広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奥さん美容室へ

2011年04月18日 | 音楽
近々友達の結婚お披露目会に出席するので、奥さんが美容室に行きました。
ちなみに、そのお披露目会には僕も出席し、いつものように二人で演奏してきます。
☆イェイ☆

それはさておき、子供が生まれてから奥さんが美容室に行くのはこれが2回目で、前に行ったのはチビが生まれてすぐぐらいの時で、その時はとなりの美容室でカットだけ。
実は、僕らの家のとなりはおしゃれな美容室さんなのです。
でも今回は、少し離れた美容室へ。
というのも、今回はカラーもするので、うちはまだ母乳をあげているから、薬品を使うのではなくて、ヘナっていうハーブの一種で染めてもらえるところを探していったわけです。
そのお店は、姫路の商店街の一角にありました。
もうすぐ2歳になる娘なのですが、先ほども書いたようにまだ母乳なので、基本的に母親といつも一緒なのです。
でも、ジジババが連れ出したり、僕が二人で出かけたりということも時々はあったのですが、今回は奥さんが美容室に入った瞬間から(三人で車で美容室の前まで行って、そこで奥さんを下しました。)、早速機嫌が悪くなり始めました。
だから、いつでも娘を母親のところに連れて行けるように近くにいるようにしていたら、わりとすぐに「ママに会いたい」とぐずりだしたので、とにかく二人で美容室へ。

僕らが美容室に着いたころ、奥さんはまだスタッフの方二人にカラーをベッタリと塗ってもらっているところだったので、お店に入った瞬間からママに抱っこしてほしいと泣き出した娘をなんとかなだめて奥の待合スペースでしばし休息。
泣きわめかせては他のお客さんの迷惑になるし、すでにスタッフの方にはすごく気を使わせてしまっているしで、僕は必至でテーブルの上にあった「太陽の塔のフィギュア」で娘の気を引いていたら、奥さんが髪の毛を一旦まとめてスタッフの方とこっちに来てくれた。
そして、とりあえずチビを奥さんの膝の上に乗せてやると、チビはやっと笑顔をとりもどす。
それからしばらくの間、要するに奥さんのまとめた髪の上になんかあの大げさな機械を翳しているというか、被せているというか、なにせカラーなんでその時間ですよね、娘は奥さんの膝の上で上機嫌で、僕はその隣で雑誌を読んでいました。
つまり、平和な時間を過ごしていたわけです。

ところが、やがて奥さんが次の作業にうつらないといけない時間がきて、つまり娘を奥さんの膝の上から引き離さないといけなくなって、その時娘はとても嫌がって、僕が抱くとものすごく激しく泣き出しました。
お店の中にいてはあまりにやかましいので、とりあえず僕は娘を抱いて外に出たのですが、娘の泣き方が尋常ではない。
そして、初めは
「ママ~、ママ~」
と連呼していたのが、だんだん
「離して~」
になってきて、商店街の中ほどに来た時には
「たすけて~、たすけて~」
とか言い出して・・・

そもそも僕が娘を抱いて歩いているだけでもそこそこ目立ってしまうのに、その僕の抱いている娘が大声で泣きじゃくって「たすけて~」と絶叫しているわけですから、おそろしく不審そうに見つめてきたおばちゃんの視線が、ホントに痛かったです。




では、今日の動画はツーファイブフレーズです。
Gm-C7-F-Fの4小節で基本的に8分音符で弾いている感じです。
5パターンのフレーズを弾いていますが、少し複雑な音使いも出てきたりしますので、譜面が欲しいという方は、下記アドレスまでメール下さい。
gombostyle@gmail.com






最後になりましたが、僕はといえば、かれこれ軽く10年以上は美容室さんで髪を切ってもらっていないんですよね。




『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お久しぶりです。 | トップ | BAR 無人島 5 エピソード1... »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事