ゴールデンエース普及の歩み

【月刊 養豚界】昭和61年2月号~平成22年12月号掲載記事

「経営に見合ってこその悪臭公害対策」

2018-09-19 08:43:05 | 日記
悪臭規制の強化について環境省が中央環境審議会に諮問したことが発表された。畜産では牛舎、養豚、養鶏場の排水が今回の悪臭物質規制の対象となったようだ。従来の水質汚濁防止法に基づく排水基準対策に加え、悪臭対策上からも排水基準が強化されることになる。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スが公害対策に効果を示してことを、月刊「養豚界」1992年臨時増刊号「養豚環境対策」に掲載したところ、その目的と実績が注目され、国内はもとより外国(アメリカ・スイス)からもお手紙をいただいた。国内では、講習会などでその説明を求められて、本来の酵素食品としての目的から外れて環境対策に重点が移ったようで、やや困惑している。悪臭防止法では臭気強度を2.5~3.5の範囲内で、自治体が規制地域と規制濃度を決めるようになっている。臭気強度は「無臭」を表す0から「強烈なにおい」の5まで6段階で示される。プロピオン酸は0.07ppmで臭気強度が3になるなど、それぞれの悪臭物質は濃度によって臭気強度が違う。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スも、シリ-ズで今回43回目になる。その効果の紹介では疾病が対策の効果として、免疫賦活作用が強化され、ワクチン接種をきちんとすれば肺炎等、ヘルペス様疾病が発病しないなど、基本的な豚の生理機能が活発となるため一母豚年間二〇頭以上の肉豚出荷をもって育成率とすると断言している。そして、悪臭公害が発生せず、ハエも発生しない。沈殿槽に利用すると汚水処理で問題になる汚泥やスカムが出ないなど、さらに水質基準で指標となるBOD、COD、大腸菌が国の基準の三分の一以下で、大腸菌は汚水排水1mg中2400とすると、その数4~5個と、ゼロと表現できるほどの実績がある。 飼料価格の割高、豚価の低迷という二つの重いカゼで縛られている現況に、悪臭公害のために対策をするということは不可能に近い。特に飼料に加えて使用する場合は、おくまでも経営上、経済的にプラスにならなければ意味ない。経営と切り離れた「悪臭公害対策」とは、現場をしらない者の無責任な言い方である。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スは、これを食べると腸内細菌叢が変化し、飼料の消化吸収がよくなる。特にタンパク質の消化分解が無駄なく行われ、ふんの中のアンモニア態窒素がないため、臭わないことが三~四日でわかる。また、タンパク質の消化分解吸収に無駄がないため、アミノ酸としての働きが大きく作用するのだろう。さらに、免疫賦活作用がよくなり、ワクチン接種の抗体価が上がる。発情関係も全く正常で、特に離乳して五日目に種付け可能となり、従来ホルモン注射に頼っていたことが不思議なくらいだと、全国から反響がある。当然、分娩された子豚も違う。ただ、マクロビンと鉄剤の注射は、必須条件である。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スを利用するときは、配合飼料も標準的なものを対象にしてほしい。二月号でも指摘したが、飼料を選び、使いこなすことが大切である。 そして、忘れてならない疫学的必須条件は、豚舎周辺に一坪当たり五kgの石灰散布、豚舎内は石灰乳を塗ること。いずれも春秋年二回、ミミズのいない環境である。早くも四月、年度始めで失業率も下がれば豚価も上がると期待したい。
コメント

「今年は、飼料を選び、使いこなし、見直すことから」

2018-09-18 08:35:54 | 日記
 今年の養豚農業経営は、昨年から引き続きの相場の先行きが見えない状態だ。従来なら、豚の相場が安くて他人がやめる時に養豚を始めれば、景気の波に乗り儲かる例が多くあったが、今年はどうだろうか。 昨年の農業は、冷夏被害でさんざんだった。政府は農産物の需要と生産の長期見通しや農業新政策で、自給率の向上、もしくは低下に歯止めをかけるとしているが、その見通しは全く立たない。 国民一人当たり一年間の供給純食料は、米が前年比0.2%(0.2%kg)減の69.7kg。小麦も同0.3%(0.1kg)減の31.6kgとなった。畜産物は肉類が同2.1%増の29.5kg、鶏卵が同1.7%増の17.7kg、牛乳・乳製品は同1.4%減の83.6kg、野菜は同1.6%増の106.7kg、果実は台風被害を受けた三年度に比べ、国内生産の回復により消費量も増加、同10.3%となった。 国民一人一日当たりの供給熱量は、同0.1%増の2625.6カロリ-。栄養バランスでみるとタンパク質が13.5%、脂肪が28.7%、炭水化物が57.8%となり、引き続き脂肪とタンパク質の比率が高まっている。以上の数字を把握した上で政府は施策展開していると確信してこそ、養豚農業経営者は、着実に生産をしていけるのだ。 飼料が値上がりし、経営をさらに厳しくしている。配合飼料も従来ならば全農系を一つの目安とし、各メ-カ-の飼料はそれぞれの特徴を銘柄として推進している。例えばA社は人工乳にその特色を出し、B社は肉質改善による上物率向上をPRし、その他、繁殖成績向上や子豚の育成率向上など、さまざまな特徴がある。 近年は飼料会社が合弁したり技術の提携をしたりとその形態が変わってきている。価格も大事なことだが、品質の良い飼料を選ばないと、長い目でみれば経営の上から大きな損失も出て来る。 ちなみに、活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スを利用している養豚農家でも、品質の良い飼料を使っているところは成績も良く、活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの指標である一母豚年間二〇頭以上の肉豚出荷を達成し、当然、肺炎など抗菌剤や抗生物質を使う疾病も出ていない。 飼料が良くなければ、せっかく利用しても成績が上がらない例が出ている。配合飼料を購買し、それに魚粉やミネラル、ビタミン類、その他薬品を添加している農家もある。苦し紛れに木炭粉なども使っており、せっかく技術を持ちながら不本意な成績で反省しているところもある。 養豚農業経営者は、まず飼料を使いこなすことだ。ふんが臭いとは、ふんの中に栄養分が相当残っていると考えられる。本当に消化吸収が充分に済んでいれば、ふんの臭いがほとんどなく、悪臭公害などもないと確信する。 現在の配合飼料は、完全配合飼料がほとんどで、栄養学的にみれば人間の食料以上の栄養設計と考えられる。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スは豚の生理的な消化吸収の機能を助け、ふんが臭くないほどに利用度を高めてあり、その充分な栄養が養豚経営の成績向上に役立っている。 本年は、飼料を選ぶこと、使いこなすことを、見直すことから始めてはいかがだろう。
コメント

「年間通しのプログラムで万全の環境衛生対策を」

2018-09-14 09:14:31 | 日記
 今年は農畜産経営農家にとって、今までにない不景気の最低を味わった1年と言える。特に年明けからの低豚価が、8月に入ってから安定基準価格400円を割る相場となり、さらには牛肉自由化で輸入量が急増したことである。養豚飼養農家戸数は大幅な減少を続けており、このままま推移すると畜産の生産基盤の低下が危惧される。 畜産経営安定対策として、JA茨城県中央会が5項目の要請を作成、県に提出し、さらにこれを政府に対し要請していくことになった。①豚肉価格低下時には、国における調整保管など、機敏な価格安全対策を実施し、価格回復まで継続すること。②農畜産の輸入増加にたいして、輸入抑制などの対策を講ずること。③輸入牛肉の関税率50%を継続すること。」④畜産経営安定対策として、特別な低利融資を講ずること。⑤畜安法の改定を含め、価格安定制度が機動的に機能するよう中長期的な価格政策を検討すること。の5項目である。我が国の農政は、総合的な対策の遅れから、米に始まり園芸、野菜まで、どれ一つとっても安定対策がなされていない。一貫経営の養豚農家で、子豚の育成率が良くないところがあるようだ。「イネの苗半昨」という諺があるが、豚は「子豚半昨」が一貫経営の技術であろう。特に目につくのは、豚コレラの予防注射をする生後月令の子豚である。予防注射をして歩く獣医さんが、一戸一戸見比べて回って、同じ部落でも差があるという。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スを給与している豚は、肌の色つやがよく、体躯の固くしまった発育が期待できる。活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スを母豚に与えると、子豚は親の体内でその感化を受けて産まれてくる。そして人工乳の食らいつきから子豚用飼料を添加された飼養管理を受け、飼養の切り替え時のストレスも起こさず育成する。 腸内細菌叢が大きく変化し、科学的免疫消化的消化力が増大し、子豚によくある下痢を予防し、発育を順調にしてくれる。また、免疫賦活作用が活発で、特にワクチン接種後の抗体価が約10倍アップするという二つの基本的な作用が原動力となり、肺炎などにかかりにくく、オ-エス-病などが周囲で発生しても発病しない。 繁殖豚においては、離乳後の発情が五日目くらいで明確となり、種付け時のホルモン注射を要しない。活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スで年間通して強調していえることは、年間一母豚当たり二〇~二四頭の肉豚出荷をもって育成率とするということである。「安かろう悪かろうの」ひどい飼料を使っている養豚家をみることがあるが、単価の安いことも大切だが、その内容が豚の生理に合ったものかどうか注意する必要がある。 また、養豚農業経営は年間通して環境衛生をプログラムし、春・秋のお彼岸ごろ、豚舎内外に坪当たり五kgの石灰散布、豚房内の床・棚は石灰乳を塗布する。これが必須条件の一番である。その次が消毒剤の利用となる。消毒および殺菌剤としては、畜産由来病原菌、豚由来ウイルスに効果のあるグルタクリ-ン(ヤシマ産業(株)開発)ある。この製品の一部試験は北里大学衛生学教室と筆者の養豚場で実施し、獣医学会にも発表した自信のある製品である。 養豚農業経営は、家族労働で成り立っている。手作りの基礎を忘れず、積み重ねて栄冠をつかもう。
コメント

「PRRSへの対策も免疫活性と環境衛生の改善から」

2018-09-13 10:04:15 | 日記
 冷夏の関係か、8月、9月の発情・種付けがあまり良くなっかと耳にする。豚は生理的に気温の変化に敏感な家畜であり、日中と朝夕の温度に10℃の差があるとそれが大きくストレスとなり、特に発情関係に影響が表れる。活性酵素食品ゴ-ルデンエ-ス給与の場合、そのようなことなく計画的な種付作業をスム-ズに進められる。 養豚農業経営は人手不足、環境問題を整備し、できるだけ生産費を低くして、定時・定量・高品質の肉豚を生産することを目標とするが、そのような理想的なことは現在の経済環境から見ると非常に難しい。まず豚舎の設計から始めなければ、理想の生産体系は確立できないだろう。 養豚農業経営者のなかで、設備も、人手も、その他飼養管理に関したこと全てを、満点の体勢で実施している人は少ないと思われる。 それが豚に対しては環境からのストレスとなり、養豚悪臭の原因にもなる。活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スは、こうしたマイナスをカバ-してくれる。 豚の疾病にも新しいウイルス病PRRSの日本への上陸が、農林水産省家畜衛生試験の調査で確認された。このウイルスは、人には感染しないが豚には空気伝染し、飼養管理の環境の悪い農場の豚が感染すると、流産や肺炎を起こし死ぬ場合がある。 この病気は、1987年にアメリカで発見され各地で流行、90年には、ドイツ、オランダなどにも飛び火したため、農水省も流行地からの豚の輸入を制限するなど警戒していた。同試験場が4月末、関東地区の肺炎の豚から原因ウイルスを分離し、その後養豚の盛んな15県で調査した養豚場の6割近くから感染豚を確立したとの発表である。豚の生殖器呼吸器症候群が正式名称である。 発生地区は、オ-エスキ-病の汚染地帯で、豚の頭数が多く衛生環境の悪い豚舎で出ている点を農水省は重視している。 PRRSには現在のところワクチンなどの予防薬や根本的な治療薬がないため、発生した場合の治療は対症療法に限られている。農水省では欧米でとられている対策を参考に、発生時の損害を最少限にに食い止める方針であるようだ。 異常分娩が見られる場合は、生き残った子豚に出生時と4時間後の2回初乳を与え、電解質液を投与する。血液の擬固不全がみられるため鉄剤注射を3日間、断尾は35日間遅らせ、犬歯は切除しない。 異常産を起こした母豚には、高エネルギ-飼料を給与し、乳質を確保する。感染後、免疫ができる分娩後21日までは種付けしない。 呼吸器症状が見られた場合は、二次感染を防ぐため抗菌性物質を投与する。 PRRSの病原はウイルスである。感染豚の息、鼻汁などから同居豚に移る。症状は飼養環境にも大きく影響され、症状が出ない豚が多いとされており、農水省では、ウイルスの侵入があっても被害の出る農家が少ないと見ている。 ただし、衛生環境が悪い農場では、症状が出やすい。この予防には、衛生管理の徹底しかないようだ。 豚の体内の免疫賦活作用を高める万全策として、活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの飼料添加が最も効果的であろう。環境衛生の徹底は、活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの使用マニュアルの必須条件として、「におわない」「ミミズがいない」から始まる。
コメント

「未来商品の利用で来年の養豚へ先手必勝」

2018-09-12 09:11:16 | 日記
 今年の夏は短いそうである。八月は養豚農業経営の締めくくりの反省の月である。繁殖豚の種付けを成功させ、来る年に備えて本年はたせなかった経営不足をきっちりせめるとる時である。 母豚年間二〇等以上の肉豚出荷をできたか、豚の疾病事故をどうだったか、この二つがきちんとできれば養豚農業経営は成功したと言える。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スは、これらをやり遂げる指標とも言える。繁殖に関しては、雌豚の発情再帰は、離乳後五~六日ではっきりと現れ、確実な種付けを実施できる。種雄豚の夏バテまたは、使い過ぎによる乗か欲不振と精液性状の不安定などのを確実に改善してくれる。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの効果として、免疫力を高める作用が証明されており、数字で表すと、鶏のニュ-カッスルワクチン接種では一〇倍の結果がでている。豚では伝染性胃腸炎で当初三年間ワクチン接種後のデ-タを得ている。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの給与前にはワクチン接種後も伝染性胃腸炎が発病した農場も、給与後は現在まで一五年、ワクチンが有効に効果を発揮している。 また、オ-エスキ-病などが近隣で発生しても発病しない、肺炎等もほとんど発病しないため衛生費の無駄がない。これは個々で違いがあるが、大きな金額となり、それだけで喜ばれている。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの効果は、まず第一に腸内細菌に変化がおきることである。豚の場合、二%添加して、三~五日目にふんの悪臭がなくなり、色も変わってくる。腸内細菌と免疫の関係は医学の分野で研究されているが、腸内には約一〇〇種類、一〇〇兆個もの細菌が生息しており、健康に良い働きをする善玉菌の代表には乳酸桿菌(小腸内)ビフィズス菌(大腸内)がある。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-ス1g中には乳酸桿菌8.5億個以下、ビフィズス菌が1000個以下、その他乳酸球菌が1.1億個、酵母菌が4.2千万個含まれており、大豆原料なのでアミノ酸18種類、ビタミンB1、B2、B6、その他酵素作用の結果として、アミラ-ゼ、リパ-ゼ、酸性プロテア-ゼ、中性プロテア-ゼ、アルカリ性プロテア-ゼ等も出ている。 飼料の切り替え、温度差などのストレスによって起きる下痢の予防効果も見逃せない。ただ、薬品でないのできちんと添加し、継続することが必須条件となる。豚の場合、他の家畜と異なり、その結果が多種類にわたって認められる。養豚農業経営にこだわりのは、その主力が家族労働であるためである。無駄のない経営戦略の中で、小回りの効く、その速さが農業の魅力と考える。 今年は春ごろから期待した豚価も頭打ちの感じでガッガリさせられたが、相場にばかりオンブにダッコでなく、生産費もさることながら、やはり年間一母豚二〇頭以上(二四頭)の肉豚の技術を持ちたいものである。 農水省家畜試験場で、産子数の多い中国系の梅山豚と増体量の大きいヨ-ロッパ系ランドレ-スを組み合わせたキメラ豚を作り出したことが発表された。将来はキメラ性雑種強勢を利用した能力向上も期待される。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スも未来商品と考えられるもので、少し早く出した感がある。進んだものを選ぶ時は、これ以上進んで利用すると先手必勝がえられると自覚して頂きたい。
コメント