護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

 07年4月17日・火曜日  新聞が面白い最低投票率「必要」8割  最低投票率「必要」79%

2007年04月17日 13時54分28秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
 07年4月17日・火曜日
    
 新聞が面白い。ご存じ拙宅は朝日新聞の関西版だ。
 そして毎日早朝からTBSのアサズバを見て情報を得のが日課だが、情報は活字より電波の方が早い。最近のニュースショーは床の番組でも新聞紙面の紹介しているが、朝日のトップ記事を見て?と感じた。
 テレビから取り込んだ関東版は不鮮明だが、見て分かるように
関東版では、最低投票率「必要」8割
     今国会成立、賛否二分
とある。一方
関西紙は、最低投票率「必要」79%
     本社世論調査・内閣支持40%
出た情報は同じ社だから出所は同じと思うが、編集者により趣の違ったものになると一人で納得していたが,やはり世論も投票率を気にしていることが分かる。これを見て与党がどのような対応をしてくるか。
    
 それを占う様に参議院ではチョッパナから一揉めしている。
自民党憲法調査会長・保岡興治議員が参議院の本会議で、映像で御覧になるような暴言を発したのだ。
 これはどう見ても、「参議院議員は刺身のつまの様なものだから適当に審議しても良いですよ」
と言っているのと同じだから、与党の参議院議員も怒ってもよさそうなのだがそうでもなさそうだ。

 自民党の議員が同じ議院でも参議院を見下している。と言う事は、彼等は国民を蠅か蚊の様にしか見ていないということだ。次回の選挙で鹿児島1区の選挙民がこの議員を当選させたとすれば、西郷さんが嘆くのではないか。

 私たちが絶対反対しても民主党も改憲派のようだからこの法案は成立するかも分からない。だから参議院では投票率や参否率についても、参議院では腰を据えて審議してほしいものだ。

 憲法を変える国民投票はよく考えると90%くらいの投票率ないと成立したとは言えない。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 07年4月16日・月曜日  今日... | トップ | 07年4月17日・ 二部  銃社... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問」カテゴリの最新記事