風景写真春秋

残日録代わりの風景写真です。
もちろん「日残りて、昏るるに未だ遠し」という意味合いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水鳥の飛翔

2017-05-04 | その他
 私は鳥の撮影は、伊勢湾の海岸の海鳥くらいしか写したことがありません。
 それとおよそ2年に一度、冬の琵琶湖の北部で夕陽を写す際、大空を舞うコハクチョウも写す、その程度です。
 私が写した数少ないこれら水鳥の飛翔姿だけを集めてみました。

①カモメ類。











⑤シギ類。











⑨カワウ。








⑫コハクチョウ。








⑮シロサギ。





⑰アオサギ。





⑲カモ類。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 新緑・香落渓 | トップ | 蔵出し 今日の2枚+2枚 ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (時々絵日記)
2017-05-04 21:47:20
いせえびさま
こんばんは
鳥たちの一瞬が見事に捉えられていて流石な風景ですね。
雲間からさす光線。
琵琶湖の太陽。
背景も素晴らしい。
翼を手にして一度でも飛んでみたいなと思いました。
飛翔願望 (いせえび)
2017-05-04 22:39:24
絵日記さん、こんばんは。
「翼を手にして一度は飛んでみたい・・」うれしいおことばです。
私も同じ思いです。
私は止っている鳥よりも、飛んでいる鳥を写してみたいと思っています。
素早いダイナミックな飛翔姿は美しく、またこどもの頃からの、空を飛んでみたいという飛翔願望にもよるのでしょう。
また、大空や海などを背景にした飛翔姿は、風景写真としても成立するものと思っています。
ただ、山野の数多い野鳥はおおむね姿が小さく、また写すのがむずかしい状況にいることが多く、名前や習性などさえも知らず、ノウハウもない私には、写そうと持ってもその飛翔姿を写すのは不可能です。
そこで海や湖という開けた場所限定の、一部の写しやすい、たくさんいる水鳥だけになってしまいました。
これからも鳥のいる風景として、いろいろねらってみたいと思っています。長くなりすみません。
いつもコメントをいただきありがとうございます。
飛翔 (こだる)
2017-05-05 07:20:52
いせえび様  おはようございます。
素晴らしい風景の中に溶け込んで飛ぶ鳥の姿、
翼に当たる光などしっかりとらえられたお写真にただただ見惚れるばかりです。
広々とした気持ちの良い飛翔風景ですね♪


大空を舞う (いせえび)
2017-05-05 08:48:42
こだるさん、おはようございます。
悠然と大空を舞う、またすばやく海面を疾走する鳥たちの飛翔姿は見ていてホレボレします。
脅かさないように写そうと、600mmズームの非純正の中古を買いましたが、画角の狭い扱いにくいこの重いレンズで、飛翔姿をとらえるのはむずかしく、今のところもっぱら朝日撮影専門になっています(^^;)。
最近のこだるさんの「野鳥とのであい」は、滝の大御所の余技とは思えないほどのレベルで、感心して拝見しています。
私もこだるさんを見習って今後は野鳥の数々を・・などとは思わず、分相応の写しやすい海辺の水鳥をこれからも、もっぱらねらって行きたいと思っています(^^;)。
秋口になれば渡りの海鳥たちが帰って行きますので、それまでが勝負です。
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事