ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「ことの終わり」

2022年12月02日 | ドラマ映画
2000年公開の映画の紹介です

監督は、ニール・ジョーダン。
グレアム・グリーンの実体験の小説『情事の終り』が原作の、ドラマ映画です。
主演・出演は、レイフ・ファインズ、ジュリアン・ムーア、スティーヴン・レイ、イアン・ハート。


1940年代のロンドン。
小説家のモーリスはタイプライターに打ち込みます。
『私の手記。憎しみの手記・・・』
------------------------------------------
ある雨の日、モーリスは傘も差さない知り合いの高級官僚ヘンリーを見かけ、家まで付き添います。
ヘンリーはモーリスに、妻のサラが浮気しているかもしれず私立探偵を雇おうか迷っていると話します。
間もなく帰宅したサラは、モーリスを見かけ声を掛けます。
翌日モーリスはヘンリーが迷っていた探偵事務所を訪ね、友人の妻の素行を調べてほしいと依頼します。
数日してサラからの誘いでモーリスは会食しますが、数年前の2人の情事の事でギクシャクしサラは店を飛び出します。
サラを調べていた探偵のパーキスは、別れた後のサラの様子も報告し、モーリスは憤りをかみしめます。
数年前戦時中に付き合っていた2人は、爆撃に遭った後突然サラが別れ話を切り出しモーリスの心は憮然としたままだったのです・・・

****************************************************
この映画は、アカデミー賞で「主演女優賞/ジュリアン・ムーア」「撮影賞」
の、ノミネートがあります。

モーリス役は、今年59歳のレイフ・ファインズ。
この映画の頃は30代だったんですね。
「シンドラーのリスト」(1994)の嫌な役どころでアカデミー助演男優賞ノミネート、
「イングリッシュ・ペイシェント」(1997)ではアカデミー主演男優賞ノミネートがあります。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005)シリーズでは、ヴォルデモート役です。
他、「ナイロビの蜂」(2006)、「愛を読むひと」(2009)、「キングスマン:ファースト・エージェント」(2021)などの主演、
現在「ザ・メニュー」が公開中です。




皆さま、お立ち寄りと応援ありがとうございます
いやぁ~、ジュリアン・ムーア奇麗でしたね~~~
最近はあくどい役どころとかいろいろ観ているので改めましたですよ

一日一度、
ポチっと押して頂けると嬉しいです
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「アイス・ロード」 | トップ | 「グレイテスト・ショーマン」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ映画」カテゴリの最新記事