ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

青々としたグリーンだからこそ見る

2016年06月01日 10時09分40秒 | コース



サングラスを置いて
グリーンを撮りました 
奥はカラーです。
グリーンの端です。



サングラスはそのままに
反対側から撮りました 
画像の左下がカラーです。

芝目があるのです 
上の画像と下の画像で比べて
わかるように撮ろうとして、
完全に失敗しました 

もっと低い位置から撮らないと 
白っぽい感じと
やや暗い感じがわかりませんね。

サングラスの正面方向に
逆目なんです 
上の画像だと手前から奥に順目。
下の画像だと手前から奥に逆目。

ベント芝の芝目については
芝生のクセではなく、
水の流れによるもので
つまりは、見えない傾斜である
全体傾斜に過ぎないという説も
ありますけど…… 

学問的なことは
正直、どうでも良くて、
ラインを読む際に
どのくらい影響するかが、
わかれば良いのです 

これは視覚で読むのには
限界があって、
経験で読むことが王道です。
つまり、知っている者が
得をするというわけです 

芝生が元気になるほど、
転がりが良くなるほど、
順目と逆目は気になります。
複雑な推理小説のように
興奮させられるのです 

しかし、経験で読んで上手くいくと、
視覚で読むことを軽く見て、
読みが外れてしまうことが
多々あります 
情報を整理して決断するのは
ゴルフの醍醐味ですけど、
最適なバンランスや
優先順位は常に変わります。

だから、考えないと
上手くいかないのです。
そして、考えすぎても
上手くいかないのです 
青々としたグリーンを見ながら、
最後の最後は信じる気持ちで
勝負は決まるのだと
自分に言い聞かせていました 


ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第62巻 ~ゴルフコースを味方にする快感~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語7 一八番ホールの憂鬱
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント