経理・経理・経理マンの巣窟

大・中・小あらゆる企業で経理実務経験約40年の蔵研人が、本音で語る新感覚の読み物風の経理ノウハウブログです

出世する人、しない人

2011-11-13 09:41:13 | たそがれ経理マン編

  なぜあんな野郎が出世しているのに、能力抜群の俺が課長止りなのだ!と怒り狂う人がいますが、それは考え違いだと言いたい。

 20代の若者ならいざ知らず、いい年をした人がそんなグチをこぼすのは、世間知らずというより「自分知らず」なのであろう。だいたい出世するかしないかは、本人の意思次なのだから・・・。

 

 

 理屈通りならば、能力のある人が「会社の発展」に繋がる仕事を成し遂げた結果として出世するのが理想である。だが会社と言っても、所詮は人の集合に過ぎない。

 人事評価するのは、あくまでも人間であることを忘れないように。「会社の発展」ではなく、「上司の発展」に役立った結果として出世するのである。

 但しこの場合の上司とは、最終人事権を掌握している上司のことだ。だから直属の上司である課長よりも、部長とか重役でなければ無意味なのだ。

 従ってずるい人は、課長とは適度につき合い、一足飛びにもっと偉い人にまとわりつく。

これが派閥の始まりなのだろうか。

 

 さてバブルの崩壊後、今度こそ日本も能力主義になると言われて久しいのだが、一向に改善の気配がない。あえて登場したのは、世間知らずの人事部がマニュアル通りに創った『目標管理考課システム』位だが、そんなものは形式倒れで、実務的にはほとんど機能しない代物である。

 また日本の風土には合わないシステムが多いよね。だから結局本質的な人事考課など、変わるはずがない。それに日本という部落では、出世するのも能力のひとつと考えられているからややっこしいのである。

 

 出世する人は、出世に関連しない仕事は一切やらない。その代わり出世に繋がる事ならば、法に触れない限りなんでもやる。それも生半可ではなく、全精力を傾けて死にもの狂いでアタックする。

 だから出世すべくして、出世しているのである。もちろん羞恥心を捨て、価値観を出世一本に絞り込む。当然だが出世に利用出来ない友人は切捨て、出世の役に立つ者とは毎日のように酒を飲む。

 

 グチを言っている人に、果してこんな生き方が出来るのだろうか。ことに堅物経理マンにとっては難題であろう。

 経理マンは真面目であり、頻繁に変わる法令を追いかけることで精一杯。ましてや四半期決算になり、年がら年中決算漬けである。また常に机にかじりついて、難しいことを言うので敬遠されてしまう。

 営業マンのように人と接するのが仕事ではないので、つき合いも悪いし、どうもお堅いイメージがまとわりつく。これではとても出世技術を習得出来るはずがないよね。

 もし出世したいのなら、少なくとも30迄に経理知識を習得し、その後は余り仕事をしない事。そして下手な正義感はドブに捨て、ひたすら有用な人と酒を飲み続けるほうが得策なのだ。

 

 「お前は出世出来なかったから、そんな皮肉な言い訳をしているのだ!」と反論されるかもしれないが、「まさにその通り」と開き直って言い返すだけである。だから出世した人を羨まないし、グチも文句も言わない。

 とは言ったものの、全く悔しい思いがないと言ったら嘘になるだろう。出世したいとは思わないのだが、自分の部下だった者が上司になるのは絶え難い気分である。たぶんこの事には、誰も異論はないはずである。

 

 公務員が気楽なのは、出世するのはキャリア組だけと決められているからである。だからほとんどのノンキャリア組は、初めから何も期待せず定時になるとサッサと帰宅してしまう。

 どちらが良いかは人それぞれだろう。しかし民間会社のサラリーマン達は、『出世』という虚構のエサを撒かれ、体よく会社に利用されてはいないだろうか。

 ただ周囲が出世志向の油ぎった男ばかりの場合、出世に興味のない男は、毎日が苦痛であり、結果的にサラリーマン失格となってしまう。本来こうした人物は、公務員になるか独立した仕事に就くべきなのだろうね。

 

 こういってはキャリアウーマン達に叱られそうだが、日本のOL達には、この苦悩は判らない。もちろん彼女達には別の悩みがあるのだが・・・。

 ただ最近は皆賢くなって、経理マンといえども出世の術を心得ている人が多くなってきたよね。だから専門的なことは、外部の専門家に任せきりで、偉い人へのプレゼンテーションにばかり力を入れている。

 プレゼンテーションが悪いとは思わないが、自分で調べて考えるということを忘れてしまっていいのだろうか。こんなごたくばかり並べているから、古い経理マンはたそがれてしまうのだ。

下記の2つのバナーをそれぞれクリックすると、このブログのランクが分かりますよ! またこのブログ記事が役立った又は面白いと感じた方も、是非クリックお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へにほんブログ村

 人気ブログランキングへ

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 若手頼みの会計士 | トップ | 売上至上主義でよいのかいな »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (DORA)
2011-11-13 19:02:32
自分も経理をやっていますが、なかなかためになるし面白いですね。こんなブログが読みたかったのです。毎日読むのを楽しみにしています。
こんにちは (ケント)
2011-11-14 11:42:29
DORAさんコメントありがとう。
経理マンは大変な時代ですね。お互い頑張りましょう。では今後もよろしくおねがいします。
どうも (リチャ)
2012-03-23 09:13:11
どの記事も面白いですね。 通勤の記事が、中々毒があって好きです。私は、今年から新入社員になる者です。 半官半民(ほぼ官寄り)の会社でも、出世の方法は変わらないですかね。 個人的には出世云々より一人前になることに頭がいっぱいですが。
Unknown (ケント)
2012-03-23 10:29:46
リチャさん
コメントありがとうございます。少しでも若い人たちのお役に立てばと、このブログを立ち上げました。これからもよろしく。通勤地獄またまた楽しみにしてください。

コメントを投稿

たそがれ経理マン編」カテゴリの最新記事