くりまんじゅうの日記

おばばのひまひま日記です。
平成のシーラカンスと言われております。。

母ちゃんの腕時計。

2016-11-25 | 縫物

母は施設で 時計の要らない日々を送っていますが 時計がないと
不安らしくて 1,000円ショップの腕時計を2個 交替で付けています。

電池切れになりますので2個必要で もう何度となく電池を替え愛用
しており 寝る時も外しません。

 

その時計が今度はベルトが寿命で切れかかり 電池のように1,000円で交換
とはいかず ベルトに3,000円かけるなら 1,000円出して丸ごと新品を買えば
いいものの 現役選手を捨てるは忍びなく 自己流で作ってみました。

 

寿命ベルトを切り 幅広のカラーゴムに 100均のボタンを縫い付けてみました。

病院の待合室で 今なんじ? と聞くと え~~と とちゃんと見て答えますので
目もそこそこ見え 介護度2ですが今のところ 時計は正確に読めております。

時計を見つつ次の言葉は お昼ご飯までに帰れるろうかね これも毎度同じです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モロッコ紀行5 砂漠の日の出。 | トップ | モロッコ紀行6 ワルザザード... »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guuchan)
2016-11-25 06:46:41
 ケイタイを持ち始めてから、私は全く腕時計が必要でなくなりましたが、
親世代は腕時計が好きでした。

 今は介護度4で、デジタル時計の文字を声を出して読んでいますが、時間の感覚はないと思います。

 母は、TVの文字も、私が書いた文章も(耳が遠いので、ほとんど筆談です)どんな漢字でも読めるのです。
理解度は、瞬間的で続きませんが・・・^^
時計 (ようちゃんばあば)
2016-11-25 07:15:14
これは素晴らしい!
色もきれいだし かわいいボタンも楽しいですね。
時計やカレンダーを気にして生活するのは いいことです。
愛着 (ミッキー)
2016-11-25 07:22:13
おはようございます
寒くなりましたね。
くりまんじゅさんの優しい心使いにいつも
我が心を反省しています。

ステキなベルト
ゴムで一層使い勝手がよくなったのでは?
お母さんのたからものですね。
かわいい (ぐり)
2016-11-25 09:02:52
アイデアですね
之だとゴムなのではめれ時に楽ですね
時計が読めるということは時間の感覚がおありなんですね
カラフルなベルトでお母様も時計を見るときに楽しいでしょうね
くりまんじゅうさんへ (銀めばる)
2016-11-25 09:47:34
値千金の手作りバンド
きっと施設の住さんはもとよりスタッフさんも
羨ましいでしょう
いえいえ誰よりもこの銀めばるが・・・
思い出しました・・・ (キミコ)
2016-11-25 10:28:04
認知症の人って不思議と時間をきにするようです
父もかつてそうでした
腕時計が大事で一日離せなかったです

でも父が亡くなって施設の部屋を片付けていた時に
時計がなくなっていました
他の人のと入り混じったようです

親の年代は物を捨てたがりませんね
大事に最後まで使います
私もおケチでよう捨てませんけどね(^w^) ぶぶぶ・・・

なんとかわいい時計ベルトでしょうおおぉぉお!!("▽"*)
ナイスアイディアですよ""ハ(^▽^*)パチパチ♪
Unknown (タカコ)
2016-11-25 12:54:11
良いですね、この方が着脱が楽だし、行方不明にもなりにくいでしょう。
アイデア賞 
ハハ(姑)は、文字盤が読みにくくなり、夫のお古を使っていました。^^
くりさんへ (アンポンタン☆)
2016-11-25 13:01:02
可愛い😍く出来ましたねー。
もう お母様の元に届いたのかなぁ〜 反応はどうでした…
時間が 正確に言えるんですか?凄いなぁ〜
穏やかに1日でも長生きして欲しいです。私は最近後悔ばかりです。そんなに 仲良しではない親子でしたが、父が亡くなってから もっとしてあげれる事があったのじゃないかなって思いますもの(笑)
Unknown (keba)
2016-11-25 13:49:34
いいアイディアですね、さすが〜
うっかりぶつかっても金具で怪我しないので安心だし
何かに引っ掛けた時にするっと外れて安全。
猫の首輪もこんなのがあれば便利かも。

そして、実利だけじゃなくてボタンが可愛いです〜
Unknown (のりのり)
2016-11-25 17:49:21
すてき! 
きっとお母様も気持が落ち着かれたことでしょう。
自分の着るものも、他の方のものも上手に作られて感心します。
そのアイデアと実行力(旅行も含めて)を見習いたいと思います。

コメントを投稿

縫物」カテゴリの最新記事