ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「イエスタデイ」

2020年10月30日 | コメディ映画
2019年公開の映画の紹介です

監督はダニー・ボイル。
ファンタジー・コメディ映画です。 
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ジョエル・フライ、エド・シーラン(本人役)、ケイト・マッキノン、ジェームズ・コーデン(本人役)。


イギリス。
ジャック・マリクは昼間勤めている店で髭の事で文句を言われながらも、誰かが会いに来ていると教えられます。
その誰かは、ジャックのシンガーソングライターとしてのマネージャーのエリーで、あるテント小屋の出演が決まったと教えられ2人は喜びます。
ところがテントはガラガラで、ついに音楽で有名になる夢をあきらめたとジャックはエリーに話します。
その日、自転車で帰宅途中に停電で突然あたりが真っ暗になりジャックは車にぶつかって病院に運ばれます。
顔にけがと前歯が2本折れたジャックは、お見舞いに来たエリーから事故の時間は、全世界で12秒間停電になったのだと聞きます。
その後、退院祝いに壊れた代わりのギターをプレゼントされ、ジャックは友人の前でビートルズの『イエスタディ』を弾きます。
皆「良い曲ね」と感心し、ジャックは驚いて「ビートルズ」の曲だと言っても、
「歌を歌うやつは、マイナーな歌手を皆が知っていると思い込むんだ」
と言われる始末です。
その後ジャックがパソコンで調べようとしても、“ビートルズ”はやたら“甲冑”が出てくるばかりで、曲の題名を検索しても違うものが出るばかりです。
12秒の間に世界が変わったとしか思えず、ジャックはビートルズの曲を思い出す限り書きだしていき、歌った曲はヒットチャートに乗ってしまったのです。
アメリカでの活動に誘われたジャックは、エリーから思いがけない話をされてしまいます・・・

****************************************************************
ジャック役は初映画、初主演のヒメーシュ・パテル。
オーディションで選ばれた理由について監督のボイルは、
「パテルの「イエスタデイ」と「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」の演奏を聴いて、ビートルズに敬意を表しながらも、独自のスタイルで演奏しているのを感じた」
劇中のジャックの演奏シーンは、パテルが実際に弾いて歌っているようです。
「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」(今年1月)、「TENET テネット」(今年9月)の出演があります。

本人役のエド・シーランは、当初コールドプレイのクリス・マーティンにオファーがあったようです。
エド・シーランの奥さまがカメオ出演しています。





お立ち寄りありがとうございます
ストーリーの思いつきに、オドロキモモノキです

コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シークレット ウインドウ」 | トップ | 「13階段」 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (elementback)
2020-10-30 07:40:49
アビーロードですね!
Unknown (truelies)
2020-10-30 18:47:59
『ボヘミアン・ラプソディ』に続いて出ましたね
ラジオで紹介されてたのを聞いてて、面白い発想だな〜と思ってました
ビートルズファンだったらいっそう楽しめそうな映画ですね
ビートルズ (ジュリア)
2020-10-30 19:02:04
こんばんは★

劇場で観ました
面白かったです
しばらくはビートルズばっかり聞いてました(笑)
こんばんは (elementbackさんへ)
2020-10-30 20:31:55
アルバムのジャケットですね
語れるほどビートルズは詳しくないんですが、曲は全部知っていました
こんばんは (trueliesさんへ)
2020-10-30 20:34:51
ボヘミアン、ロケットマンと続いていたので、なんとなくスルーしてました
発想は知らずに観たので、さすがダニー・ボイルと感心しましたね
こんばんは (ジュリアさんへ)
2020-10-30 20:40:14
劇場では聴きごたえあったでしょうね
とっても聴きたくなりましたもん
手元にないのが残念でした 
見ました (ひでちゃん)
2020-10-31 04:28:29
無難な映画でしたね。
一応、モラルも守っている。
安心して見れる。
そんな感じの映画でした。
おはようございます (ひでちゃんさんへ)
2020-10-31 06:06:19
ご訪問とコメントありがとうございます
確かにそうですね!!
全世界有名なビートルズを扱っているんですもんね!!
ほのぼのしたロマンスも入っていましたし
素敵な映画 (coffee plus)
2020-11-01 17:25:51
賛否両論あったらしいが、いい映画だったと思う。
主役のヒメーシュ・パテルはインド系英国人だが、映画の中では特にインド系どうのこうのという話はない。ごく普通の英国人として描かれ、ガールフレンドは白人系英国人だ。
少し前までの英国映画ではインド系の俳優が主役だとインド系移民のエスニック文化が描かれていた。
「ベッカムに恋して」はインド系女子がサッカー選手を目指す話で、保守的なインド系文化を乗り越えていこうと葛藤するのだ。
このイエスタデイではそのような描写はほとんどなく、主役がインド系である必要が果たしてあったのかなあと思ってしまう。ただ、パテルは流暢なブリティッシュアクセントで話し、歌がうまい。
今回は歌手が主役ということで、歌のうまさで起用されたのかもしれない。
いや、英国文化は多大にインド文化の影響を受けているそうだし、ビートルズも中後期はインド音楽の影響を多大に受けていた。それが理由かもしれない。
この映画にもまたとてもいいシーンがある。文化祭の時少女のエリーが、バンドとともにオエイシスの「ワンダーウォール」を熱唱する少年ジャックを舞台のそでからじっと見つめるシーン。エリーはその時からずっとジャックを応援していたのだ。
こんばんは (coffee plusさんへ)
2020-11-02 22:33:38
いつも詳しい情報をありがとうございます
ビートルズは特別なファンではありませんでしたので、くわ曲についても膨らんだレビューがかけませんでした・・

コメントを投稿

コメディ映画」カテゴリの最新記事