経理・経理・経理マンの巣窟

大・中・小あらゆる企業で経理実務経験約40年の蔵研人が、本音で語る新感覚の読み物風の経理ノウハウブログです

通信販売の送料負担

2020-02-07 21:05:26 | 一口メモ

 楽天が3,980円以上の商品の送料を無料化すると宣言したため、同サービスが独占禁止法に違反する可能性があるとして、公正取引委員会が聞き取り調査を始めたという報道があったのはご存じの通りである。ではなぜ買い物をするユーザーにとっては有難い送料無料が問題になるのだろうか・・・。

 それは楽天がアマゾンなどと違って直接自社で商品を販売している訳ではなく、ネット上の仮想ショッピングモールにスペースを貸している大家さんに過ぎず、送料負担が全て出店している店舗の負担となってしまうためである。例えば売価が4,000円で粗利が2割程度の商品に1,000円前後の送料を負担すれば、儲けどころか200円の損失が発生してしまうではないか。
 そして楽天に場所代を払えば、さらに損失は大きく膨らんでしまうのは自明の理である。これでは通信販売する意味がない。・・・と言うことで楽天市場に出店している業者の一部が大騒ぎしているのであろう。

 まあここで楽天を批判する気は全くないし、この問題についての議論をこれ以上発展させるつもりはない。あくまでも通信販売において一番ネックになっている送料について少し考えてみたいだけである。
 さてネット販売といえばすぐ話題になるアマゾンだが、日本上陸当初は全ての商品について、売価に関係なく一律送料無料を謳っていたものだ。これには多くの人々が度肝を抜かれて、アマゾンの虜になってしまったのではないだろうか。確かに素晴らしく思い切った販売戦略であり、これによって大成功を収めたことも間違いないだろう。
 だが近年は新刊書籍とプライム会員以外は2,000円以上の買い物をしないと送料無料にはならなくなってしまった。当たり前であろう。当初の送料無料戦略は、あくまでもアマゾン信者を増やすための餌であり、目的達成後は、なるべく損失の出ない範囲での送料戦略に切り替えてしまったのである。

 ではアマゾンや楽天以外の通信販売での送料無料範囲は、一体どのようになっているのだろうか。まず私が良く利用している三社の中古書店の送料について比較してみよう。
1.ブックオフ・オンライン
 1,500円以上の注文で送料無料。1,500円未満の場合は日本全国一律368円。また近隣のブックオフ店舗で受け取れば、売価に関係なく全て送料無料というシステムがある。
2.ネットオフ
 3,000円以上の注文で送料無料。3,000円未満の場合は日本全国一律440円。またちょうど3点6点9点かつ1,000円以上購入の場合は送料無料、500円~999円は送料100円、499円以下は送料150円となるシステムがある。 
3.駿河屋
 1,500円以上の注文で送料無料。1,500円未満の場合は385~440円。但し5,000円未満の場合は、通信販売手数料という名目で別途220円~500円をとられるシステムになっている。

 またイトーヨーカドーのネットスーパーでは、金額に関係なく1回の配達につき330円の配送料がかかる。但し子育て世代は102円になるという特典があるらしい。それに対してイオンネットスーパーの場合は、購入金額が5,000円以上であれば配送料は無料だが、5,000円未満の場合は330円の配送料がかかる。大雑把に見れば、どちらも似たり寄ったりかもしれない。

 まあいずれにせよ、通信販売の送料については各社まちまちであり、ここに全てを網羅することは不可能である。ただ常識的に考えれば先に述べたように、小売りの粗利が2割程度だとすれば、少なくとも小売店では6,000円以上購入してもらわないと送料無料は成り立たないことになる。
 ただ大手の場合は販売量が膨大であり、一部で損しても大きく見ればそれをカバーできる場合もあるし、大量仕入れによる粗利幅の拡張という手段もある。従って一律に通信販売の送料についての損益分岐点を論ずることはできないだろう。

 ただ私が使っている通信販売の中で、ヨドバシカメラのウエブサイトでは、原則は1万円以上で配達料無料、1万円未満の場合は一律500円と定めているものの、当面の暫定措置として「全品日本全国配達料無料」になっている。そしてなんとこの暫定措置が延々と続いているのだ。しかも配達時間も素晴らしく速い。先日プリンターのインクが切れたので、午後6時に注文したら、なんとなんと翌朝9時に届けてくれたのである。
 これにはびっくり仰天、感謝感激、感動の涙と、たっぷり褒めちぎってもよいだろう。それにしてもどうしてこんなことが可能なのだろうか。嬉しくて堪らないけど、あんまり無理しないでね、と肩を撫でてあげたくなってしまうよね。

作:蔵研人

下記の2つのバナーをクリックすると、このブログのランキングが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ


コメント   この記事についてブログを書く
« 低年齢化・若年化の波 | トップ | 確定申告の添付資料 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

一口メモ」カテゴリの最新記事