護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07年5月28日・全日空でシステム障害

2007年05月28日 18時04分05秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07年5月28日・全日空でシステム障害

 全日空でシステム障害があり,欠航や遅れが130便もあり7万人近い方が迷惑を被ったそうだ。
 コンピューターは便利だが不自由なものだ。でも考えてみると家の中を見回すと、何となしに使っているものに色々な機能が組み込まれているものばかり、それらもコンピューターシステムの部類に入るのだろうか。
    
 考えてみるとこの社会では、色々な所でシステム障害を起こしている。人間の作るものに完全なものはない。そしてシステムを作るのは人間だ、そのシステムがおかしくなったのが全日空で人間のミスなのだ。
 コンピューターが正常に作動していても、使うものは人間なので、そのミスが顕著に現れているのが社保庁の大金の支払先不明で人間の入力ミスである。
 考えると、事故もシステム障害も人間がおこしたことになる。

 私も過去5台のPCを変えたりソフトのバージョンアップをしたが、今のPCになり共有など今まで使ったことのないことをすると、違った障害がでてくるので何とか自分の思うように動いてくれるようになるのには二年もかかった。
 そして使うソフトに完全なものがないことも勉強させてもらった。

 人間あまり機械に頼っていると、機械が御主人様になるか、体は衰え頭だけでっかい人間になるのかも分からないと勝手に思っている

コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
«  07年5月28日・月曜日 明る... | トップ | 07年5月29日・火曜日 書き込... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Niphonese)
2007-05-28 21:44:56
>>使うソフトに完全なものがないことも勉強させてもらった。

これは私が現在の32ビット機をいじり始めたとき,コンピューターの先生ともいうべき方からよく聞かされた話です。

私は小~中学生時代に8ビット機をいじった経験のある世代なんですが(パソコンがまだ"マイコン"と呼ばれていた時代),あの頃はソフトウェアがホントにまだ手作りだった時代でした。確かに今の高度化したコンピューター技術からすれば"コンピューターは無謬"という錯覚を抱いてしまうのも無理ないかな……とか思ったりします。

無謬性の神話が最も公然とまかり通っているのが国家でしょう。国家権力の行使は,コンピューターの情報処理以上に人間くさい仕事ですので,誤りがあったときにフィードバックのできる仕組みが必要だと思います。
パソコンと政治 (石頭の息子)
2007-05-28 23:26:10
Niphoneseさん、

思わずなるほどとおもいました。

政治も国家も今のパソコン状態なんですね。

便利で何でも出来るようで、ボタン一つ間違えるとトンでもないことになる。

ちゃんと手順どうりキーを叩いても動かない、だけど原因不明、手の打ちようがない。

なぜか、社保庁のことみたいでもありますね、信用できない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

自衛隊の目的外使用? (津久井進の弁護士ノート)
「自衛隊は,日本国民に銃口を向けるのか!」ということで,大きな問題になっている沖縄の辺野古問題ですが,どういうわけか,あまり大きく報道されません。  とっても大問題だと思うのですがね。  とにかく,まずは
かぼちゃとクラスター爆弾 (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
かぼちゃは、その黄色から連想してヤップ語でパウ(P'aaw)=バナナのこと=という。そのままではバナナと紛らわしいから、パウ 二 ガルバス(P'aaw ni galbaas)とか、パウ 二 ガママン(P'aaw ni gamanmaan)とかいう。いずれも、瓜のバナナとか、這い回るバナナと...
差し戻し審始まる 光母子殺害 (政治)
また言います。 「本村さんの為にも差し戻しの高裁判決では死刑がでないよう祈りたい。これだけ悲しい目にあっているのに死刑という殺人の一端を担ってその罪を背負って頂きたくはないのです。人を殺すという事はそれほど重いことで、その人がどのような人であろうともそ...
裁判員制度は何を実現するためのものなのか~陪審の無条件忌避の起源を考える (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 裁判員に対する無条件忌避の問題について昨日取り上げたが、少々、興奮したまま書いており、少し筆が滑っているところもあるので、一部訂正しつつ、しかし、日本で採用する場合、やはり、警察を信用できるのか、死刑を容認するのかという質問を避けるべきだという理由に...
サイバー生活の落とし穴 (Saudadeな日々)
今の暮らしって、技術がちょいとばかし過信されてませんか。 ネット犯罪ばっかり話題をさらってるけれど、ハードウェア自体にも危険は潜んでる。 所詮はただの機械。ヒトが作ってヒトが使うんだもの。ミスもあれば故意もある。 あちこちに、今までは想像もしてなかった落...