ふくの映画ブログ

映画の紹介です

「ミッドナイト・イーグル」

2020年02月03日 | 少しづつ増やしていきたい日本映画
2007年公開の日本映画の紹介です

監督は成島出。
高嶋哲夫の小説が原作の、山岳サスペンス・アクション映画です。
主演・出演は、大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、袴田吉彦、濱田岳、大森南朋、石黒賢、藤竜也。


世界各地の戦地を駆け巡っている戦場カメラマンの西崎は、砂ぼこりの中食べ物の包みを開きます。
すると建物のの近くに子供の姿をみつけ、食べ物を渡します。
その直後、爆風が轟き子供はがれきの下敷きになり、渡した食べ物が燃えているのを西崎は見続けます・・・
-----------------------------------------------
日本に戻って雪山にこもるようになった西崎は、飛行機の爆音を聞きカメラを向けます。
すると飛行機は炎上し、墜落していったです。
飛行機事故について西崎は大学の後輩の落合に訪ねますが詳細がつかめず、落合は強引に西崎を誘って墜落した山に登ります。
すると二人は自衛隊員を目撃し、更にテントを張った2人は外国人に銃撃されてしまうのです。
一方、雑誌社に勤める西崎の義理の妹・慶子は落合から受け取った西崎の写真を専門家に鑑定させます。
米軍のステルス爆撃機B-5と言う事がわかり、慶子はその機にはあるものが搭載されていることを知るのです。
雪山の西崎と落合は外国人に狙われている自衛隊に大声で危険を知らせ、銃撃に巻き込まれてしまいます。
2人は三等陸佐の佐伯に救われ、西崎は何が起こっているのか問い詰めるのです・・・

*********************************************************
慶子役は竹内結子。
雪山のロケには参加がなく、山のふもとに行っただけとか。
スタッフから雪山の厳しさは聞いていて、
「一日5食は食べないと体がもたないとか、とにかくチョコレートがたくさんあって、おやつには困らなかったとか、冗談で凍死しかけた(笑)」
とか言われたとか。

吹雪の雪山に登る西崎役は大沢たかお。
「条件の悪いときに撮影をしますので、結構、過酷といえば過酷でしたね。
寒いし、冷たいし。
夜も深くなり朝まで撮影して、マイナス何十度となってしゃべれなくなる。
眠くもなるし。」
でも、毎日がドラマで、皆の意識が高く凄く熱気があったんだとか。





お立ち寄りありがとうございます
まだまだ、頑張りますっ!!!  (p*・∀・)p

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「マリアンヌ」 | トップ | 「ワン・ナイト/10イヤーズ 」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (truelies)
2020-02-03 20:02:33
見たハズなんですが全く思い出せません
多分、竹内さん見たさだったから(笑)
こんばんは (trueliesさんへ)
2020-02-03 20:47:35
私は多分初めてと思うんですが、知っているシーンがありました
竹内さんの
多分テレビで流れてたのかなと思います
今は最初から最後まで、瞬きはしますが、しっかり観るようになりました

コメントを投稿

少しづつ増やしていきたい日本映画」カテゴリの最新記事