ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

ピンの本気は摩擦と滑りで証明される

2019年07月17日 10時29分44秒 | 用具



『GLIDE3.0 ウェッジ』です。
昨日、ピンゴルフが
発表しました。
9/6発売です。
マジで、カッコ良かったです。

ソールが4種類です。
上の画像の左は、
「TS」ソールで
ツアーソールです。
テクニックを活かすために
ソールを削ってあります。

右は「WS」ソール。
ワイドソールです。
見た瞬間に痺れました。
一番やさしいと
説明がありましたが、
打ってみたいです。



左が「EYE2」ソール。
伝説になりつつある
『EYE2』を模した
ソールだけでなく、
ヘッド形状もです。
これ、ファンには
たまらないでしょうね。
僕は思い入れがないので
ちょっと懐かしい、
と思っただけでした。
とはいえ、
この形状は
ぴったりと合えば
代わりがきかない
麻薬的な魅力があります。

右は「SS」です。
スタンダードソール。
全体的にワイドですが、
トレーディングエッジが
落としてあるのです。
これも通好みですね。
やるなぁ、と
感心しました。



他にもシャフトやら、
フェースやら、
色々と最先端の
ピンらしい挑戦があり、
発売前に
ツアーで勝っているという
なんともいえない実績も
あるわけです。

「WS」だけを
徹底して打ちたい、
と希望しましたが、
4本の打ち比べという
難易度が高い話に
なっていくようです。

近々、もっと詳細な
速報をお伝えします。

ピンゴルフって、
凄いなぁ、
と思いました。
ウェッジは
打ってみなければ
わからないものですが、
とりあえず、
見た感じでは
100点満点です。



コメント   この記事についてブログを書く
« 卵が良くなければ、おいしい... | トップ | さり気ないシーンに歴史がある »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

用具」カテゴリの最新記事