golf130のクラシックお笑い原理主義

オッサンのしがない日常や妄想話とその日聴いた音楽。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バッハ「コラールBWV680~696」シュトックマイアー

2016-06-04 20:59:41 | Weblog
ブログ更新頻度が開いてしまっています。
日々のアクセスがFacebook中心になってしまったこともありますが、スマホ入力がやはり課題。
入力操作そのものには慣れましたし、コピペも自在に出来るのは便利。スマホだと、例えばオペラなど演奏者の多い曲やこのディスクのように曲目の多い場合が入力が一苦労。しかし、スマホだと便利ですね。ディスクの紹介サイトから出演者や曲名は簡単にコピペ出来ますから。
逆に不便なのは片手操作がままならないこと。
電車内でつり革に掴まってや、ベッドに寝転がってなどで入力出来ないのがやはり不便です。
もう少し小さいサイズであれば、片手操作も可能なのかもしれませんが。

ヴォルフガング・シュトックマイアー(オルガン)(DOCUMENTS盤)

教理問答書コラール(1739刊)(2)
・われらみな唯一の神を信ず BWV.680
・われらみな唯一の神を信ず BWV.681
・天にいますわれらが父よ BWV.682
・天にいますわれらが父よ BWV.683
・われらの主キリスト、ヨルダン川に来たり BWV.684
・われらの主キリスト、ヨルダン川に来たり BWV.685
・深き苦しみの淵より、われ汝を呼ぶ BWV.686
・深き苦しみの淵より、われ汝を呼ぶ BWV.687
・われらの救い主イエス・キリスト BWV.688
・われらの救い主イエス・キリスト BWV.689
・フーガ 変ホ長調 BWV.522-2
キルンベルガー・コラール(1708-1717)(1)
・ただ神の摂理にまかすもの BWV.690 bis 691a
・ああ神そして主 BWV.692
・ああ神そして主 BWV.693
・われいずこに逃れ行かん BWV.694
・キリストは死の絆につかせたもう BWV.695
・われらキリストをたたえまつる BWV.696

何日も繰り返し聴いていますし、今日も午後休日出勤して繰り返し聴きながら仕事していましたが、本当に良いですね。
小品が多く、バッハのオルガン曲の中でも地味な存在なのかもしれませんが、優しさ溢れる曲調がとてもしっくり来ます。
演奏もしっかりしてこの音楽の魅力を十分伝えてくれています。
この激安ボックス大正解でした。注文中の第1巻が届くのが楽しみです。

★日本ブログ村ランキングに参加しています。
激辛も激甘も噛み分けるメタボな私に是非1クリックお願いします。↓
ブログ村 クラシック音楽鑑賞

★人気ブログランキングにも参加しています。
ビールもコーラも飲み分けるメタボな私に是非1クリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« バッハ「コラールBWV666~679... | トップ | レゴンディ「ベッリーニ『カ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事