パカパカ乗馬日記

ビンボーだけど乗馬にトライ。果たしてどこまでうまくなるやら。いつまで金が続くやら…。

本当にビンボーなのに馬にはまりました

2014年03月27日 02時51分29秒 | 乗馬記録
私のブログのサブタイトルには、「ビンボーだけど乗馬にトライ」とあります。
乗馬クラブの知人から、「前々から思っていたのだけれど、Kさん(私のこと)は、
ビンボーなんかじゃありません」といわれました。んん? 

その人曰く、これだけひんぱんに馬に乗れているのだからビンボーなはずがありません、とのこと。
私が自分のことをビンボーだと思っているので、別にビンボーといっていいじゃないかと思ったのですが、
あまりにも強く言い張られたので、理解してほしくてつい去年の年収とアバウトな貯金額をカミングアウト。
すると、今度は意見が180度逆転して、
老後の貯金もまともにないなんて、私だったら将来が不安で馬なんか乗れません。
もし、私があなたの妹だったら、馬なんか乗らずに働け、と言うと思います」とのこと。

だから、最初から私はビンボーだっていったじゃないですかぁぁぁ。ウワァァ-----。゜(゜´Д`゜)゜。-----ン!!!!
そして、なぜ妹? なぜそんな微妙なポジション? なぜ、おかあさんじゃダメ? エヘ ^^;

私の仕事は、働きたくても一生懸命に営業しても、仕事がこないときもあるのです。
仕事をほっぽり出して馬に乗っているわけではないので、ご安心ください。
まぁ、まともに仕事がないのに馬に乗っている様子はハタから見れば心配でしょうが、^^;
仕事もぼちぼち入り始めましたし。夏くらいにはもうちょっとまとも?な収入に戻れるかも。\(^o^)/
(問題は、それがいつまで続くのか、ですが。T_T)

ただ、お金が入っても、馬をやめてまでして老後の貯蓄にまわす予定はナシ。^^;
老後のことを考えて、若くもない残り少ない人生を、仕事&貯金でガマンして過ごすよりも、
もう仕事は十分やってきたから、今のうちにできること・やりたいことをやっておきたい。
「長生きしても貯蓄があるから大丈夫」といって趣味のない人生を過ごすより、
「いつ死んでも大丈夫。楽しい人生でした」といいながら、私は老後を過ごしたいな~。

たまたま始めてしまった乗馬ですが、年取ってから始めるよりは、「やりたい!」と思ったときに、
少しでも早い時期に始めたほうが上達が早いのはクラブの先輩達が証明してくれております。

ご心配をおかけしてしまったようで、すみません。
でも、そんなに貯金なくたって人は死にはしません。なんとかなりますって。(←やっぱ最終的に楽天的?)^^;
まぁ、お金についての考え方や老後の人生設計は、人それぞれということでお許しくださいませ。

というわけで、昨日は、クラブでの80鞍め、速歩班53鞍め。
お相手は、またもやサンちゃんです。
たまたまなのか、前回の写真と無口までいっしょ。今回も写真流用でよかったか?^^;



さて、レッスンですが、「速歩のステップ3」になったからといって、別に内容が変わるわけではありません。
脚でぎゅ~むって馬体を締めつけて、動いたら立って座って立って座る。
肩の力を抜いて、拳は意識せず。そして、ガニ股に成らずに、踵を前方に向けて、と…。
やっぱり、まだまだ鐙が不安定な気がします。見えないだけに、この感覚をつかむの難しいなぁぁ。

ところで、この日、イントラ先生に早速、ご報告&ご質問。
「ようやく“3”に上がれました~。今度は“4”に向けてクリアすべき課題はなんですか?」
(先生きっと、マタカヨと思ったことでしょう。^^;)

そのお答は、一人ひとり違うとのこと。ハイ、そうですね。そんな予感はしてました。^^;
ただ、今度はもっとチェックポイントが細かくなるとのことで、数センチ単位で指導することもあるそうな。
う~む。体がついていけるでしょうか…。

そして、この日はお天気もよかったのでご近所の乗馬クラブまで足を伸ばして見学。
ついでに、ビジター騎乗を予約して来ちゃった。^^v
来週、ちょっと気分転換してこようと思っております。

最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くまみ)
2014-03-27 20:50:58
鼻のあたりの肉?皮?が
パイシートのようだわ さんちゃんかわゆし

>一人ひとり違うとのこと。
「わたしの場合はなんですか!」すかさず質問でつよ

コメントを投稿