護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガソリン値下げが確定的の様だ。

2008年03月29日 20時32分47秒 | 政治・社会
ガソリン値下げが確定的の様だ。 

 現在、不況感を感じている所は、町の片隅で静かに生きている中小企業に零細企業に庶民だ。

 テレビの番組に出ている自民党議院は、混乱が生じ国民が困ると事務方から聞いた事を真しやかに喋っている。

 どうなんだろう。町村官房長官は「一刻も早く租税特別措置法改正案を否決でも可決でもして頂いた上で、また25円上げさせて頂く」と言う事は又自民党が衆議院で強行突破する気構えなのだろう。

 私は、ガソリン税が値下げした後の庶民の反応が見てみたい。その反応次第では自民党は衆議院で強行突破は出来なくなるだろう。

 自民党は道路特定財源でなければ道路は造れないと言う。
 私が不思議に思うのは、道路特定財源は税金で国民から集めたお金なのだ。そのお金で創った道路を通行するのに通行料を取るという事は、国家は国民に二重に負担をかけている事だ。だから特定財源で創った道路も一般道路と同じく無料にするのが当たりまえなのではないか。

 道路特定財源を一般会計にして透明度を高め道路族や官僚の思惑どうりの道路をでなく、本当に必要な道路だけ創れないのだろうか。
 
 日本の会計検査院や公認会計士達は政治と同じく腐敗を感じる。だからどこか外国の専門家に道路会計を監査して欲しいものだ、恐らく現在の3分の2か2分の1の予算で道路が出来るのではないか。

 兔に角、単年度方式の日本の国家予算方式が、無駄遣いの温床になっているのは間違いない。


 話は脱線するが、今日スーパーに行くと、お酒が値上がりすると云うので、まとめ買いをしている方が結構居られた。
 考えると、値上がりするので纏め買いを出来る方は恵まれている。余分に物を買えない低所得者は物品の値上げの被害を的もに受けるのだろうと気が重くなってしまった。
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 牙が出て来た後期高齢者保健。 | トップ | 憂落嘲の独り言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治・社会」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

3/29: 今日のトピックス  (沖縄戦)集団自決「軍、深く関与」:社説紹介 (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」資料館のご案内   (蔵龍隠士) 「護憲+」ブログ: 真実の国民(権利)保護と、政権交代の必要性   (蔵龍隠...
どのように広く問題を伝えるのか? (高野 善通のブログアネックス)
 本日は裁判員制度を潰すための市民運動「裁判員制度に反対する市民の会・相模原」立ち上げの会に出向きました。今回は弁護士の先生の参加はなかったのですが、会の議論の中で感じたのは、一般市民にまだまだ十分正しい情報が伝わっていないことです。そうです。権力側が...
中国宗教団体からダライラマ批判相次ぐ  (政治)
どのような圧力をかけたのか。恥を知ることができない政府と宗教家、悲しい限りです。 中国政府に同調 宗教団体からダライラマ批判相次ぐ  2008.3.29 19:23 3月中旬のチベット騒乱以後、中国各地で宗教関係者による会議、集会が次々と開かれている。いずれも中国政府の...
遊牧民さんに感激、澤地久枝さんに感涙 ― I LOVE 9条 ― (鳥居正宏のときどきLOGOS)
本日(2008年3月29日)、私は、護憲・平和運動の大先輩であり「日本で最も人気のある平和活動家」の遊牧民さんからお招きをいただき、大阪・...
求められる公正さとは? (高野 善通のブログアネックス)
 先週から本日にかけて、毎日新聞では「正義のかたち・裁判官の告白」と題された特集記事が連載されました(1・2・3・4・5・6・7・8)。とりわけ、私が最も重要だと考えたのは最終回・締めにあたる今回の記事「求められる公正さ」の問題です。求められる公正さと...
「ガソリン税の暫定税率」について二つの視点 (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
各県知事・市町村長はしきりに道路特定財源の暫定税率が廃止若しくは一事ストップされれば20年度の予算編成に支障が出ると大騒ぎしていが、地方の首長は道路特定財源の暫定税率が今年度3月末で期限が切れることを知らなかったのであろうか。 参議院が与野党逆転したの...
政争の具にしてはならない? (高野 善通のブログアネックス)
 裁判員制度における弁護士の姿勢、この記事やこの記事を見る限りではお寒い状況のようで・・・  さて、本日は産経新聞のコラムで興味深い記事がありました。戦前の政党政治のもとでも、安全保障、対外関係、国際経済など、日本の対外信用に関わるゆえに党争の具にし...
ガソリン暫定税率について更に (老人党リアルグループ「護憲+」ブログ)
私も、政治家が千葉の菊さんのような論点でガソリン暫定税率を議論するならば、税率が維持されても撤廃されても実りある方向に向かうと思います。 しかし、昨晩(3/29)のニュースで福田首相の「ガソリン単価を25円下げるのは、『もっとガソリンをどんどん(ムダに...