たまじい's 日記

~日々の出来事、思った事をいろいろと~

奥志賀スーパー林道(練?)後編

2018-08-29 14:07:09 | 自転車

続き・・

 

山の中で沢が近づいてきたら登り返しがやばい予想は大当たりで、またひたすら登る。

 

奥志賀から焼額。

6、7%くらいでずーっと登ってます。

 

焼額山ゴンドラリフト乗り場。

冬のシーズンとはえらい違いの静けさ・・

 

 

雪山の中ではキラッと輝いてるプリンスホテルも、夏のお休み時期は廃屋のように寂れて見えます。

 

後続を待ってる間に、

プリンスホテルの駐車場では怪しい動きの人が・・

 

これは何を撮りたいのか?? 雑草?

 

更に登って、一の瀬。

標高は1600mです。

 

 

幾度となく予感は大的中で、

思い切り登らさせます。

 

雪のない一の瀬ファミリースキー場。

  

殺風景ですね。

 

定宿のオリンピックホテル。

 

建物と道路を見れば斜度が分かりますね。

こんな坂ばっかりです。

 

ここ、一の瀬地区はホテルもたくさんあり、冬シーズンは大変賑わってるところなのですが、

今はまったくにぎわいも自販機もなく、閑散としてました。

当然、補給も出来ず。。

 

蓮池地区まで行けば食べるところがある、最悪そこまでは我慢か?!

 

ホテル街の登りを頑張って、

少し先に高天ヶ原が見えてきました。

 

最後の登りを満喫?しつつ、

高天ヶ原到着。

 

そして・・

やっと見つけた営業中!!

 

 高天ヶ原ホテル。

 

 

やったー!

助かりました、オアシス登場です。

これでやっとしっかり休憩が出来ます。

ここまでロクに休憩も取ってなかったので、本当に救われました!

 

冷たい水がおいしい!

とんかつ定食もおいしい!! (写真撮る余裕もなかった・・)

 

さらに食後のこれもおいしい!!! 

生き返りました・・。

 

  昔はよく吹雪いて寒い時はこのホテルでホットミルクを飲んでました。

  冷えた体に暖かいミルク、その時も生き返ってましたねぇ。

  今回は真逆ですが (^-^)

 

この高原は夏も冬もきれいですね。

 

 

 

初めての4人ショット。

 

 

この企画、当初は林道だけを周る予定でしたが、お昼を食べるところがないのでドライブインのある渋峠まで距離を延ばす計画でした。

でも、お昼も食べれたし、思ってた以上の登りで疲労もあることから協議の結果、渋峠は止めることにしました。

 

そばやんはここまであまり水分補給もしてなかったそうです。

で、「脚がコブラ返り(注1)してる!」と何度となく叫んでました。

「水分取らんと脚攣るで」と言ってたのですが、

「飲もって思ったらすぐ登りになるし・・」「そんなもん飲んでる余裕もない」と。

 「ちょっと下った時にささっと飲み」と水分補給はしっかりするようにと言っときました。

  

    注1:大阪では、”こむら返り”の事を今もこのように言ってる方がおられるようです。

       諸説ありますが、“コブラに噛まれたほどに痛い”とか”攣った時のふくらはぎの形がコブラに似てる”等がその謂われみたいです。

       “腓(こむら)=ふくらはぎ”なら「似てるからこう言う」は、間違いでもなさそうですね。

       因みにそばやんの使い方は後者です。

 

 

しっかり補給して休憩もしたので、頑張って野沢温泉までの帰路につきます。

この先、しばらくは下りなので負荷はないが、トンネルを3つ通るのが少し心配です。

照明も暗いし道も荒れてて・・

冬、バスなどがチェーンを巻いて走るので、荒れた轍が出来てます。

で、濡れてるところもあって結構スリリング!

 

慎重に下りながら蓮池地区に到着です。

今まではなんやった?と思えるほどの短時間であっと言う間に距離を稼ぎます。

 

放し飼い?の馬が居たりでのんびりムード。

 

湯田中まで下り、中野市の途中から県道414号で飯山方面へ向かいます。

ここまでくると、残りの距離も少しかと錯覚しますが、林道を走った分だけは戻らないと行けません。

 

平坦なので30くらいで牽こうとしますが結構な向かい風。

これは「ビルドアップしろ」と言う事やねと頑張ります。

でも頑張りすぎると後ろと離れてしまうので、走ったり、待ったりの繰り返しになります。

 

木島平から38号に入ってからも淡々と進む。

飯山市に入って残り少し。

 

“野沢温泉5km”の標識からがキツイのを往きの車で確認済なので、「ここが頑張りどころ!」と、ラスト上げます。

温泉街まで抜くことなく走り、宿への最後の登りはダンシングで・・

やっと到着!

 

全身汗まみれ、

なんと暑い。。

 

少しして皆さん戻ってきたので、汗かきついでに車に自転車を積んでサイクリングも終了です。

お疲れさまでした!

 

後から聞いた話、

そばやんは、あと5kmからの登りで「もう降りたろ」と思ったそうです。

でも、いいところでマツさんが待っていたので諦めずに頑張れたようです。

マツさん、フォローありがとうございました。

 

  

 

お風呂に入って、食事まで40分ほど間があったので皆でビールを飲む。

なんと、食事前に500mlを7本空けてました。

 

ほどなく夕食を食べて、今夜はふらっとお土産を買いに温泉街へ。

歩いてると、祭り?のような事をされていて、お店が閉まってる。。

仕方ないのであきらめて、酒屋さんだけ寄って戻ります。

 

部屋に戻って、アップルスパークリングワインで乾杯!

それからは地酒を飲んだりしてよもや話で盛り上がる。

疲れもあるので「寝よか」と提案するが、

「足らんかったら、このワインも飲むで!」

と、そばやんはお土産に買った一升瓶の赤ワインを何度も開けそうになってましたが、

そこはなだめつつ、大人しく寝てもらいました。

 

月曜日、

朝はゆっくり起きて、外湯へ。

 

湯は熱いがなんとか浸かる。

ジワーっと慣れてくるが、やっぱり熱い。

体にしみ込んだのを確認して出ます。

 

戻って朝食を食べて、後片付けをすませ「また冬に来ます」と伝え宿を出発。

昨夜、閉まってたお店に寄ってお土産を買います。

 

 

追加行程で、冬必ずリンゴを買いに行く道の駅にも寄ります。

 

ここはお盆にせつおさんたちが車を置いて渋峠まで行ったところです。

「よくこんなところから登って行ったなぁ」

と、皆で関心してました。

やはり強者たちは違いますね。

 

ここでも、またたくさん買ってしまう。

いつものことですが、お土産代で破産しそうです。。

 

追加予定だった渋峠はナシになったが、

ちょうどいい感じのサイクリングだったと思います。

避暑ではなくかなり暑く、サイクリングじゃなく強度練?になったと感じてる場合はお許しください。

でも、旅気分は楽しめましたのでこれに懲りず、また行きましょう!

 

最後に、

higuさんの名前が出てこなかったのですが、そばやんに酒を飲むようにあおっていたのは紛れもなくhiguさんです。

と、付け加えておきます。

今までも、そばやんがややこしい話になった時の裏には彼が潜んでます (^-^)

 

マツさん、この珍道中にお付き合いいただきありがとうございました。

皆に変わりお礼申し上げます。

 

 

 

距離 103.45 km

タイム 5:13:43

平均速度 19.8 kph

高度上昇 1,922 m

運動量 2,247 kJ


平均心拍数 126 bpm

最大心拍数 169 bpm


NP 156 W

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 奥志賀ス―パー林道(練?)前編 | トップ | ダラッとしてます »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (higu)
2018-08-30 12:34:08
奥志賀林道でマツさんとは渋峠は無理やなと言ってました。湯田中から野沢までの向かい風にラスト5キロの登り坂、キツかった。キツかったけどまた来年も行きたいです。そばやんとは年取ってもあんな風になってしまします。マツさん、まだまだ内緒話があるので来年もぜひ行きましょう。皆さん、楽しいサイクリングありがとうございました。
Unknown (たまじい)
2018-08-30 15:10:10
higuさん
来年は涼しところがいいですね。
乗鞍か?(^-^)

幾つになっても、またよろしくお願いしますね。



Unknown (goku)
2018-08-30 17:49:40
いや~いつになく盛り沢山で良い合宿でしたね!!
まさに楽し苦走られてる様が目に写るようです(^^;
いつか信州走って(登って)みたいもんです。

さて、秋のビワチチにも先輩方ご参加頂けそうですかね~?
Unknown (マツ)
2018-08-30 19:53:24
たまじいさん、そばさん、higuさん、こちらこそありがとうございました。(^^)
まぁ、ホント色々楽しかったです!
長い上り坂の連続や強烈な向かい風や、最後5キロのとどめの坂道や。なかなかにハードでしたが、終わってみると、楽しかったイメージしかないですね。
きっと、御三方の漫才のような、よもや話しが面白過ぎたんでしょうね(^^)
でも、そばさん、ホント頑張っておられましたよね!
あと、higuさん、まだ内緒話があるんですか⁉︎
野沢の地で、また聞かせてください!

たまじいさん、いつもながらに色々と段取りありがとうございました。
また、よろしくお願い致します(^^)

お疲れ様でした!
Unknown (せつお)
2018-08-31 13:16:28
当初予定していたルートですね。
延々登りですか。
こちらも暑さでやられていたと思うので、
単品渋峠で正解でしたね。
Unknown (たまじい)
2018-08-31 13:38:20
gokuさん
信州はいいですよ、北摂とは山の規模が違います。
次は2000m級の山のハシゴでもしますか?

BLASTビワイチは「行くでっ!」と鼻息荒く語ってましたのでよろしくお願いします。
(^-^)
Unknown (たまじい)
2018-08-31 15:30:43
マツさん
知らない道は楽しいですね。

毎年恒例のサイクリング(合宿じゃないよ)になればいいですね。
いろんな話が聞けて楽しい旅になると思いますよ。
Unknown (たまじい)
2018-08-31 15:37:25
せつおさん
野沢スキー場が、ゲレンデイメージとは違って厳しかったです。
林道も私らにすれば厳しいコースでしたね(^^;

せつおさんたちなら、野沢から渋峠でも全然余裕ですよ。(そのまま下り、草津温泉からの登り返しをプラスしても)
リベンジに是非走ってみてください。

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事