gonta!gonta!gonta!

以前飼っていたゴン太という犬の名前がブログタイトル
なんてことないおひとりさまの日常です

壁紙

2017-04-28 15:57:32 | お家のこと
今日からちょっと仕事に関わることについてもブログに綴っていこうと思います

最近私の身近でお家を建てたり買ったりする人が何人かいるので、
聞かれたり聞かれなくても勝手に伝えていることなんかを
書いてみようと思います

つい最近の話、やはりこれから一戸建て住宅を建てる友だちと食事をしていた時に
ふと「壁紙」の話になりました

壁紙を住宅メーカーさんから渡されたサンプル帳で全て決めたと

私の住宅のコーディネート経験は工務店に勤めていた8ヶ月程度のことで
各住宅メーカーさんの対応もよく分かりませんが
サンプル帳だけで判断するのはとても難しいと思います

特に壁の一面のみを濃い色の壁紙とか、柄の壁紙とかアクセントクロスにする場合
他の面のクロスとの対比を見るときに、サンプルで「ちょっと濃い色かな~」なんて
思っても、実際壁に貼ってみると思った程のアクセントは出ないなんて思うことも
よくあることです

なので私は家を建てる友だちには必ず、壁紙メーカーさんのショールームに
行くことをお勧めします

家を建てるとなると、壁紙を決める前に決めなければいけないことが色々
キッチンやお風呂やトイレ等々の設備機器のグレードやデザインとか
外壁のデザイン、玄関扉、家の中の戸・・・
初めてのことばかりでよく分からない中、疲れ果てた状態で最後に決めるのが壁紙

で、分厚いサンプル帳を2~3冊くらい渡されて
「この中で決めてください」と言われ、とにかく決めるしかない!
みたいになってしまうみたいなのですが、

ショールームに行けばより大きなサイズでサンプルも見れますし、
事前に電話等で予約すれば、コーディネーターさんが付いてくださって
アドバイスもしてくださいますし、提案もしていただけます
住宅メーカーさんには事前に一言伝えておいた方が良いかと思いますが
個人で行っても問題はありませんので
プロの手を借りることをお勧めします

先日ランチをした友だちも、すでに壁紙をサンプル帳で決めたそうなのですが
まだ時間はあるので、ショールームに行くよう勧めました

一時期にまとめて色々と決断しなければいけないのは大変かと思いますが、
今後の自分の人生に大きく関わる場所ですので
壁紙だけではなく色々自分でショールームとか回ってみるのはいかがでしょう
コメント