの番組放映日は後ほどご連絡を頂くことに。楽しみですね!

 

今日は妻を助手席に半日突き合わせることになりました。帰宅後まもなくして久しぶりに馴染みの居酒屋へ

 

今宵はほろ酔い気分で帰宅。肖像画は手つかずで現状維持のままとなりました~。

本日より制作古い白黒写真からお描きします。

 現在制作中

現在制作中

  

現在制作中  

直近の依頼作品例

過去の依頼作品例

    叙勲の肖像画は吉田肖像美術へ 

 

全日本肖像美術協会のホームページが更新されてUPされております。第65回記念全日肖展の作品をご覧いただけます。

http://www.zennissyo.com/    

 <  吉田肖像画塾  

”第65回記全日肖展”会場で数名の方を除く教室の方達と記念ショット!皆さん笑顔が素敵ですね。  

得意なことに夢中になりましょう!       

吉田肖像画塾(肖像画研究会)は少人数制でご指導しており、  全国・都内でも数少ない”肖像画に特化”した研究会です。  将来の肖像画家を目指せるように、実践に沿った指導を心がけています。肖像画にご興味のある方、油絵は初めてという方でも大丈夫です。ご自身で驚くほどの上達をお約束いたします。多くの画家たちがそうであったように、出会いが大きな意味合いを持ちます。一つの出会いから始まり、やがて大きな輪の中で、自信を持ってご自身の才能を発揮している事に満足感を覚えて頂けることでしょう。     

 肖像画家の登竜門でもある第63回全日肖展(東京都美術館)で”衆議院議長賞”受賞者、”参議院議長賞”受賞者が吉田肖像画塾生から、”後援会賞”も二名 の方が受賞されました。  

第64回全日肖展(東京都美術館)では吉田肖像画塾から”文部科学大臣賞”受賞者、”衆議院議長賞”受賞者、後援会賞に二名の方の作品が選ばれました。   

第65回記念全日肖展(東京都美術館)では”第65回記念大賞”受賞者、”クサカベ賞”受賞者、”ナムラ賞”受賞者、”新人賞”受賞者二名、”佳作C賞”受賞者、小作品部門でも”銀賞”受賞者、”第65回記念賞”受賞者二名の方々が表彰されております。勇気を持って新しい世界への第一歩を踏み出しまょう。お待ち申しあげております                  

方の描いた肖像画を東京都美術館に展示しませんか。   

  

   

肖像画塾風景、いままでに数十名の方に参加して頂いております。それぞれにご活躍されていることと思います。  

肖像画塾のお問い合わせ0120-945-655まで  

 

2012年第59回全日肖展(東京都美術館)”内閣総理大臣賞”受賞作品      

    

肖像画家の登竜門2014年「全日肖展」東京都美術館にて”衆議院議長賞”受賞作品(部分)  

   

  

 一絵一会     

 肖像画のお問い合わせは                               

 0120-94555                     

内閣総理大臣賞・文部科学大臣賞受賞!                

衆議院議長賞・参議院議長賞受賞!                     

 詳細はクリック吉田肖像美術            

肖像画が初めてといった方 HPで内容を分かりやす  

コメント