パカパカ乗馬日記

ビンボーだけど乗馬にトライ。果たしてどこまでうまくなるやら。いつまで金が続くやら…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

乗り納めです

2013年12月30日 14時02分33秒 | 乗馬記録
クラブでの46鞍目。速歩班19鞍目。

本日のお相手は、久々のブルーちゃん。



あまりに久々だったため、
「ブルーは最初が肝心で、乗り手の力量を見てナメてくる」というのをすっかり忘れておりました。T_T
乗り始めは内々に切れ込んで、蹄跡ヨレヨレ。
でも、動かしているうちにだんだんちゃんとコントロールできるようになりました。
速歩がすぐでるので重くはないんだけど、常歩がおそ~い。
そして隅角をショートカットして前の馬に追いつこうとします。ダメぢゃん!

そんなブルーちゃんを手綱でコントロールしようとしていたら、
先生からは「脚でコントロールを」とのこと。ん~、また新しい課題が増えました。
どうもクセで手綱をひっぱっちゃうんだよな~。脚の反応、鈍いし。T_T
でも、手が動かないほうがカッコいいので、がんばりま~す。

今日は、9:30からのレッスンに出て、そのあとは見学。
ひとつ上のクラスにあたるビギナーキャンターのレッスンを見て、
「このクラスに来れるのはいつのことかしら~」などと考えていたら、
別の馬場で練習していた速歩班で2人が落馬。初心者班の栗金団ちゃんまで驚いて、乗ってた人が落馬。
計3人が落っこちちゃって、速歩班の1人は腰を強打したらしくて立ち上がれず。
もう一人はどうやら手首を負傷。初心者班の人は無傷。
乗馬に落馬はつきものだけど、立ち上がれなかった人、大したケガではなければいいけど…。

そういえば、自分のレッスン中も
1頭の馬がまったく動かず、騎乗者がムチ入れまくってたら、馬がぶち切れてプチ暴走。
それに驚き、私の乗ってたブルーちゃんと前の1頭が驚いて横っ飛びしてました。
とっさにたてがみをつかもうとした私。
うむうむ、このように「落ちる」もしくは「落ちそうになる」経験をたくさん積むことも大切なのだと
しみじみ思い知ったのでした。

おまけのカットはポニーたち。



ふわふわのラテちゃん(左)と、ダルメシアン柄のペッパーちゃん(右)。
2頭で一つの馬房に入ってて、仲良しこよしでありました。
コメント

馬は、言葉も時間も理解してますね

2013年12月27日 14時40分39秒 | 乗馬記録
クラブでの45鞍目。速歩班18鞍目。

お相手は、今日もやっぱりジェニーちゃん。
うふふ。発進・蹄跡を気にすることなく、自分の騎座に集中できます。



・・・と思ったら、部班での初めての先頭。うう、プレッシャーがかかります。
ええと、スピードを一定にキープだな…、と思ったら、ジェニーちゃんに鞭入れちゃいました。
ゴメンよ、ジェニー。キミの動きは全く悪くないのだが、私の望むスピードにしたかっただけ。
ってことで、その後、妙に「イイコ、イイコ」の回数が増えちゃいました。
私ってば、気が弱いモンで。えへ。

本日、注意したのは、
・かかとが上がらないように。
・手綱は下で前。位置が動かないように。
・手綱よりも脚で方向をコントロール。

先生から注意されたのは、
・常歩のときに、馬のお腹に踵がちょこちょこ当たらないように、そっと触れておく。
・手綱は短く(あうう、I先生にも言われちゃった…。T_T)。

脚でコントロールは、イマイチうまくいかなかった。
それよりも、相変わらず、ジェニーちゃんてばやる気マンマン。
先生の号令「気をつけ~」で、私が手綱を短くした瞬間に走り出しちゃう。^^;
なんとか留めて、先生からの号令を待つも、
「速歩~、始め」の「速歩…」の言葉あたりで走り始めてるよ。T_T

ジェニーは、バケットに並ぶ、長老馬2トップだそうで、
考えてみれば、彼女の騎乗(させた)回数に私は足もとにも及ばないわけで。
そりゃ言葉も理解できるようになりますね。

そして、レッスン45分の終わり頃には、自ら馬場中央に移動して、
「あんた、はよ、おりなはれ」(←なぜ関西弁?^^;)

楽しかったけど、言葉も時間も理解する馬の前に、どこか敗北感の漂う騎乗となりました。T_T

追記
12/30(月)は、キャンセル待ちが通り、今年最後の騎乗となる予定。
(馬場が凍らなければ。^^; うちのクラブは馬場凍結でレッスン中止)
(1/1~3まで、連続で午後に予約入れちゃってるんで、あまりあいだがあくわけではないんだけどね。^^;
コメント

乗り納めはまだ先

2013年12月26日 21時34分04秒 | 乗馬記録
クラブでの44鞍目。速歩班17鞍目。
年内にクラブでの50鞍は、達成できませんでしたね~。
(雨が降るとキャンセルしちゃう根性なしであるため。てへ)。

さて、本日のお相手は、パツキンの美女・栗金団(くりきんとん)ちゃん。
どっから発想してそういう名前になっちゃったのかは不明。^^;



栗ちゃんは、私がこのクラブで一番最初に乗ったお馬さん。
つまり、初心者でもオッケーのお馬さんゆえ、そりゃ軽くはありませんわね、と思いきや、
ふくらはぎでギュ~。踵でケリッ! 鞭をビシ~ッ! するとスッと速歩が出ます。
おや。思っていたよりは重くはないですね。うふふ(←一気にゴキゲンになる私)。

しかし、常歩は遅い~。すぐ前のお馬さんとあいだがあいちゃう。
そこで元気よく歩いてもらうために、ふくらはぎでキュッキュッと締めながら歩かせると…。
私のほうの踵が、だんだん上がって来ちゃったよ…。orz
私てばどうも、蹴ったり締めたりすると、鐙周辺がぐちゃぐちゃになるようです。涙

部班レッスンのほうは、速歩班に上がったばかりの人が多かったようで、
みんなして馬に内側に切れ込まれたり、馬間があいたりして、蹄跡なんぞはどこへやら。
手前を変えるどころではなくて、もうグッチャグチャでした。^^; 

さて、明日もレッスン。
年内のお仕事のほうは、本日で終了しましたが、明日、来週月曜と予約を入れております。
さて、どんなお馬さんが当たるのかな~(うちのクラブは馬の指名制度はないため)。
チョコでもブルーでもウミナリでもどんとこい。ジェニーなら楽勝だね。
クリール、ゴーヤは気むずかしそうでちょっとビビるけど(^^;)、
そして、アクアはまだ乗ったことがないけど、
どんなお馬さんに乗れるかが、とてもとても楽しみなのでありました。
コメント

平日会員でも祝日騎乗はOKです

2013年12月24日 01時42分24秒 | 乗馬記録
クラブでの43鞍目。速歩班16鞍目。
(ちなみに、他での乗馬経験を合わせるとジャスト50鞍目)

私はビンボー故、入会金の安い平日会員なのですが、祝日に限っては、平日会員も騎乗OK。
そのため、祝日は、正会員も平日会員も入り乱れてのレッスンとなります。

今まで「混んでる馬場はヤダよぉ」と、祝日は避けてまいりましたが、
初心者班では、平日レッスンは通常2名。速歩班は、平日部班で最大4頭、祝日でも4~5頭。
よく考えたら、速歩班は大して変わらんわい、と、初めて祝日にレッスンを予約してみました。
そしたらば、うぉ~、馬場には馬がいっぱいだぁ。
馬房外でこんなたくさんの馬たちを見るのはお初です。



にぎわってますね、わがクラブ。
かつて、「平日午後はガラガラにすいててもうすぐ××れる」というウワサもあったようですが、^^;
最近は、ガンガン会員数を増やしているようで、会員名を記したメンバーズボードが足りなくなって、
もっと大きなものに新調されることになったとか。喜ばしいことです。

まぁ、確かに、馬術を目指す人にとってはとてもいいクラブですもんね。
先生の顔はいいし(←これ、大事。^^;)、指導は親切丁寧だし。
いつ電話しても2コール以内で必ずフロントスタッフが出てくれるし(←とても大事)。
ただ、私にとっては、なかなかチャラっと駈歩をさせてくれない点が唯一の不満ですが。^^;
さらに、最近では予約が取りづらくなって、1日2鞍は夢のまた夢となりましたが。T_T
(↑これ、かなりキツイ。T_T)

そして、レッスンは、本日もイケメン先生&チョコちゃん。



チョコちゃんの見分け方は、顔にでっかい「?」印があること。
「あんたら初心者の扶助は、何をやりたいのかさっぱりわからん」という意味でしょうか?
いろんな初心者を乗せているうちに、頭の白斑となって出てきちゃったのかもしれません。
(↑ウソです。^^;)

そして、いざレッスンでも、先頭を走っているときは、私の扶助ではヨレヨレで、
馬の順番を変え、5頭中4頭目になったとたんに、前の馬についてスムーズに動き出し始めました。
あうう、チョコたん、わかりやすすぎ。下手クソな扶助ではヨレて反応ですかい?
先頭のお馬さんが動いていれば、妥協して動いてくれるわけですかい?
さすが、顔に「?」印を背負う漢(おとこ)の面目躍如ですな。

それでも、馬下世界(現実社会のこと)での出来事は、私にとってはつらいことばかり。
馬に乗っているときだけは、馬と一体になることに必死で、
下界のイヤなことなんかすべて吹き飛んでしまいます。
あ~、このタイミングで、逃避先があってよかったよぉよぉよぉ。

しかし、そのうちもっと乗馬が上手くなったら、馬上で考え事ができちゃう余裕も出てくるのかな~。
それはそれでステキだけど、一方で、馬に乗っても地に足ついちゃうって悲しいな~、と、
まだまだ先のことなのに、いつもいつも上達したときのことばが気がかりなワタクシでありました。
コメント

ウエスタン映画のNo.1は…

2013年12月23日 04時58分32秒 | 乗馬記録
馬に乗れない日が続きます。

そんなときは、馬関連の映画だなっ!ということで、
スターチャンネルで9月に特集していたウエスタン映画を撮りだめしていたので、
それをじっくり観ることにしました。

●荒野の用心棒
まずは、オーソドックスなあたりから。
おお、馬の体高が低い~。鐙に足をひっかけないで、ひょいっとまたがってるよ。
サラブレッドでは絶対無理なワザですね~。

●続・荒野の用心棒
続編かと思いきや、まったく違います。インチキ邦題の典型。
しかも、主人公は馬に乗ってな~い! 棺桶引きずって歩いてるよ~。T_T
馬を出せ、馬を! そして、主人公は馬に乗れ~。…と、欲求不満がつのります。

●大いなる西部
そこで、馬のシーンが満喫できるこの映画を再見。
新入りのグレゴリー・ペックを地元のカウボーイ達がからかうシーンでは、
ギャロップでの曲乗りがあり、おお~、と感動。
暴れ馬を手なずけようとするシーンでは、「馬の尻っぱねで落馬」のくり返し。
ふむふむ、もし、馬が暴れたら、こうやって落ちればいいんだな(←なんの参考じゃ?)^^;
やがて馬はあきらめて(尻っぱねに疲れて)、しっかり歩き出します。このシーンが一番好きです。
が、次の乗馬シーンでは、グレゴリー・ペックは違う馬に乗ってたりして、ちょっと残念。
「暴れ馬だけど、その人だけは乗せる」とかいう設定じゃないのね?

とまぁ、馬しか見てないので、いまいちストーリーは覚えていないのですが、
どの映画も、対立する2つのグループのあいだに主人公が現れて、なんかやらかす、
ってとこでしょうか。
うむむ、続けて観るとけっこう飽きますね。^^;

撮りだめしたウエスタン映画は、あと23本。お正月にはもう少し消化しようと思います。^^
コメント (2)

動体視力が低下中…(;д;)

2013年12月16日 12時34分01秒 | 乗馬記録
金曜日は、乗馬クラブに出かけようとした途中で、交通事故を起こしちゃいました。T_T
10:0で私のほうが悪いんですけどね…。そして、私は全くケガはないのですが、
相手は念のため病院に行くとかで、物損だか人身だかはまだ未定。あううう。大ショック!
動いているモンの距離感がイマイチ鈍いところが原因なのかも…。

そんなわけで、金曜はレッスンをキャンセルせざるを得ず…。ショボ~ン。

気を取り直して、木曜日に乗った速歩班42鞍目、速歩班15鞍目のことを書いておこうと思ったのだけど、
ううう、まったく覚えておりません。T_T どうやら事故のショックで記憶が飛んだようで。
(↑いやいや、単なるボケですわ。^^;)



え~と、馬はジェニーちゃんだったな(写真撮ったのでどうやら覚えている)。
イントラは誰だっけな~。イケメン先生かな?なにを注意されたんだっけな~。
(イケメン先生の場合は、だいたい手綱と前傾姿勢かな?^^;)

というわけで、ちょっぴり車に乗るのが怖くなっちゃったのですが、
落馬をしたら(まだ未経験)、すぐに馬に乗ってビビらないようにしようと
固く固く決意したのでありました。
コメント

イントラとの相性

2013年12月12日 02時03分14秒 | 乗馬記録
クラブでの41鞍目。速歩班14鞍目。

お相手は、チョコちゃん。



前日の雨で蹄跡がガッツリ水たまり状態になっており、
お馬さん達が嫌がって、内に切れたり、ソロ~ッと歩いて馬間が離れたり、
ラチギリギリの小高い場所を通るために乗ってるほうが足をすくめたりして、
みんなしてヘロヘロ状態。^^;

そして本日のイントラは×先生。
実は、私、×先生とはあんまり相性がよくないっつ~か、お言葉が心に響かないっつ~か、
どうも気持ちよく乗れません。

というのも、
しっかり前を向いたアゴを引く姿勢を意識して、
自分的には、「うん、できてる!」と思った瞬間に、「ハイ、前を見て~」。
ん? これ以上、どの前を向けと?
前の馬がボロをするため速度を落としたので、こちらもスローダウンして馬間をあけたら、
「はい、Kさん(←私のこと)、速度を一定に保って~」
ん? そうすると前の馬にくっついちゃいますけど、ちゃんと見てます?

どうもアドバイスをいただくタイミングが悪いもんで、いつも馬上で???ととまどいます。
もしかして、こっちの姿勢を見ずに、ただ基本姿勢を口にしてるだけ?
無視しちゃおうかな~(←こらこら。^^;)と、自分的な課題クリアに取り組むと、
マシンガン的に注意が飛んでくるもんで、どうにも、集中できません。^^;

ま、そんな日もあるさね。
得意な馬と苦手な馬がいるように、「私に」響くイントラと響かないイントラがいるということで。
それは、下界に降りたとき(一般社会のこと。^^;)の人間関係でも同じだし。
さらに、人間界でも、最初は苦手でもその後、親友になる人もいることだし。
きっと私がもっとうまくなったら、どこかの段階で響くようになるのでしょう。
と、今の気持ちをまとめてみました。^^;
コメント

馬がよすぎると上達しない?

2013年12月09日 22時29分19秒 | 乗馬記録
クラブでの40鞍目。速歩班13鞍目。

本日もまたまた天才&オートマチック馬ジェニーちゃん。



先生からのコメントは、「ジェニーはいうことないですね」
あ~、こらこら。馬じゃなくて、私にアドバイスをプリーズ。^^;

この先生からのアドバイスはいつもほぼ決まっていて、「手綱はもっと短く」と「前傾しない」。

ところが、手綱を短く持つと、どうしても体が前に行っちゃう。
背すじを伸ばすと手綱を引っぱっちゃうことになるもんで、
馬が嫌がって頭をブンブン振り始めるし…。さて、引っぱっていいものか…。

私にとっては、相反するように感じるこのアドバイス。
きっといつかは「そうか、こういうことか」とわかる日がくるのでしょう・・・。
そしたらもうちょっと上手くなるのかな~。
早くパカラッパカラッとやりたいよ~。という私の思いなんぞ全く意に関せず、
今日もジェニーちゃんはマイペースで(自分の?)レッスンを終えたのでした。orz

ところで、
ビギナーキャンターのレッスンを終えたおじさまに、
「気持ちよさそうでしたね~。うらやましいです。早く駈歩したいです~」と声をかけたら、
なんと、その方、初心者班1年速歩班3年で、ようやくビギナーキャンターまできたそうな。
・・・・ちっと遅くないかえ? と引きまくってたら、中年はみんなそうなんだそうで。(>_<)

・・・・もしかして、私がパカランパカランできるのは、還暦迎える頃かも~!
と驚愕したのでありました。泣いてやる~!
コメント (2)

パーフェクトなのは馬のほうでした。orz

2013年12月07日 06時13分47秒 | 乗馬記録
クラブでの39鞍目。速歩班12鞍目。

本日もオートマチック・ジェニーちゃん。



発進と蹄跡歩行はラクさせてもらえるのがわかってるので(←それじゃあダメだろう。^^;)、
自分的な課題は、
・ジェニーのペースが上がりすぎないように手綱をひかえる(?)こと。
・できることなら、先生の声ではなく、私の脚で発進させること。
の2点に絞ってみました。

あと、欲を言えば、
・前のめりにならない。
・手綱は馬のたてがみにふれるくらい下に。
・馬が集中してくれるようにこまめに脚を使って、指示通り動いたら緩める。
・鐙がバタつかないように同じ位置に。

あ、あれ? たくさん課題があるなぁ。(;д;)

こうして、毎回、自らの課題を持ってレッスンに臨むことが上達の早道と信じている私ですが、
いざ、レッスンが終わったあとの感想は、
以前先生が言っていた「手綱はココ!」で、ジェニーちゃんのペースが落ちたこと。
そうか、こうしてペースダウンするのね。ひとつわかると大変うれしい私。

そして、先生からは、「もう、できあがってますね~」のお言葉をいただきました。
はい、ジェニーちゃんが、ですね。わかってます。T_T

あとの課題は、どんなもんでしょうかね?
きっと、なかなか思い通りに言うことを聞いてくれないウミナリちゃんとか、
チョコちゃんに乗れば、わかるのでしょう。

ってことで、来週も週4回、予約を入れてしまった私でした。
(だ~か~ら~、仕事しろってば。>自分)
コメント

手前の合わせ方

2013年12月06日 07時23分03秒 | 乗馬記録
クラブでの38鞍目、速歩班11鞍目

お馬さんは、おっとりやさしくガンガン走るジェニーちゃん。
先生からの号令、「気をつけ~」でスッと頭を上げ、「速歩始め~」で勝手に走り出すため、
クラブ内では「オートマチック」と呼ばれています。あんたは宇多田ヒカルか?^^;

写真は、その宇多田ちゃん(?)



さて、4人部班でのレッスンは、珍しいことに男性が3人で女は私一人だけ。
本日のレッスンポイントは、「手前を意識すること」。
私は、乗馬をするきっかけになった人から、
「手前は大事。ゆくゆく苦労するから初心者のときからマスターしたほうがいい」といわれていたため、
初心者班のときからけっこう意識して乗ってました。

イントラさんからは、「4人中3人が手前があってませ~ん」
「この中で、Kさん(私のこと)が一番速歩班の経験が少ないのにできてます。
他の皆さんは、悔しいと思ってがんばってくださいね~」
わ~い、先輩達をさしおいてほめられちゃったよ~。
これも乗馬の先輩のおかげです。的確なアドバイス、ありがと~。

手前をあわせるには、馬の肩がムリッと盛り上がりそうなときに立ち上がればいいんだよね~。v(^o^)
それは、自分の太ももで感じることができる。それでも違和感があるときは、肩を見る。
ただ、馬の肩を感じようと、膝で馬体を締めつけちゃう悪い癖があったわけですが、
それは自分の課題として、これまた意識して乗っておりました。

だけど、肩を見た瞬間に、バランスがくずれたと判定して止まるウミナリくんに出会ってからは、
「下なんか見ちゃ行けませんゼ」と思い知らされて、
「見ない見ない、肩を感じる」をさらに意識した次第で。乗馬は難しいです。

だけど、ちょっとでも褒められるのはうれしいね。
地上ではいやなことが山盛り待っていても、昨日は、「馬上の幸福」を味わったのでした。
さて、今日もがんばるぞ~。(←だから仕事しろってば。>自分)。

PS
実は、マイ鞭なるものを購入したのですが、ジェニーにはま~~~ったく必要ありませんでした。orz
コメント