ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「SOMEWHERE」

2020年02月18日 | ドラマ映画
2011年公開の映画の紹介です

監督はソフィア・コッポラ。
ダイアリー調の、ドラマ映画です。
主演・出演は、スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、ミシェル・モナハン、ベニチオ・デル・トロ(カメオです)。


ハリウッドスターのジョニーは、高級ホテルで豪勢な生活を送っています。
しかし高級車を乗り回し、部屋にポールダンサーを読んでも寝てしまったり、どこか満たされない日々を送っていたのです。
ある日皆とつるんで降りてきた階段から転げ降ち、腕を骨折してしまいます。
別れた妻から娘・クレオを家まで送るよう頼まれ、クレオはジョニーのギプスにサインを書いて笑いあいます。
その日はクレオのフィギュアスケートの練習をそのまま見て家まで送りました。
数日後、ジョニーがホテルの部屋に戻ると、部屋の前でクレオが待っていて、元妻が不在にするからその間預かってと話します。
間もなくイタリアで新作の発表があり、急遽クレオも連れて行く事になります。
イタリアに着くとすぐに女優がジョニーに近づき、場所を変えて中途半端な付き合いに文句を言います。
その後ジョニーはスウィートルームを案内され、クレオはプール付きに感激するのです。

*******************************************
この映画はヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞しています。
放送映画批評家協会賞・若手俳優賞にエル・ファニングがノミネートされています。  

ソフィア・コッポラ監督自身の少女時代の思い出が元になっているんですね。

ジョニー役はスティーブン・ドーフ。
一件普通の男性ですが、「ブレイド」(1999)では混血ヴァンパイヤを追い詰める非情な役どころでした。
他に、「ワールド・トレード・センター」(2006)、「パブリック・エネミーズ」(2009)の出演があります。
近年では、「レザーフェイス-悪魔のいけにえ」(2018)の主演があります。

冒頭でジョニーが黒い「フェラーリ360モデナ」に乗り、広いコースを3周回り、
その間画面は動かず、3周目に車は止まって普通にジョニーは降ります・・
という、時間をじっくり使った場面が随所にある映画です






お立ち寄りありがとうございます
ジョニー、普通の人すぎ、俳優のオーラ無さ過ぎ・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 「東京島」 | トップ | 「ザ・ファイター」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ映画」カテゴリの最新記事