えん罪・布川事件 国賠を求めてたたかう夫の傍で

えん罪を晴らし、普通の一市民に戻った夫。二度と冤罪が繰り返されないようにと、新たな闘いに挑む夫との日々を綴ります・・・。

光iフレーム2

2013-03-17 | 日記
 

光フレッツのメンバーズポイントで、タブレットを購入しました。

 ところが、
無線ランが使えないといけないことを、手にしてから気付き、大慌て。
 実は、昨年、引っ越してきた時に無線ランの契約をしていたのに、何度やっても設定ができず、そのまま放置。
ずっと、有線でインターネットをしてきたのでした。

 今回、その「無線ラン設定」をクリアし、開通できないとせっかくのタブレットが使えないというのだ。
昨年、リモートサポートに相談しながらやったのだが、私に理解力がなく、担当の方(男性)が相当イラついていることが、受話器の向こうから伝わってきて、それ以上やる気が失せてしまっていたのです。

 でも、でも、今度はそんなこと言ってられない。
意を決して、また、NTTの相談窓口に電話をしてみたのです。
そしたら、女性の方が、
「1年間、レンタル料だけ払っていて使えなかったんですか?もったいなかったですね。リモートサポートにもご契約いただいているのですから、どんどん利用してくださってよかったんですよ」とのこと。

 私が、「分からないことが多くて・・・」と言ったら、
「誰も皆さんそうですよ。操作は担当の者がしますから、どうぞ、何度でも解るまで聞いて挑戦してみてください」と・・・。

その言葉が、とっても丁寧で、感じがよく、私の「やる気」を目ざめさせてくれたのだった。
その方は、電話のかけ方、サポーターへの依頼の仕方まで教えてくれた。

 そして、リモートサポートの担当の方も、昨年とは違って、本当に丁寧に私の理解力を待ってやってくれた。
不思議なことに、今回は、言われていることが不思議なほど理解でき、すべてがスムーズに進んで、
「何だ…。もっと、早く、相談すればよかった。」と思ったのだった。

最後に、
「光iフレーム2を使ってみて、解らないことがあったら、いつでも、何度でもご相談ください。そのための相談窓口なのですから」と、その担当の方も言ってくれた。

・・・そうこうして、やっと、使い始めたタブレット(光iフレーム2)
まだ、ぎこちないが、なんとか使い始めた。
無料のアプリもいくつか入れた。
スケジュールも入力して、使い始めた。

 携帯とも、PCとも違うタブレットを、有効に使いこなせて行けたらいいな・・・。
コメント   この記事についてブログを書く
« 社説に励まされます・・・ | トップ | 庭先の沈丁花が、今朝、やっ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事