金融王に俺はなる!

経済関連のニュースについて色々語ります

サラリーマンのお小遣いの平均額は38457円 バブル崩壊後ワースト記録

2013-06-29 22:01:31 | 日記
新生銀行の調査によると、2013年のサラリーマンのお小遣い平均額は38457円だったようです。
http://www.shinseibank.com/investors/common/news/pdf/pdf2013/130628okozukai_j.pdf

これは、バブル崩壊後のワースト記録で、調査が開始された1979年以降でも2番目に低い数字とのことです。昨年末に政権が自民党に戻り、アベノミクス効果によって、円安や株価上昇など、景気は上向いてきているような印象を受けるかもしれませんが、一般人の生活はほとんど何も変わっていないというのが実情のようです。(まあ、こんな短期間でどうにかなるわけがないんですけど)

毎朝早くから会社に出勤し、夜遅くまで残業をして、家に帰ったら寝るだけ。時には休日出勤も強要され、休むに休めない日々が続くことも。こんな生活を毎日続けて、自由に使えるお金は一ヶ月わずか38457円だなんて、世知辛い世の中です。自由な時間がほとんど無いなら、お小遣いを使う場面も無いから問題ない…なんて冗談めかして言ってみましたが、実際こんな状況の人もいるんだろうなぁと考えると、笑うに笑えないですが。

この不況の世の中、サラリーマンの不遇はまだまだ続くでしょう。むしろ、今後更に悪化してしまうことが予想されます。年収300万円の時代は、もうすぐそこまで迫ってきているのです。何とも悲しい時代ですなぁ…。

この記事についてブログを書く
« 任天堂岩田社長が辞任否定 | トップ | 電気料金10社そろって値上げ »

日記」カテゴリの最新記事