僕の家内は招き猫が好き

個人的なエッセイ?

「∀ガンダム」

2018年06月01日 | Anime
アニメ『∀ガンダム』(ターンエーガンダム」を見ています。
この作品は、以前何度も見て、すごく感動したアニメです。

暗い内容の多い、ガンダムシリーズ。
見ているうちに苦しくなり、いつの間にか見なくなりました。

「大切な人が、無残にも死んでしまう」
これが耐えられなくて、いつも恐るおそる見ていました。

でも、この『∀ガンダム』は、楽しく見ることができます。
機動戦士ガンダムの生みの親、富野由悠季さんが、総監督を務めています。

主役の、ロラン・セアックの声は、朴璐美さん。
女性が、主役の声。これだけで、異色ぶりがわかるでしょう。

「黒歴史」という言葉も、この作品から生まれました。
(・・・多分、そうだと思う。間違っていたら、ごめん)

かぐや姫伝説をモチーフにした、『∀ガンダム』。

「月の民」の女王「ディアナ・ソレル」は、地球での死を望み、
地球への移住を願っていました。

しかし、ディアナ・カウンターと呼ばれる、彼女の軍隊は、
穏便にという彼女の想いを無視して、強引に侵略を初めてしまうのでした。

とにかく、ストーリーがすばらしい。
ガンダムシリーズの中でも、最高傑作と呼ばれる、最終話のエンディング。

ロラン・セアックと、終の棲家で生活する、ディアナ・ソレル。

季節は廻り、冬の夜。
二人は、静かな夕餉を迎えます。

いつもと変わらない、時間。
けれど、もうすぐ・・・。

ディアナ亡き時は、ロランは殉じる覚悟。
その影が垣間見えるから、哀しい。

OP曲を、西城秀樹。
ED曲を、谷村新司が手掛けています。

『∀ガンダム』は、ガンダムじゃない。
って、言う人もいるけれど。

僕にとっては、一番好きな作品です。

すごく面白いですよ。

◆ 参考文献 『∀ガンダム』 Wikipedia






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« あしたのジョー | トップ | 小さな箱 »

Anime」カテゴリの最新記事