護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

進駐軍問題・京都の資料館・初公開

2010年03月23日 15時36分17秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
10年3月23日 火曜日 進駐軍問題・京都の資料館・初公開

進駐軍と聞いても進駐軍を頭の中で理解出来る人は可也の年配の方々だろう。

今日の関西朝日の社会編に載っていた記事の全文ブログに揚げてみる。

          

      

      

            

終戦直後から京都に住っていると、何度か進駐軍の暴行を見ている。しかし、当時は相手が戦勝国の軍人だから、仕方がないとしか捉えていなかったと思う。

だから、日本も進駐していった国々でも同じことを遣っていたと推測ができる。

もし、日本が無条件降伏し本土で戦闘が行われなかった。もし戦闘で我彼で命のやり取りが行われたら、民間はもっと悲惨な状態に成ったと思う。

如何に政治家たちが綺麗ごとを言っても,軍隊という組織が一度命のやり取りをする状態に遭遇すると、正常心は消失する。
終戦直後の京城の話だが、最初に進駐してきた米軍は第一線の戦闘部隊だった。そして、そばに寄るのも恐く感じた。しかし、占領軍が入れ替わると雰囲気が変わったのだ。

今、世界のあちらこちらで紛争が起きている。そしてその多くの犠牲になるものは、政治家でもなく官僚でもない。民間の庶民たちなのだ。

私の言いたいのは、厳密にいうと軍人の多くは庶民だと思う。その庶民が一度戦場を経験すると,民間人を殺したり傷つけるのに抵抗感がなくなるという。恐い経験を紀元前から引きずっている人類が恐いのだ。

沖縄を考えてみよう。地位協定では日本と米国は対等いう。それは条約上であって、駐留している兵士たちは、今だに、アメリカは戦勝国で駐留していると頭の何処かに残っていると私は感じている。

昔から勝てば官軍、負ければ賊軍は、現在でも通用しているのではないか。

コメント (1)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« パラリンピック | トップ | 朝日新聞・政治意識世論調査... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神奈川県の特殊性 (kaetzchen)
2010-03-25 19:29:34
>進駐軍と聞いても進駐軍を頭の中で理解出来る人は可也の年配の方々だろう。

うーん,私は50ですけど,進駐軍というのは鮮明に頭に残っていますよ.

今でも横浜市には瀬谷区など,他にも相模原市や横須賀市や厚木市など,多くの米軍関連施設が残っていまして,結構危ないところです.

東京でも立川基地なんかは未だに危険ですしね.そういう意味では関西は神戸と堺からの撤収が早くて,ごまめの翁さんのように進駐軍の記憶がある人はかなりご高齢になるんじゃないかなと思ったりします.死んだ私の親父も旧制彦根中学の時に空襲にあったのと現在の名古屋大に進学した時に進駐軍と衝突したことしか覚えていないそうですし.(大学院の学生の時には安保闘争をしていたそうで)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

   集中審議 (イシャジャの呟き)
 誕生日の花 ミツバツツジ 花言葉 節制 {/雨/} {/雪/} {/くも/} <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1269358755.jpg" target="_blank"></a> <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1269358771.jpg" target="_blank"></a>   クロッカス...
民主党 小林議員の違法資金問題 離党や議員辞職を否定 (本質)
『民主党』小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=が支持母体である北海道教職員組
3/23: 別人の遺体解剖(監察医) 取り違えDNA鑑定といい 冤罪!?ゴロゴロ↓ (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」第七期スタート  (百山・管理人) 「護憲+」ブログ: 今私たちがすべきこと   (笹井明子) 「護憲+」ブ...
Nスペ「激震 マスメディア~テレビ・新聞の未来〜」をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
放送は2010年3月22日(月) 午後10時00分~11時28分総合テレビ 内容は 日本の若者を中心としたテレビ離れ・新聞離れの現状と、広告収入も減少。米国における経営難に陥るマスメディアのレポート。 その背景胃としてインターネットの爆発的普及。そしてそのインターネットが...
小沢一郎が馬鹿に妥協してまで、幹事長辞任できない理由 (岩下俊三のブログ)
生方を呼び戻してまで、なぜ小沢一郎は政治権力を維持したいのか。マスコミの世論調査など知らないと言い張り、一方で農協や医師会、全土連などかっての自民党の牙城だった外堀を確実に埋め、検察にもこれ見よがしの力を誇示しているののはなぜか。利権政治の象徴であった...
昼食はいつもパンと水 郵政労組、神戸でスト (政治)
いつまでも使用者側がこのような態度ではもう法人個人の所得税を 大幅に上げて月10万円ぐらいの給与でも生活できる社会の構築を目 指さなければならないのかも知れません。勿論私はそれでもかまい ませんが多くの人の考えはそうではないと思います。 昼食はいつもパンと...
    生方騒動 (イシャジャの呟き)
 誕生日の花 ムスカリ 花言葉 夢にかける思い    {/晴れ/} <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1269439605.jpg" target="_blank"></a> <a href="http://pub.ne.jp/BEGOOJI/image/user/1269439554.jpg" target="_blank"></a>      街中の花壇...
 伊勢湾フェリーが9月末で廃止に (政治)
日本の海運業は守る必要が有ると思います。 四方を海に囲まれた日本です。海の活用は大変重要だと思います。 私は高速道路の無料化は強く支持します。 しかし、海運業には十分な補助を考えて欲しいです。 伊勢湾フェリーが9月末で廃止に 3月24日配信 産経新聞