たびたび記録
心に残る風景
 



Mittenwaldは17世紀以来のバイオリンの町である。マティアス・クロッツという
住人がイタリアの名匠アマティに技術を学び、優れた技術で村の名を高めた。

教会の側にバイオリン造りに精を出すクロッツの像がある。   残念ながら休館でバイオリン博物館に入れなかった。
 
柔道の教室があるらしく掲示板を写す。             バイオリンの店
 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 食事会 Munchen »
 
コメント
 
 
 
フレスコ画の街 (ネイビー)
2007-07-20 10:13:17
ミッテンヴァルとはヴァイオリン作りの故郷であると主に、フレスコ画の町でもありますね。
おとぎの国から抜け出たような美しい町ですね~。
お天気も良くて、どこを見ても美しい所でした。
フレスコ画の町として私が言ったのはオーバーアマガウでしたが、上手に描かれている絵に感動したものでした。
 
 
 
ネイビーさまへ (gonma)
2007-07-21 18:07:08
オーバーアマガウは建物に描かれたフレスコ画と10年事に行われる、村人によるキリストの演劇で有名な村ですね。
ミッテンバルトとは車で行けば近距離ですが、今回は行く事が出来ませんでした。訪れて見たいところです。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。