ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

エボリューションとシグネチャーとミズノプロ

2018年12月27日 09時29分53秒 | 用具



コース試打が始まります。
ミズノプロのウッド類が
到着しました。

画像はモデル-Eです。
Eはエボリューションの略。
進化という意味ですが、
いわゆる今風の外観と機能で
最先端への挑戦です。



左がモデル-E、右がモデル-S。
ソールの大きさで
伝わる雰囲気があります。
わかる人にはわかります。
これは見える機能の一つかも
しれませんね。

ヘッドカバーは好き嫌いがあると
思われますが、
ブラックな感じで
僕は好きです。



ハイブリッドは後日、
改めて紹介します。
見せたかったのは、
ヘッドカバーの入口です。
モアに厚みがあって、
『おいおい、良いじゃないか』
と思いました。
入れづらくとも、
クラブに易しいのです。



モデル-Sです。
小股が切れ上がった……
正統派の美しさを損なわない
王道と革新の融合です。
Sは、シグネチャーの略です。
『ザ・ミズノ』というか、
最高峰というか……
これで上代6万円(税抜き)。
(モデル-Eも同じ)
夢のようです。



フェアウェイウッドと
ハイブリッドを
フルに借りることは
かなり珍しいのですけど、
これだけの物量だと壮観です。

たくさん借りた理由は、
いままでのミズノのクラブと
ベースは変わらないのですけど、
対象の広さなどのチューニングと
優先順位が明らかに変わったと
確信をしたからです。
コレは平成が終わるのと
同じくらい、
僕の中では凄いことです。



年内は調整が難しいですが、
年明けから勝負が始まります。
そう思えるだけでも
ラッキーだと気がついたのです。
ニヤニヤしながら
しばらくはシュリンク付きを
眺めて楽しみます。

ゴルフプラネット 第65巻  ~頭を空っぽにしてゴルフを楽しもう~
篠原嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ

コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 最後のドロップのはずが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

用具」カテゴリの最新記事