ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

ミズノプロのウッドが半端なくて困る

2018年12月25日 08時40分36秒 | 用具



やっと現物を打てました。
待望のミズノプロのドライバー
『モデル-S』と『モデル-E』です。
結論から書きましょう。
恐ろしいと感じる程、
良かったです。



キャッチコピーです。
ゴルフ用具のコピーは
目標であるケースが
多いのですけれど、
今回のミズノプロの場合は
『まさに、その通りです!』
と断言できます。

情報は小出しにして
年末から年始に向けて
次々に出していきますが……



惚れ惚れしたのが『モデル-S』
リリースを見て、
スペックなどから懐かしいと
紹介しましたが、
現物はスペック以上に
ノスタルジックなスタイルなのに、
未知の領域を見せてくれました。
2018年最後の練習場での
計測器で
ボールスペックを見ながらの
試打でしたけど、
2018年の最高記録を
出してしまいました。

上級ブランドになると
過去のミズノのクラブの場合、
プロ用として開発されていて
ヘッドスピードが
遅いと機能し切らなかったり、
挑発的な難しさだったり、
現実を教えてくれる
クラブでしたが……
今回は違います。

貧打でも爆裂しました。
『モデル-E』のほうは
振り切れる女子なら使えると
思ったりもしました。
(愛妻にも打ってもらって、
実証実験します)



フェアウェイウッドも出ます。
コレも良かったです。
参りました。
上手く作ってあります。



ハイブリッド(ユーティリティ)も
発売されます。
なんだか良い良いと書きすぎて、
嘘っぽいですけど、
これは過去数年で打った中で、
一番良かったです。
飛距離性能に優れている、
と一発でわかります。
ミズノのハイブリッドは
飛距離性能の優先順位が
低いというセオリーは
過去のものになります。
それだけではなく、
左に行きづらいのです。
鬼に金棒です。

ミズノプロが復活しても、
ウッドはなかなか発売されずに、
諦めていたゴルファーも
少なくなかったと思います。
待った甲斐があった、
待たされた意味がわかる、
そんなクラブになっています。

とはいえ、ウッド系のクラブは
コースで打ってナンボです。
FWやハイブリッドは
芝生の上から打たないと
わからないのです。

年内に軽く試して、
年明けに徹底して打って、
自分なりのインプレを
撮ったり、書いたりします。
少しだけお待ちください。

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ

コメント   この記事についてブログを書く
« 青すぎる水はテンキの証 | トップ | あぁ、風に乗ってゴーゴーと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

用具」カテゴリの最新記事