ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

マスターズ2018の諸々

2018年04月09日 12時07分43秒 | 裏話



P・リードの優勝で
2018年のマスターズは
終了しました。
オーガスタナショナルは、
時々、地元の若者を
依怙贔屓しますけど、
リードは実力で勝ったといえる
十分な実績がありますから
勝つ準備はできていて、
最後の一押しだけで十分、
という感じでした。

中継を見ていて、
勝手にジーンとしました。
僕は、リードが大好きです。
最終ホールで
パーパットを決めて
優勝した直後、中継のカメラは
喜ぶ奥さんがリードの元に
駆け寄っていくのを追いました。

リードはタイガーを
リスペクトしていて、
最終日は赤のシャツを
着るので有名です。
そうして、4勝しています。
たぶん、勝つためのジンクスに
なっていたのだと思います。
しかし、
今年のマスターズにおいて
ナイキのウェア契約プレーヤーは
同じカラーで統一することが
決定していました。
ナイキとしては、世界中に
ナイキのウェアを印象付ける
必至の戦略なのだと考えられます。
最終日は濃いピンクだと
発表されていました。
リードは、ジンクスにこだわらずに
ピンクを着用するとコメントしました。
ところが、3年ぶりにマスターズに
戻ってきたタイガーだけは
特別に赤のシャツ、というのも
発表されたのです。

『もし、今回、
リードが勝てなかったら、
シャツのカラーのせいだ、
というふうに思うだろう』
個人的に心配していました。

奥さんが映ったときに
ピンクが目に入りました。
ハッキリしたピンクの
ダウンのベストを着ていました。
『一緒に戦っている!』
という気迫と愛情を感じたのです。

奥さんのジャスティンさんは
米ツアーでは有名人です。
2013年の初優勝のときに
リードのバッグを担いでいたのは
奥さんだったのです。
夫婦でツアーを戦って
優勝したのは21世紀になって
初めてのことだったのです。

それにプラスして、
比較的はっきりと物言うことで
有名なリードと同じように、
奥さんも言いたいことを
我慢しないタイプだからです。
少し前の米ツアーでも、
マーシャルの判定に
不満があって、
相手が自分ではなく、
スター選手でも
同じ裁定をするのか、
と不満を口にしました。
後ろで、奥さんも援護射撃で
何を言ったとかがニュースに
なっていました。

そうして一緒に戦ってきたから
リードのゴルファーとしての
全てを知っているのが奥さんで、
だからこそのピンクを
目立つように着て応援する
気持ちが染みたのです。
二人で歩くシーン。
ピンクのウェアでも、
勝てて良かった、と
心から思いました。



さて、土曜日に
マスターズウィークだからと
グリーンのシャツを卸しました。
プレー中に画像を
撮ってもらおうと
思っていましたが、
あいにくの雨で余裕がなく、
プレー後に思いだして、
室内で撮りました。

携帯を構えて、
顔を隠して鏡越しの自分を
撮るシーンはSNSで
蔓延しています。
初めてやってみました。

いつも行くコースには
個室のように使える
洗面所が一つあるのです。
人が通る場所では、
鏡に向かって
携帯を構えるなんて、
恥ずかしくて
僕には無理でした。

今回、一人きりでも
かなり恥ずかしかった、
のです。
とはいえ、緑のシャツを
着るのは20年振りです。
どうにか公開したくて
必死になりました。

このシャツを着るたびに
2018年のマスターズ、
リードの優勝と
ピンクの逸話を
たぶん、思いだします。
末端のゴルファーにも
そうしてマスターズは
染み込んでいくのです。
それこそがメジャーです 

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 雨に濡れる山桜をゴルフコースで »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
打ち方と風に対する強さ (マーク)
2018-04-11 14:21:35
先日、スィープに打つと風に弱い傾向があると書かれていらっしゃいました。感覚的にはうなずけるのですが、打ち込んだ方がスピン量が増えて風の影響を受けるのではとも思いました。この点ー如何お感じかお教え下さいませ。
メルマガの話ですね (キャプテンc-no)
2018-04-11 14:49:31
これは単純に球の高さと現在のボールの機能で、原則としてそうなるのですよ、という意味です。
スイープに打たれたボールは打ち出しが高くなり、スピンは微量ですが少なくなります。
打ち込む場合は、その角度分は打ち出しがマイナスになりますので、打ち出しが低くなります。
一昔前までは、スピン量が多いほうがボールが高く上がるので、打ち出しが低い打ち込んだほうが球の高さが高くなることもありましたが、今のボールはリコイルというボールの内側で素材の違う面で起きるスピンを中和する現象を利用して、スピン量を抑えるようになっていますので、、曲がりにくい=スピンが少ないボールなので、
打ち出しがそのまま高さになるのです。
オーガスタナショナルは、高い木々に囲まれたホールが続きます。こういうコースの場合は、先程の用具的な要素に加えて、木の高さより低い弾道のほうが影響を受けにくい、ということも影響しています。
高い球だから風に弱い、というけっこう単純な話に過ぎない、ということです。
打ち込んだほうが風の影響を受ける、ということも間違いではないと思います。スピンがかかっていれば尚更です。
番手によりますが、物理的には飛んでいる時間が長くなればなるほど風の影響を受けます。
風はゴルフ談義をしていても難しいですね。ボールの違いも結構大きいのですが、それはまた別のお話です。

コメントを投稿

裏話」カテゴリの最新記事