護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土曜日 04/30・各社社説

2011年04月30日 13時55分40秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
11月30日 土曜日 04/30・各社社説

今日は各社社説に同じ項目はなかった。
その中で東京新聞の社説「国難乗り越える政権は 大震災と菅内閣」
は民主、自民の二大政党対決となった三都道県知事選は全敗。同じく二大政党対決の十市区長選でも三勝七敗と大きく負け越した。

結局は 「当面は菅首相の下に結束して国難を乗り越えるべきか、首相を交代させて新体制で臨むべきか。この五年間、毎年首相が交代していることを考え合わせると、判断は実に悩ましい。菅氏よりましな首相候補も容易には見当たらない。」
と云う結果に成ったようだが、私も東京新聞と同じ考えの様なきがしてならない。



朝日新聞(社説)
その1
被災地の漁業―再生に知恵をしぼろう(全文はここからお入り下さい)

海の幸に恵まれた東北の沿岸部が大津波に襲われ、1万7千隻を超える漁船が被災した。
 岩手、宮城、福島3県にある263の漁港のほとんどが壊滅状態となり、養殖施設や水産加工場も大きな被害を受けた。
 被災地の経済を立て直すためにも、基幹産業である漁業の再生を急がなければならない。
 宮城県の村井嘉浩知事は政府の復興構想会議で、漁船や養殖施設などを国費で整備するよう求め、漁獲から加工まで水産関連産業の一時国有化も提案した。再起の道筋がそれほど険しいということに違いない。

その2
北朝鮮―熱意がなにも見えない
北朝鮮が、韓国との首脳会談や米国などとの協議を提案するのは、もちろん悪いことではない。だが既視感が強くて、新鮮な驚きもなければ、そもそも、熱意が全く伝わってこない。
 大方の受け止め方ではなかろうか。訪朝したカーター元米大統領が持ち帰った金正日総書記のメッセージのことである。
 カーター氏といえば、1994年の北朝鮮の最初の核危機で平壌に乗り込んだ。当時の金日成主席と会談し、危機回避につながる米朝枠組み合意への道筋をつけたほか、初の南北首脳会談開催の提案を引き出した。



読売新聞(社説)
東北新幹線復旧 余震警戒し安全運行に徹せよ(全文はここからお入り下さい)

震災で被害を受けた東北新幹線が29日、1か月半ぶりに全線で運転を再開した。
 首都圏と東北の主要都市を結ぶ大動脈の復活である。
 ビジネスや観光で人の流れが元に戻り、経済復興が本格化するきっかけになると期待したい。
 東北新幹線は、地震でレールや架線など1200か所が破損し全面運休した。震災前の3月5日にデビューした新車両「はやぶさ」は、1週間で出番を失った。

英王子の結婚 愛される王室復活の一歩に(全文はここからお入り下さい)

 英国のウィリアム王子とキャサリン(愛称ケイト)・ミドルトンさんの結婚式が、ロンドンのウェストミンスター寺院で行われた。
 新郎は、かつて大勢の人を虜(とりこ)にした故ダイアナ妃とチャールズ皇太子の長男で、父に次ぐ英王位継承者である。
 将来の英国王が一般家庭出身の女性と結婚するのは約350年ぶりで、挙式の模様は世界中で中継され、推計20億人が見守った。
 英王室が依然として、人々の強い関心の的であることを示したと言える。米アカデミー賞を受賞した映画「英国王のスピーチ」も、注目に一役買ったのだろう。



毎日新聞(社説)
原発事故調査委 国際的視野で設置急げ(全文はここからお入り下さい)

これまでは目の前の事故収拾に全力を投じることが至上命令だった。今もそれが最重要課題であることに変わりはない。
 しかし、東京電力福島第1原発で続く事故の重大性を考えれば、検証も急がねばならない。政府は5月中旬にも事故調査委員会を設置する意向だが、なるべく早く検証作業に着手する必要がある。

視点・震災後 ボランティアへ行こう(全文はここからお入り下さい)

「当方50代後半の男性、ボランティアの経験はないが、肉体労働は可能。被災地の復旧、復興に向け何らかのお手伝いができませんか。それとも現場の邪魔になるだけでしょうか」
 辻元清美・災害ボランティア担当首相補佐官に聞くと、次のような回答が返ってきた。
 仕事はまだまだある。津波によって泥をかぶった住宅や街路の泥出しと、避難所の炊き出し。そして、子どもたちへの本の読み聞かせ、障害者のケア……。



産経新聞(社説)
日韓図書協定 片務的な対応は禍根残す(全文はここからお入り下さい)

朝鮮半島由来の朝鮮王室儀軌(ぎき)など1205冊の図書を引き渡す日韓図書協定が衆院本会議で、与党と公明党などの賛成多数により可決し、参院に送付された。
 この協定は、昨年8月の日韓併合100年に合わせた菅直人首相談話に基づく措置とされる。しかし、日韓基本条約(昭和40年)で解決済みの問題を蒸し返すことになり、際限のない補償に道を開く危険性をはらむ。
 日韓基本条約は、韓国に対する日本の戦後処理の枠組みを決めたものである。付属文書で、日本は無償供与3億ドル、政府借款(有償)2億ドルの計5億ドルの経済協力を約束し、双方の請求権が「完全かつ最終的に解決された」と明記されている。

社会保障改革 自助自立で実現可能案を(全文はここからお入り下さい)

東日本大震災で中断していた政府・与党の「社会保障改革に関する集中検討会議」が再開した。菅直人首相は当初の予定通り、社会保障と税の一体改革案を6月にまとめる考えを示した。
 少子高齢化が急速に進む状況は震災前と変わらない。社会保障費は毎年1兆円超のペースで膨らみ、現役世代の負担は限界に達しつつある。いずれにしても、社会保障改革の先送りは許されない。復興と並行して進めるべきだ。



日経新聞(社説)
成長と連帯の旗を高く掲成長と連帯の旗を高く掲げよう(全文はここからお入り下さい)

3月11日の東日本大震災で、日本の風景はがらりとかわった。戦後、われわれの祖父母や父母たちが営々として築きあげてきたものが、あっという間にこわされた。なおつづくフクシマへの対応で、日本の安全神話もあっけなく消しとんだ。
 いまを生きるわれわれにとって、3.11は戦前と戦後をわける8.15に相当する歴史的な転換点だ。現在を「ポスト戦後」ととらえ、新しい日本を創るきっかけにすることが求められているのではないだろうか。日本創生への道筋を考えてみたい。

オールジャパンで再生
公助だけには頼れない




東京新聞(社説
国難乗り越える政権は 大震災と菅内閣(全文はここからお入り下さい)

統一地方選の民主党敗北を機に菅直人首相の進退問題が再燃している。政権与党の内紛にはうんざりだが、信頼なき指導者の下に結束するのも難しい。
 先に行われた統一地方選は、政権与党として初めて臨んだ民主党にとって厳しい結果となった。
 民主、自民の二大政党対決となった三都道県知事選は全敗。同じく二大政党対決の十市区長選でも三勝七敗と大きく負け越した。
 政権交代の勢いで統一地方選にも勝利し、自民党に比べて弱さが指摘されてきた地方組織を固め、政権基盤を強化する-。そんなもくろみは、もろくも崩れ去った

◆震災前に青息吐息
◆指導力発揮見えず
◆与野党に重い責任



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 金曜日 04/29・各社社説 | トップ | 日曜日 05/01・各社社説 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
no will (noga)
2011-04-30 17:10:29
日本人には意思がない。
だから、意思決定ができない。
神の意思による災害は天災、人の意思によるものは人災。
意思という概念がなければ、天災と人災の区別も定かではない。
人の行動を納得できるものに改めることも容易ではない。

指導力は、指導者の社会意思の決定力である。
意思そのものがなければ、社会問題は解決を見ない。
問題の解決は、先送りと積み残しに終始する。
なりゆき任せになる。
「そのうち、何とかなるだろう」ということになる。

未来の内容が定かに考えられないと、想定外のことばかりが起こる。
目の前に事態が現われてからでは、その対策は後手後手に回る。
未来のことは、未来時制の構文の中で述べられる。
日本語には、時制がなく、未来時制もない。
だから、その計画も行き当たりばったりになる。

日本人は、拙速主義である。場当たり的なトントン葺きの家づくりが得意である。
大ブタさんのわらの家をつくる。
災害に強い小ブタさんの煉瓦の家は作らない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

   移り変わり (イシャジャの呟き)
 誕生日の花 ボタン 花言葉 風格   {/くも/}   {/雨/} <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1304173187.jpg" target="_blank"></a> <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1304173168.jpg" target="_blank"></a>        ソメイ...
4/30: 「海の汚染水」調査、米軍…データは政府に提供、一般公開!?監視しよう (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申請...
 普天間移設、「V字」型で日米合意へ (政治)
何を混乱にまぎれて決めているのでしょうか。 この震災で自衛隊や米軍は改めて不必要と分かったと思います。 もしこれらの方々が人を救うことだけを専門に訓練されていたら もっと多くの人が救えたはずです。 今回の震災で人を救うこと助けること、そして、みんなで何か....