広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小さなミラクルな一日(前編)

2011年05月13日 | 日記
今日は小さなミラクルな一日でした。
僕にはちょくちょくあるのですが、小さなミラクルな一日が訪れると何気ない一日が、生涯記憶に残るすばらしい一日になります。

小さなミラクルは、おそらく誰にでも起こるのですが、それを小さなミラクルと認識して、いつでもそれが起きることをイメージしておく。そうしておくことで、それが起きる確率をかなりアップさせることができるようになります。

では、僕の今日一日です。
久しぶりに一日家にいられたので、朝からリビングのちょっとした模様替えをしました。
使わなくなった小さなテーブルを2階に上げたことで、リビングが少し広く使えるようになりました。
その際に床や家具を丁寧に水拭きしたのですが、身近な人たちは皆ご存知ですが、僕たちの家では、いわゆる家事というのは、主に僕の仕事なんですね。

もともと僕の奥さんというのが、そういうことの一切ができない人で、一緒に住み始めた頃などは掃除、洗濯、炊事のすべてが、僕の担当でした。
そういう奥さんも、一緒に生活しているうちに僕のやり方を徐々に覚えていってくれて、最近では僕がいない時なんかは、大抵のことは一人でできるようになりました。
まあ、子供ができたわけですから当然といえば当然なのですが、もともとを知っている僕からすると、相当の感動があったりします。

でも、水回りの掃除及び拭き掃除や、僕が家にいる時の晩御飯の支度などは、今でもほとんど例外なく僕の仕事です。
逆に何故か洗濯だけは、いつの間にか奥さんの仕事になって、今では僕の手出しを嫌うほどになりました。
まあ、たたむのは主に僕だったりするんですけどね(笑)


話がえらく脱線してしまっていますが・・・
とにかく、僕はリビングの拭き掃除、「固く絞った雑巾で拭いた後、乾いた雑巾で拭く」という作業を終えたわけです。

その後ですが、ここしばらく雨が続いていたせいでできていなかった、玄関の掃除をすることにしました。

僕の玄関の掃除というのは、玄関を掃いた後、玄関のドアとインターホン、郵便受けを拭き、僕らの家は玄関のドアの横のリビングの大きな窓に面してベンチを置いているので、そのベンチとそのリビングの窓と窓のサッシを拭き、最後に表に止めてある車の窓もついでに拭くというものです。

つまり、来客の方などから見て、家の顔になるような部分を一通りキレイにするのです。
インターホンなどは以外と盲点で、家人はそれを使わないという理由から見落としがちですが、来客の方にとっては顔を近づける部分になるわけですから、こまめに拭いておくことをおすすめします。

「5分の法則」

上は僕の言葉ですが、要するに今、僕が書いた玄関の掃除も文章にすると大変そうに思えるのですが、まめにするようにしておくと、大体5分ぐらいで済んでしまいます。
この玄関の掃除に限らず、トイレ掃除や洗面所の掃除や台所のシンクの掃除、そして僕がみんなに割と驚かれる、毎日風呂を洗った後、風呂の壁や浴槽などの水分をすべて拭き取るという作業なんかも、時間にすると、だいたい5分ぐらいで済みます。
これが、僕の言うところの「5分の法則」です。

なので、「5分の法則」という言葉を覚えてもらって、みなさんもとりあえず自宅の一か所でいいので、一日5分でキレイにしてみませんか?
って、何のおすすめのブログやねん!

これから、本題というところなのですが、明日も早いので、今日は寝ます。
なので、今日は前編ということで、続きは後編で。
後編があればの話ですが・・(笑)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです。

2011年04月14日 | 日記
久しぶりのブログになってしまいました。

結局新型インフルエンザで一週間ほど寝込んでしまい、その後も顔にヘルペスができたり、微熱が続いたり、夕食をもどしてしまったりと、今もまだスッキリとしない体調が続いています。
一度体調を崩してしまうと回復にかなり時間がかかってしまうような年齢になってきたのかもしれません。
体調管理の重要性を思い知らされます。


ところで、僕が体調を崩している間には、汚染水の放出なんていうショッキングなニュースがあったり、ここにきてINESの暫定評価「レベル7」への引き上げが認定されたりなんていう憂鬱にならざるを得ないような震災以後の展開がありますけど・・・

僕は、ネットのいろんなところで東電や政府の対応や処置に対する一般の方々の不満の声を目にするたびに、少し寂しい気分になります。

というのも、東電という組織の問題点や原発の安全面に対する管理体制の不備の問題点なんかは、日本の組織においてはおなじみのといってもいいぐらい、今までに何度も同じような例でいろんなところで目にして失望させられてきた記憶があります。
だから、おそらく多かれ少なかれ今あるどこの組織も、ある種そういった問題点(危機管理の徹底ができていず、組織としての意思疎通・情報の共有などもできていなくて、古い体制が維持されたままであることから起こる不合理の排除もできていないといったことなど)をほったらかしにしていて、問題が起きた時にだけ、その組織のそういった点が明るみに出るといった状況なのではないかと僕には思えるのです。
もちろん、組織運営の難しさといったことに関しては僕もそれなりに承知してはいるつもりですが・・・
とにかく、つまりは、積極的に批判しているような人の中にも、実際自分自身はそういった危なっかしいところを含んだ組織に属しているといった人もたくさんいるはずなんです。
そういう自分の状況はとりあえず脇へおいて、問題が明るみに出た企業の批判だけをするなんてことになっていたりするんだとしたら、それはとても寂しいことではないかと僕には思えます。

そしてもう一つ、放射能汚染の問題というのは世界的な問題であって、世界の目から見れば福島原発の問題というのは我々日本国民の問題なわけです。
マスコミ報道などから事態を見つめ、正しい見識を持とうとするということはもちろん大切であるとは思いますが、東電や政府対自分という視点だけでなく、事態を自分たちの問題であるとして捉えて、日々の自らの行動を考え直すということのほうが、一般市民である僕らにはより重要ではないかと僕には思えるのです。

今回の花見の自粛や風評被害なんかの問題においても、結局はそういった認識の仕方を多くの人ができていない結果だと思えるので、そのことも僕には、とても寂しく思えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕の生まれた町

2011年03月14日 | 日記
僕が生まれたのは、忠岡町という大阪の南部にある小さな町です。
思いっきり自転車をこげば数分で横断できるぐらいの本当に小さな町です。
その町の僕ら家族が住んでいた古い長屋のあるところから海までは、ほんの数百メートル。

僕が生まれたころには、すでに海は汚れていて、泳いだりこそできませんでしたが、潮の香りや、漁船がいくつも繋留されている光景や、足の裏に感じたテトラポットの感触といった幼い日の記憶は、あまり海に近づくことのなくなった今でも、僕に海がとても身近なものだと感じさせ続けてくれています。


テレビから、東北関東の多くの港町の現在の姿が届きます。
当初の僕なんかの予想を遥かに上回る被害の甚大さに、今はまだ呆然としてしまっているようで、自分の思いをキチンと言葉にすることができません。
ただ、大阪にいて阪神大震災をとても近い場所で経験した僕が、それ以上の自然災害をこの国でまた目にすることになるとは想像できませんでした。

僕にできることは、あまり多くはないように思います。
だから、僕は僕の生活を今まで通りに続けます。
そして、考えます。
しばらくは、考え続けると思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アコギカフェ

2011年03月09日 | 日記
昨日ギターレッスンに来てくれたDくんのギターも歌もすごく良くなっていて感激してしまいました。
だから最後に、iPhoneのボイスメモを見せて、「奥さんにも聴かしたいから1曲頼むわ。」と言いました。
「マジでですかぁ~?」とたじろぐDくん。
「ええやん、ええやん。」と言って、1曲録音させていただきました。

家に帰ってiPhoneにDくんの歌が入っていることを話すと、Dくんと面識もあるのに歌を聞いたことのない奥さんは大喜び。
もちろん、奥さんにも大好評でした。
Dくんには気持ちを伝えることのできるいいシンガーソングライターになってほしいとマジで思いました。


Dくんのようにアコギを使って弾き語りのできる生徒さんが増えてきたので、僕はアコギカフェっていうイベントをひらめきました。
どういうものかというと・・

○ペースは月に1度か二か月に1度
○定員は毎回10名
○一日2ステージで各自1ステージに1曲ずつのパフォーマンス
○1ステージと2ステージの合間にみんなでコーヒーでも飲みながら、音楽やギターについて語り合う
○ギターで弾き語りができない人の入室禁止
○ギターは必ず愛用のマイギター
○場所はいつもの302号室
○最後は僕の大熱唱・・ちなみに僕は歌がめっちゃ下手

みたいな感じを今のところイメージしていますが、どうでしょう?

この話を聞いた奥さんが、参加したいのでギターを始めると言っています。
彼女もギター挫折組の一人です。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2011年02月21日 | 日記
僕は、ダジャレが嫌いです。
スポーツ新聞の見出しのそれっぽいのとか、すごくイヤだったりします。

ところが・・

今日の日経新聞の裏面に笑刻家と称するおじさんが出ていました。
そのおじさんは、木彫りの像を造ってらっしゃいます。
「リョウマの休日」という作品では、坂本龍馬がベスパに乗っていました。
他にもその類の作品がいくつも紹介されていました。

それが、とても味のある木彫り達で・・

ダジャレのオンパレードにも関わらず、
はっきり言って、気に入ってしまいました。
そして、朝からとても楽しい気分になりました。

おじさん、ありがとう。



奥さんがまた一つ歳をとりました。
そして、いつものように僕に聞いてきました。
「わたし、何歳になったん?」

僕たちの誕生日には、プレゼントも豪華なディナーもありません。
普段通りに過ごします。

ただ、今まで一緒に過ごしてきた間にあった様々なことや、これからも共に過ごしていくことなどについて、二人でたくさん話をします。
そして、できる限り大切に時を過ごしていこうという気持ちを新たにします。

僕らにとって誕生日や記念日はそういう日です。



人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加