護憲+グループ・ごまめのブログ

護憲+・現憲法を守るグループの一人して、今後の社会の状況を戦時を経験した一人として社会を見つめていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

07/06/22・二部  ニュートンの予言

2007年06月22日 16時52分49秒 | 朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問
07/06/22・二部  ニュートンの予言

 テレビ番組は色々な新聞の面白い記事を紹介してくれる。

 産経新聞にニュートンが2060年に世界が滅びると予言したとの記事を載せている。

        
 私はヒョッとしたら当たっているかも分からないという予感もする。世界に地球を滅ぼすだけの核があり、世界にバカな国家の指導者が増えると、スイッチを押す奴が現れるかも分からない。
 また急速に地球の環境が悪化しているのを見ると、何かが起こっても不思議ではない。

 世界の馬鹿な政治家が地球の滅亡を早めたことにならないことを祈るのみ。

     
 ミートホープはてんてこ舞いだが、ここの社長は政治家の真似をして一生懸命に嘘をついた。親はアホだが良い息子に恵まれたようだ。
 今まで日本の起業家で不正をしても、事後の態度を見ても反省は見られない。 
 長男の取締役もさぞかし胸が痛かっただろう。この息子がいる限りミートホープの立ち直りは早くおとずれるのではないだろうか。


 先日から気になっていた社保庁のシステム開発の記事が朝日の朝刊に載っていた。
   
     
 システムは目で確認できる物品を作るのと違い,TVゲームと同じくソフトの開発だろうと思う。
 しかし、ここにも不正の臭いがしてきた官僚は、国家が何か新しいことをする度にヒルかスッポンのように食い付いていく種族だと改めて感じた。
 また、大企業になるほど金さえ儲けが最優先で企業のモラルなどは持ってはいないのだろう。
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 07年6月22日・金曜日  TV番... | トップ | 17年6月23日・土曜日  大阪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

朝日新聞切抜とテレビの切とりと庶民の疑問」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

各省庁の人事担当と各私企業との癒着の強化、特定企業への公的情報の日常的漏洩等の源泉⇒官民人事交流 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu)
◆◆各省庁の人事担当と各私企業との癒着の強化、特定企業への公的情報の日常的漏洩、国の政策への特定個別企業の影響力の強化など、全く、白昼堂々の『談合』が行われている。 ◆◆公務員人材バンクの設立以前に、官民人事交流実施について、選考基準を透明化し、公募で...
反安倍の追い風は吹き始めた。 (平和のために小さな声を集めよう)
(参院選は夏休み。期日前投票が簡単に。出かける人もまず投票!) このブログを運営していて、毎日、アクセス数のチェックをしている。また、どこを経由して訪問してくださるのか?検索エンジンを使って来られる方はいるのか?などもチェックできるので、見ている。 ...