ジャックラッセルトリオの『今日も1日』

ジャックラッセルテリア(ごんべ・めい・かんな)3頭との悪戦苦闘。めざせチャンピオン!バラのお庭の四季いろいろ

監視する・・・

2015-08-31 10:36:43 | 日記
 庭にはまだ花が咲いている。バラとその他の花





たくさんあっても、少しでも私には名前が覚えられない。多分ママもやや似だとおもう。


 私は基本、毎日お掃除をしています。
厳しい命令があるから。
違反すると陰湿な婿いびりがある。
掃除を始めると、gonbeとmayは邪魔にならないように2階に上がる。
cannaはなぜか私のそばを離れない。最初は私のそばがいいのだと勘違いしていた。
しかし最近、あることに気づいた。
トリオは、「夜は私のそばにいない」ということを。だれかに日中の私の行動を報告しているに違いない。
密告しているのは誰だろう?











Cannaだ!
コメント

荷物の謎・・パパの自立か?

2015-08-30 10:16:13 | 日記
 ある日たくさんの荷物が家に運ばれてきた。




ひょっとすると、パパは何か商売でも始めるつもりなんだろうか。

僕が思うに、パパは商売向きではない。
第一愛想がない。
第二に大雑把なことができない。
第三に「石橋をたたいても渡らない」。
これでは商売は無理というものである。


行く末が不安である。僕たち3人の運命やいかに。




パパは今完全に近いほどママの従属下にある。
この状況を何とか転換しようとするパパの気持ちもわからないではない。
が。はたしてそれが僕たちの幸せになるのだろうか。
パパには自制を求める。


犬運動会(わんどうかい)!!

今度の日曜日に開かれる「わんどうかい」の参加賞や抽選会ための品です。すでに50頭をこえる参加申し込みがあり、犬種も20種以上です。参加申し込みは今日までです。参加できるのは、訓練やしつけ教室に通う方への案内状がとどいている方だけですが、その他のかたも観覧は自由です。
9月6日〈日〉午前10時30分開会です。場所は「道の駅ブルーメッセ」
これを機会にわんちゃんへのしつけや訓練に興味を持っていただければ幸いです。

コメント

往く夏・・・

2015-08-28 10:05:12 | 日記
 あっという間に夏が終わろうとしている雰囲気です。ほんとに終わるかは、わからないけど。
 あまりの暑さで訓練を控えていましたが、昨日からぼつぼつ始めました。ことしはあと3回くらいエントリーしようかな、と思っています。我が家のトリオの意向はまだ聞いていませんが。

cannaは往く夏を惜しむかのように虚ろに外を眺めています。




庭には、季節を間違ったかのような花がさいて、ママは戸惑っています。





まだ八月なので、「小春日和」といっていいのかどうかわからないけど、我が家のトリオは温かな日差しのなかで、やっぱりお休みです。







コメント

「ふんだり~云々」その4

2015-08-25 13:08:29 | 旅行
 話を本題に戻そう(本題ってあったの?)。

トイレの話だ。

基本、有料である。0.5ユーロ、だいたい70円くらい。
高速道路のサービスエリアや観光地の公衆トイレなどは支払わないと利用できない。空港、レストランやホテルなどは利用客に対しては無料のトイレがある。ただし、利用客以外に対しては「利用しない人にはさせないもんね」という「もんね的」態度をとる場合もある。しかし、ホテルなどでは、体面上そう無碍にはできないらしく、わがTD氏などは御顔のお肌を鉄仮面で覆い、威風堂々ホテルに入って無料で使用させてもらっていました。

お金を取って使用させるというからにはさぞかし行き届いた管理がされていると考える方もいると思いますが、それは間違いです。一般的には「広くない、きれいでない、管理がいきとどいていない」という「三ないの法則」が適用されているのが現実である。



これがトイレ使用券。
高速のサービスエリアでは少し前までは無料のところが多かったと言われていますが、いまではほとんどが有料となっているようです。
ただしこの券でサービスエリア内の食堂や売店でこの金額を割り引いてくれるということです。私は記念に持ってきました。


新しい財布の話


ウィーンで新しい財布をかった。



まったく予定外の出費である。

なぜ財布を買うはめになったのか。

いますべての事後処理が終わったので経緯を説明しよう。
すでに私の同居人から世間に喧伝されてしまっているが(私の同居人は放送局といわれている)、ザルツブルグのまちからウィーンに向かうバスのなかで、私の財布がないことに気がついたのである。
おりしもザルツブルグは恒例の音楽祭で世界中からわんさと人が集まっていた。観光客やら街頭ミュージシャン、大道芸人が街中をうごめいて、何度も貴重品には気を付けてとミミタコの注意をうけていたのにもかかわらず、この「石橋をたたいても渡らない」ことを座右の銘にしている私が、財布を無くしてしまったのです。
落としたのか盗まれたのか、しかとはわかりませんが、無いということだけははっきりしていました。
財布にはユーロ、日本円、クレジットカード、健康保険証、運転免許証、キャッシュカード二枚、マイレージカード二枚が入っていました。
さいわいパスポート、予備の現金、予備のクレジットカードがありましたので旅行中断の最悪の事態は避けられましたが、現金は仕方ないにしてもカード類の凍結再発行のことを考えると少しうんざりし、旅のテンションも12%くらいは低下したと思います。
その夜ウィーンのホテルから国際電話でクレジットカードの凍結と再発行の申し込みをし、ビールとトイレとホテルのチップはTD氏に借用することにして帰国まで関係者以外にはできるだけ気づかれないように心がけて行動したのであります。
グループのひとたちに気づかれると自分自身も恥ずかしいし、グループのテンションも7%くらいは低下するでしょう。
これを教訓にほんの少し前向きに考えて、オーストリアの職人さんが心をこめて作った財布を買って、財布を見るたびに自分の不注意を思い出すようにしようと思います。

帰宅したその日の午後、運転免許センターへ走り(ママの運転)、金融機関、健康保険証、マイレージカードの手続きを済ませ、やっと昨日全部の作業が終わりました。カードを無くすと不正使用の心配もありますが、再発行にともない、カード払いの公共料金などの変更手続きなどもあり、結構面倒くさいので、みなさん気をつけましょう。

祟りじゃ~


コメント

お客様?

2015-08-23 21:54:28 | 日記
 お客様がいます。いつも見慣れた顔です。



「お茶はまだ?」
コメント