パカパカ乗馬日記

ビンボーだけど乗馬にトライ。果たしてどこまでうまくなるやら。いつまで金が続くやら…。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

止まらない馬はいない!

2016年02月09日 23時49分36秒 | 乗馬記録
最近は、エイジくんにばっかり乗ってる私です。



エイジくんは、馬着も鞍も嫌い、腹帯なんか大嫌い、もちろん頭絡も嫌いです…。
裸のままでいたいボクちゃんのようですわ。
見てください、この顔。繋ぎ場でこれから馬装されるとわかると、
歯茎をむき出しにしたり、歯ぎしりしたりします。
ハンサム(顔はでかいけど)なんだから、もっとイケメンをキープしましょうね。

ってことで、エイジくんと今やっているレッスンは、
小さい方の馬場でウォームアップして速歩で巻き乗り。
しばらくしたら広い方の馬場で8の字の速歩の練習です。

ここんところのレッスンでは、
先日の、「エイジくん曲がらず!」のぐちゃぐちゃ8の字は克服しつつあって、
内方の拳をちょいと内側に倒す、ダメなら拳を倒したままヘソまで引く、
それでも曲がらないときはぐーっと胸まで引っぱる、
で素直に曲がるようになりました。ふふふ。勝ったね!?
(表現合ってるかな? 図解しようと思ったけど絵が描けず。T_T)
8の字も同じ大きさにするのはなかなか難しくて
なんだか雪だるまみたいな大小の輪になってるけど、だいたいできた。^^

それと、蹄跡を回るときも、広い馬場でも
「方向だけ」は、エイジくんを思った向きに動かせるようになりました。
ただ、駈歩がいつでも出せるというわけでなはくて、
「ここなら出してもいいよ」という場所があるようです。
あと、駈歩が出たあと、だんだん私が前傾してしまうようで、
四角い蹄跡の1辺分ぐらい駆け足したあとは、
「もういいでしょ? 満足した?」って感じで速歩に落ちちゃいます。
う~む。まだ広い馬場では、駈歩で輪乗りや巻き乗りしたり、
自在に方向変えたりってわけにはいかないようです。T_T
さらに。左手前に慣れてないもんで、左の駈歩ができないよぉぉぉ。

でも、ちょっとずついろんなことができるようになっている実感あり。
楽しいね~。今、レッスンがすごく楽しい。

あ、本日のブログのタイトルですが、J先生と雑談で出てきた言葉。
「みんな、馬が走っちゃうと落ちるタイミングを探すんだけど、
“絶対に落ちない”って気持ちが大切なんだよね。
止まらない馬はいないんだから、いつか止まるまで落ちないことが大切」
って。なるほどです。

確かに、先日の外乗では、「あ、落ちそう」と思った瞬間に、
落ちるタイミングを探してしまった私ですが、
今後はなんとしても馬にしがみついてでも落ちないようにしようと思ったのでした。
ちゃんとたてがみを握っていることがコツだそうで。とっさのときにできるかな~。
でも、J先生も言ってました。乗馬は格闘技、って。
だよねだよね。体では負けるけど、まずは心の強さが大切だと改めて思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蹄跡に逃げる馬を抑えたい

2016年02月02日 23時25分19秒 | 乗馬記録
先日の雪でしばらく乗れなかったのですが、本日は久々に乗ってきました。

お相手は、エイジくん。年末に惨敗した対戦相手?です。^^;



いつものジュリアさんは反抗期だそうで、ちょっと調子が悪いそう。
えええ! このままだとマジで肉になっちゃうじゃん!
と心配してたら、「ちょっと後ろ肢が調子悪そうだったので様子見」とのこと。
相変わらずからかわれてますね、私…。
ま、クラブには私以外にも「ジュリアしか乗らないもん!」と
反抗フェチジュリアファンの会員さんがいるので、大丈夫でしょう。

さて、右回りしかしてくれないジュリア以外に乗る場合は「手前を変えて」が入ります。
おおお~、ひっさびさの左手前。うれしいねぇ。私、左手前は得意なんだ。
というつけあがった気分はあっという間に打ち砕かれて、
左の巻き乗りで内方脚の膝が上がっちゃったよ。シクシク。

8の字では、輪乗りのフチが蹄跡に近づくとエイジくんてば、そのまま蹄跡に入りたがります。
「ここで曲がれ!」「イヤだい!ボクまっすぐ進みたいんだい!」としばしもみ合い、
ええい、手綱引っぱっても曲げちゃえ~!ってやったら、当然「手綱だけで動かしてはいけません」
という指導が入りますね。T_T でもでも、エイジくんが~(←いいわけ。^^;)



いい感じで曲がってくれないもんで、8の字がグチャグチャ。
もはや「2つの円の大きさが違います」ってレベルじゃなくて「円になってません」(;д;)

毎回、争いが勃発するのがちょうどクラブのミラーの真ん前なので、
これをエイジの「鏡の前の変」と名づけてみました。
結果は、3:7で私の負け。がっくし。
く~、くやしいよぉ。次こそ戦に勝利してやるんだぁ!
・・・だけどジュリアにも乗りたいじゃん! さて、次はどっちに乗りますかね~。
悩み多きお年頃なのでありました(一生悩んでそうだけど)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬は多分、日本語がわかってると思う

2016年01月18日 17時41分53秒 | 乗馬記録
今週も、3回乗ってきました。
仕事はぼちぼち増えつつあるので、今後もすき間をぬってこのペースで乗りたいけど…難しいかな?

さて、今週もやっぱり乗せてくれたのはジュリアちゃんです。



超眠そうですね。馬房からつなぎ馬に引かれてくるときももんのすごくゆっくりした歩みです。
会員さんみんなで「ドナドナド~ナ~♪」とのんびり歌ってる中、ようやく到着。
先生が「牛、連れてきました~」というもんで、みんなして爆笑しちゃいました。
牛だってもっと早く歩くと思うよ~。
ゆっくり歩いたって、どうせレッスンできっちり動かされるんだからあきらめればいいのに…。^^;

と思っていたのだけれど、今週のジュリアちゃんは全然動いてくれませんでした。
脚、ムチ入れてもダメ。超ゆっくりの常歩がちょっとだけ早くなるくらい。
先生に2回乗り変わってもらったけど(先生が乗ると動く)けど、いつもより遅い…。
私が乗ると速歩すら出ませんわ。やっと速歩でたか?と思っても、後ろ肢が常歩じゃん!(爆笑)
レッスンやりたくないんですかね? どうあってもサボりたいんですかね?

その日は結局手も足も出ず、で、レッスン修了…。orz そんなことが2回ほど続きました。

ちなみに、いつも私の前にジュリアでレッスンしている人はエイジくんに乗ったそうな。
お前さぁ、そんなにサボりたがってると、お役ご免になって肉にされちゃうよ~。
動ける限りは「楽しく、明るく」レッスン出てるほうが、お互いの幸せだよ~。
だもんで、レッスン後、ジュリアの耳元で「動かないと肉にされるぞ~、肉肉」とささやいてみました。
ささやかなる仕返しです。^^;

その翌日のレッスンでは、「ジュリアじゃない馬に乗りますか?」って聞かれたけど、
ダメです。誰かが乗らないとホントに肉になっちゃうじゃん。(;д;)
「いいえ、ジュリアに乗せてください」ってお願いしたら、その気持ちがジュリアに通じたのか、
その回のレッスンではほぼいつも通りの動きをしてくれました。
なんだ、日本語、しっかりわかってるじゃん。^^;

速歩での巻き乗り、輪乗り、半減却もどき(まだ半減却の域には達していないらしい)、立ち乗り、
そして、鐙上げ。あらま。何でもオッケーじゃん。
でも動きが完全に元通り、というわけではなかったので、怖くて駈歩は出せませんでした。
はい、イクジナシと呼んでください。
前回のブログで宣言した「心強く馬に乗る」ってのはなかなか難しいですね。
まぁ、ジワリジワリと強くなっていくようにしますわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「馬の思う壺」にはまらないために

2016年01月11日 23時20分13秒 | 乗馬記録
今年になって、3、5、7、8日と乗りに行ってきました。
今までサボってたのは何だったの?ってくらいのハイペースです。ブログ書いてるヒマがありません。^^;
というのも、今、レッスンが面白くて仕方がないんですわ。

輪乗りの開閉では、内方脚と外方脚の加減がなんとな~くわかってきました。
渦巻きみたいにグルグル小さくしてグルグル大きくできるようになりました。
(もちろん、ジュリアの気分によってはできないこともありますが。T_T)。
という自分の思ったとおりのコースでお馬さんを動かせることが楽しい。
速歩で立ち上がったまま、馬場が2~3周できるようになったのは、
バランスが少しずつ身についてきたみたいですごくうれしい。

そして、今、挑戦しているのが「ビビらないでしっかり持続して動かすこと」。
こりゃもう馬の問題でも私の体力の問題でもありません。私のハートの問題ですね。
これが大変難しい。(;д;)

どんなシーンでビビるかというと、
輪乗りの駈歩の途中で、ジュリアはときどきアタマをブンと振ります。うひゃ~、こわいよ~。
ムチを入れようもんなら駈歩の途中で尻っぱね。ぎゃ~、落ちる落ちる~。
ところが、ここでビビったことがバレるとジュリアってばつけあがることがわかりました。

まずは、輪乗りコースから外へヨレて、蹄跡へと逃げ、速歩どころか常歩でスタスタ。
ここで「あれ? どうしたのかな?」と悩んだりすると、さらにジュリアの思う壺。
蹄跡から決して内に入らず、つまり、輪乗りの駈歩をさせてくれません。
なんとか輪乗りコースに戻しても、1周ごとに蹄跡に逃げる、をくり返します。駈歩が持続できませ~ん!

今年は、乗り始めからずっとこんな調子(ちょっと落ち込みました)。
で、ようやく対策がわかりました。
輪乗りの駈歩でアタマをブンブンしようが尻っぱねしようが、ガンガン押す。^^;

どうやら、うまいこといかないときに「私の乗り方が悪いの?」とか考えるのがよくないようです。
うまく動かせなくてイジイジ考える。→扶助がおろそかになり馬が速歩や常歩or速歩に落ちる。→
「お?こいつをビビらせると楽できる」とジュリアにバレる。→ジュリアがいろんなビビリ技を繰り出す。→
私がビビリまくってますますしっかりした扶助が出せなくなる、の悪循環、ってことに気づきました。

反省とかしてる場合ではなくて、とにかく前に出す。尻っぱねしそうなら手綱を引っぱって首を曲げる。
そして、ジュリアが「あれ?おかしいな、ビビってないな?」とか考えてる(?)隙に、
輪乗りコースに戻して駈歩の合図を出す、ってのが大切なようです。
例によって、私にできるかどうかは別ですが。
そして、この方法が合ってるかどうかについては検証中なので、間違ってるかもしれませんが。
(乗馬って、もしかして自分の10倍も体重があるヤツとの格闘技なのか? 泣きそう)

ってことで、今のテーマは「どんなに怖くても笑顔でガンガン押すこと」ですっ。
あ、笑顔をキープってのは、顔が引きつってるとそれだけで負けてる気分になるため。
(あと、ジュリアだけじゃなくてギャラリーにもビビってるのがバレないようにするため。^^;)

ってことで、先日のレッスン後のジュリアたん。↓



「ほ~、私にビビってないと? なら、かかってくる?」と言いたげなポーズにカメラ目線でした。
やっぱ、私、負けてる? (;д;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

騎乗写真を撮ってもらいました

2016年01月03日 22時19分10秒 | 乗馬記録
まずは2015年の乗り納めにて。

いつものジュリアちゃんは別の人が乗っていたので、ものすごくひっさびさにエイジくんに騎乗。

エイジくんで広いほうで乗ったのだけれど、これがちっとも動かせない。(;д;)
最初のうちはなんとか馬場半分を使って速歩したり、巻き乗りできていたのだけれど、
だんだん私の扶助がイヤになっちゃったんでしょうかね。むむむ。言うこと聞かなくなっちゃった!
「ここで曲がれ!」って合図してもダメ。無視して逃げられてしまいます。
気を取り直して「駈歩!」って合図したのだけれどこれもダメ。

実はこの日、騎乗写真を一眼レフで撮影してもらったのだけれど、その写真がこれ。↓



さすが一眼レフ。写真がキレイですね。
一生懸命駈歩だそうと、外方脚を引いてるのに
ちっとも走ってくれないところがしっかりバッチリ写ってますね。orz

こうして、乗り納めに別の馬に浮気して乗ったばかりに、
まったくスカッとしない騎乗で1年を締めるはめになってしまったのでした。

ジュリアの気持ちはずいぶんわかるようになったし、「ここで逃げるからあらかじめ押さえて」とか
予測できるようになったのに(押さえられるかどうかは別。^^;)、
違う馬では同じ乗り方をしてるつもりでも、動かせないこともあるのね…。
だけど、ず~っとジュリアだけに乗っているわけにもいかないし、
今後はエイジくんも攻略していかなければならないわけで。はぁ~~。先は長いね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツーポイントにトライ!

2015年12月30日 23時14分22秒 | 乗馬記録
昨日も乗ってきましたジュリアたん。
お顔を見たら、ちょこっとケガしてました。馬房でどっかにぶつけたらしい。
気をつけてちょ~だいね。もうバ~サンなんだし、目のそばって危ないし。



さて、この日のレッスンは馬場も乾いていい感じ。
レッスン前半のジュリアの速歩は、常歩とほぼ区別が付かないくらいおっそくて、
軽速歩のリズムがとれません。(;д;) でも、巻き乗り、輪乗りにはつきあってくれます。
速歩での輪乗りの開閉もノッソリモッソリ超遅いけど、一応図形は描けてる。

立ち乗りを混ぜて背中の負担を軽減してあげると、ちょっとスピードアップしてくれるような。
ジュリアちゃんてば、オートマ車みたいにアクセル踏めばギュンと走ってくれるわけではなくて、
マニュアル車みたいにロー→セカンド→サードってゆっくりゆっくり上げないとダメみたいだわ。
なので、ときどき速歩の立ち乗りを混ぜてみます。
レッスン中盤くらいになると、ようやく4速になる感じ。
もはや軽速歩より立ち乗りのほうが得意な私になっちゃいました。^^;

そこそこスピードが出るようになったら、常歩に落として駈歩発進。
このクラブでは外方脚ではなくて内方脚で合図して発進します。
両足で蹴ってはダメ。私は駈歩が出ないと両足でドコドコやってましたが、NGだそうです。
そして、駈歩が出たところで鐙に立ってみました。いわゆるツーポイントってやつです。
1回目は半周近く走ったところで、立ってることがバレたようで?速歩に落とされました。
で、2回目からは、立ち上がるたびに「あんた、今、立ったでしょっ!?」って感じで速歩になります。
ん~。お前にはツーポイントはまだ早い!ってことでしょうか? 立つとバレちゃうんですよね。
先生は「行ける行ける!続けて~!」って言ってくれたんですけどね。
ジュリアさんの許可がもらえません。きびしいのぉ。T_T

てことで、この日はツーポイントの練習でヘトヘトになっちゃったのでした。
普通の駈歩よりツーポイントのほうがしんどいのかな? レッスン後はアタマ真っ白でした。

今年は大晦日にもう1鞍乗る予定です。なのでまた、ツーポイントにトライしてみます。
だめなら来年の課題だわ~。ま、来年の課題は山盛りなんですけどね…。
ツーポイントに半減却、8の字、シンプルチェンジ、前肢旋回、肩を内へ、くらいはマスターしたいわー。
そしてそして、3歩様の精度を高めていくこと! たくさん乗るしかないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンパスで描いたような輪乗りをする

2015年12月25日 22時47分29秒 | 乗馬記録
クリスマスイブもクリスマス当日も馬に乗ってます。
最近は夢でもジュリアたんが出てくるようになりました(もちろんインストラクターの先生付き)。
先生から「ムチ!ムチ! 蹴って蹴って!」っていわれて「はいっ!」と元気よく乗ってる夢なんだけど、
よくよく考えたら、馬場でなら違和感ないけど、セリフがヘンタイだよねぇ(笑)。
目覚めてから一人で爆笑しちゃいました(←それはそれでさびしいクリスマスだわ。T_T)。

↓写真は、さびしいおばちゃんを乗せてイブもクリスマスもがんばった女子・ジュリアたん。^^;



今日は風が強かったけれど、なんとか無事に騎乗。
速歩の巻き乗りも坐骨を意識するとなんとか巻き巻きしてくれます。
速歩の輪乗りの開閉も「今閉じてるか開いているところか」が
はた目から見てもわかってもらえるようになりました。^^;
立ち乗りもバランスをくずさず馬場2~3周はなんとかいけるようになりました。
駈歩の巻き乗りもなんとかできました。やっぱ外方脚がポイントのようです。
全体にいい調子です。やっぱり週3回通ってよかったなぁ。

でも、本日は
・速歩の途中に常歩を2~3歩入れる
・4隅の巻き乗りはできなかった、というか、やらなかった。そこまでやる時間がなかった。^^;

ところで本日は、「今日が乗り納めかもしれない」という会員さんとおしゃべり。
来年の目標は何にする? という話題が出たときに、私はすかさず「フライングチェンジ!」
といったらば、クラブハウス全員で爆笑されました。
そうか、そんなに難しい技なのか…。つけあがりすぎでした。テヘ。

「となると、来年は何をテーマにしようかなぁ?」と悩んでいたら、
乗馬歴ン十年の先輩がアドバイスしてくれました(以前、坐骨の大切さを教えてくれた人)。
「輪乗り一つをとっても、ただグルグル回るのはすぐできるけれど、
コンパスで描いたような正確な円を描くことってとても難しいのよ」
「巻き乗りも、入ったところにきちんと戻るのは難しいし、くり返し同じ円を描くのも難しい」
そうか。今「一応できた」とかいっている技も、
ベテランから見ればまだまだ全然、入り口に達しただけ、ということね…。

その人曰く、
昔、フィギュアスケートには「コンパルソリ」という基本姿勢と軌跡の正確さを競う種目があったけれど、
馬術も同様に、基本技術の精度を上げることがとても大切で、基本ができれば、
フライングチェンジもパッサージュも横歩きも自然とできるようになるとのこと。
う~ん。深いです。

ってことで、来年も引き続き、三歩様の精度アップに励みたいと思います。
(あ、私はまだ乗り納めじゃないです。年内、あと1回は行きます。^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近、なんだかいい調子

2015年12月24日 21時31分17秒 | 乗馬記録
週2~3回は馬に乗るようになって約2ヵ月。
前の乗馬クラブでは1日2鞍乗ったりしていたけれど、今は体力がめっきり落ちたのか、
1鞍乗ればヘトヘトになります。2鞍なんて夢のまた夢だなぁ。

と思っていると、厩舎からジュリアたん登場。午後だというのに本日は私が1鞍目だそうで、
繋ぎ場までのジュリアたんはモッサリノッソリ。カメよりゆっくりした歩みです。
「働きたくないよ~、馬場に向かいたくないよ~」ってところでしょうか。^^;

↓本日のジュリアたんのお顔。
写真ではわかりにくいですが、やる気がなさ過ぎで目がイッちゃってます。
もしも~し、起きてますか~~~? こいつのやる気を引き出すために
出だしの10分間で体力の半分以上を使い果たすので、2鞍が無理なのかもしんない…。
乗り始めは動かないし(文字通り)、むしろバックするし、脚と鞭入れると跳ねようとするし。(;д;)
いつかは乗り始めからスカッと動かしてみたいもんです。



ところで、毎回同じ馬に乗っていると、
「今日はまったくダメダメでした~!」という日もまだまだ多いけど、
「あれ? もしかしてこうやって乗るのかな?」といったコツがつかめた気になる日もあります。
さらに。一度できたからといって、次回できるとは限らないことにも気がつきました。面白いですね。

てなわけで、最近の騎乗で気づいたことを書いておきます(すぐ忘れるもんで…。^^;)。

■右回りの巻き乗りをするとき
1)腰を入れる。→2)右の坐骨を意識して(坐骨を前に出しつつ体重を乗せる感じ?)
左手綱は動かさず(前に出さず)、右脚を馬体にピッタリつける。
このとき、右脚が前に流れないように注意(足が前に出る癖があるようです)。
と、すいーっと回ってくれるようになりました。常歩に落ちるときは外方脚でキック。

■輪乗りの開閉は外方脚がキモ
私には苦手な「輪乗りの開閉」(右回り)。
基本は、左手綱を動かさず、右脚を馬体につけて圧迫。
体は馬の左耳に向け(円の中央に背中を向けるイメージ)、顔は円の中央と進行方向を交互に見る。
私は円の大きさをコントロールできず、大きい円と小さい円しか描けなかったのですが、
円の大きさをコントロールしたいときは、外方脚を押し込んだりゆるめたりする。
「円を大きくするときは内方脚で押し出す」というのはまだなかなかうまくいかなくて、
思ったよりも円が大きくなってしまうので、内方脚はそーっとそーっと押す。

■立ち乗りを混ぜて足首を軟らかく
別に障害にチャレンジする気はないんですが、速歩の立ち乗りをすると調子がいいみたいです。
足首を軟らかくしないと乗れないので、その後の正反撞とかで足首が軟らかくキープできるみたいです。
背中がドンドンしないせいか、ジュリアの前進気勢もわき起こるようです(ほんとか?)
膝に体重を乗せず、しっかり踵に乗せること。ちょっと前かがみの姿勢。
バランスをくずしそうなときは、手綱に頼ったり上体を動かしたりせずに腹筋と背筋でがんばる。

でも、
■正反撞で、1周ごとに2~3歩の常歩を混ぜる
■駈歩で輪乗りの開閉と巻き乗り
は、まだできません。T_T 
駈歩での輪乗りの巻き乗りも外方脚がキモかなぁ? 今度試してみようと思います。

2~3歩の常歩を混ぜるのは、もしかして「半減脚」ってやつの練習かなぁ?
これは私には難しくて、まったくイメージがつかめません。タイミングもさっぱりわからない…。
先々の課題にしたいと思います(って、勝手に先送りにしてゴメンね、先生…。^^;)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人馬共に気が済むまで「物見」

2015年12月15日 21時05分32秒 | 乗馬記録
本日も馬に乗ってきました。
もちろん、お相手はジュリアちゃんです。



先日の雨でまたもや馬場の一部は田んぼみたいにグチャグチャですが、
それでもがんばって動かせるようにならなければなりませぬ。

この日のレッスン内容は、いつも通り。
常歩の巻き乗り→速歩の巻き乗り→速歩の輪乗りの開閉→駈歩の輪乗り→まではだいたい順調に来て、
駈歩の巻き乗り…ってところでつまづきます。
駆け足しながら先生の「まきの~り!」の号令でなぜかジュリアたん、ストップ。orz。
違います。止まれじゃありません。駈歩のまま巻き乗りです。お願いしますっ!

でも、巻き乗りを無視して駈歩で駆け抜けるか、巻き乗りが速歩に落ちちゃうんだよねぇ。
どうしてだろ? 私の体が開いてる? 巻き乗りに入る前に抑えが効いてない? う~~~む?
巻き乗りを失敗したままにしてはいけないということで、がんばって曲げようとするのですが、
鞭脚使うと、ジュリアちゃん、すかさず尻っぱねの準備。ひ~。怖いよ~。
「おまえの扶助がわからんのよー!」ってところでしょうか?

ただ、ちょっと気づいたことがあります。馬体が曲がっているときは尻っぱねしにくいようです。
「ふふふ。どうだ? 跳ねらんないでしょ?」と勝ち誇ったら、横にスイッと逃げられました。
先日の落馬がアタマをよぎります。駈歩でキュッと曲がられると、私、対応できないかもしんない…。
とりあえずは落馬はしませんでしたが、でも駈歩の輪乗りもできなかった。悔しいなぁ。
いつかは駈歩の巻き乗りをマスターするぞー(←いつになるかは不明)。

そして、毎回、レッスン最後の10分くらいは「自分で考えて好きに乗る」時間なのですが、
この日も速歩で鐙に立ち上がる練習をしてみました。
ちょっとずつ進歩しているようで、鞍にお尻をつけないで馬場2周くらいはできるようになりました。
少し前傾するのがコツみたい。それと拳が上がらないように馬の背中につけておくとうまく立てます。
この「立ち乗り」の練習をしてから正反撞をすると、鐙が軟らかく踏めるようになります。
速歩の反動を踵で吸収できるようになるからかな? 鐙が深くなりません。
どうやらこの立ち乗りは、「ツーポイントの駈歩のための準備練習」ということ以外にも
いろいろメリットがありそうです。

ところで、本日、馬場のすぐ隣の工場の敷地で工場の3人が打ち合わせしてました。
馬場のお馬さん(ジュリアとは別の馬)も、彼らのド派手な安全ベストが気になったようで、
ラチから鼻先を突き出すようにして3人組のお話に聞き入ってを見つめてました。
もちろん馬上には人間を乗せたまま。まるで4人と1匹で話し合いをしてるみたいな構図でした。^^;
あまりにも馬にガン見されて気まずくなったのか、その後、人間のほうが別の場所に移動してましたが。

あとでその馬に乗っていた人に聞いたところ、馬が気になっているときには無理に動かすことはせず、
馬が「怖くないんだ、大丈夫なんだ」って納得するまで見せてあげることにしてるそうです。
なるほど~。いろいろ勉強になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目指せ! ツーポイント

2015年12月09日 22時20分52秒 | 乗馬記録
本日も馬に乗ってきました。ああ、もう仕事がすっかりヒマ。
馬にばっかり乗ってて、この先、暮らしていけるんでしょうか…。
でも、私の仕事は、忙しいときには息するヒマもなくなるくらい忙しくなるもんで、
ビンボーなんてなんのその! 馬には乗れるうちに乗っておこうっと。^^←根が楽天家。

んで、本日もお相手はジュリアちゃん。こんなにジュリアばっかり乗ってると
かわいくて仕方なくなってきちゃったよ。
最初は反抗ばっかりして「かわいくねー!(`×´) プンプン!!」とか思ってたのにね。

ってことで、ジュリアの写真もネタ切れ気味です。
1枚目は、馬着をまとっちゃジュリア姫。↓



2枚目は、本日も丸馬場でゴロンゴロンするジュリアちゃん。↓



最近、レッスンが終わるタイミングにちょうど丸馬場があいていて、
ジュリアのゴロンゴロンの確率が上がってきてますね。
これでキッツイ性格も穏やかになってくれるとうれしいんですけどね…。

さて、本日のレッスンは、全体的にだいたいうまくいきました。
1)常歩でウォームアップついでに巻き乗り
2)速歩で巻き乗り
3)速歩で輪乗りの開閉
4)正反撞で、1周ごとに2~3歩の常歩を混ぜる
5)輪乗りの駈歩
6)駈歩で輪乗りの開閉
ってあたりはいつも通り。
このうち、4)の減速して常歩にしてすぐ速歩、ってのがなかなかうまくいかないわ。
べったり常歩に落ちちゃって10歩くらい歩かれちゃうか、減速するけど速歩のまま。
う~む。継続してテーマにしますわ。

あと、現在、勝手に練習しているのが速歩での立ち乗り。
いつか駈歩のツーポイントができるように、ただ今速歩で立ち乗りの練習中。
立ったまま馬場を2周できるようになるのが目標です!
が、実際には扶助が足りないようで途中でジュリアが常歩に落ちるのが目下の悩み。
まぁ、速歩を続けられたとしても途中でストンと座っちゃうんですけどね。
あとは、ついつい膝で馬体を抱えてバランス取っちゃってますね。ズルはいけませんぜ。

ということで、課題は尽きませんが、今日の乗馬も大変楽しいものでありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加