極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

ラストワンマイルⅤ

2019年01月30日 | 滋賀のパワースポット

                                       
湯  問  とうもん
ことば------------------------------------------------------------------------
「われの死すといえども、子ありて存す。子また孫を生み、孫また子を生み、子また子
あり、子ま
た孫あり。子子孫孫窮匱(きゆうき)なきなり。而して山は増すことを加え
ず。いかんぞ平らがが
らんや」「力を量らずして、日の影を迫わんと欲す」「すでに去
るに、余音梁欐(りょうれい)を
繞り、三日絶えず。左右その人夫らずと以えり」
-----------------------------------------------------------------------------
ふしぎな宝剣
魏の黒卵(こくらん)という男が私怨から丘序章を殺した。丘序章の息子の来丹は、父
のかたきを
討とうとした。ところが、この息子、気だけは強いが、からだは骨と皮ばか
り、飯粒をかぞえて食
うほどの小食で、風にさからって歩けないほどのやせっぽち。い
くらいきりたってみても、尋常の
ことでは勝てそうもない。といって、人の力を借りる
のは恥だ。どうしても自分の手に剣を執って
黒卵を倒そうと心にきめた。

いっぽう黒卵は、人一倍の荒くれ男で百人力。その隆々たる筋骨は人間ばなれしている。
首を突き
だして刀を受け、胸を開いて矢を受ければ、刀の刃がこぼれ、矢じりが折れる
だけで、からだはか
すり傷ひとつ負わない。だから来丹などは、ヒヨコぐらいに思って
いた。
来丹の友人の申他(しんた)という男が、心配していった。

「君がどんなに黒卵を憎んだところで、むこうは君をまるで小バカにしている。どうす
るつもりか
ね」
「何とか知恵を貸してくれないか」といって来丹は涙を流した。
「衛に孔周という人がいて、先祖から伝わる殷の皇帝の宝剣を持っているそうだ。その
剣さえ手に
すれば、子供でも大軍を撃退できるという。どうだ、ひとつそれを借りては」

来丹は衛に行って孔周に会った。まず下僕として仕える礼をとり、自分の妻子を人質と
してさしだ
した。それから宝剣を借りたい、と申しでた。

「わたしのところには剣が三ふりある。どれでも好きなのを持って行くがよい。ただし、
どれも人
を殺すことはできぬ。ともかく説明だけはしておこう。
第一の剣は『含光』(ごうこう)という名だ。この剣は目に見えず、ふりまわしてもど
こにあるか
わからず、人を切っても、どこを切ったのか、相手にも自分にもわからない。
第二の剣は『承影』
(しょうえい)という名だ。まだ薄暗いあけがたや、たそがれ時の
薄あかりに、北に向けてよくよ
く見ると、あるかないか、おぼろげに見えはするが、ど
んな形かはっきりとはわからない。人を切
ると、かすかに音はするが、切られた方は何
ともない。第三の剣は『宵練』(しょうれい)という
名だ。昼は影が見えるだけで、光
は発しない。夜は光だけは発するが、形は見えない。人を切ると
バサッと音はするが、
切り口はすぐもとどおりふさがってしまう。痛みを感じるだけで、血は流れ
ない。この
三ふりの宝剣は、十三代にわたって伝えられてきたが、一度も使ったことが
ない。封を
して箱の中にしまったままだ」

「どうか三番目の宝剣をお貸しください」

孔周は、人質としてさしだされた妻子を返し、来丹とともに七日の間物忌みしてから、
その日の暮
れがた、うやうやしく第三の剣を授けた。来丹はおしいただいた。
わが家にたちもどった来丹は、宝剣を身に帯びて黒卵をつけねらった。たまたま黒卵が、
酒に酔っ
て窓のそばに寝ているすきをうかがい、首から腰へかけて三度切りつけた。黒
卵は身動きしなかっ
た。てっきり相手が死んだと思った来丹は、いそいでその場をたち
去った。門のところで黒卵の息
子に出あった。これにも三度切りつけた。まるで空を切
るように手ごたえがなかった。黒卵の息子
が笑いながらいった。

「何だってまた、おれに三度も手を振ってみせるんだ」

来丹は剣が相手を殺せないことがわかり、がっかりして家に帰った。やがて、黒部は目
をさまし、
妻を叱りつけた。
「おれが酔っぱらって寝てしまったのに、何もかけてくれんから、かぜをひいてしまっ
たぞ。の
どが痛むし、腰がずきずきする」
息子もいった。
「きのう、門のところで来丹に会ったが、あいつ、おれに三度手を振ってみせた。その
せいか体
が痛いし、手足がしびれる。まじないでも、かけやがったのかな」

 【エネルギー通貨制時代 46】 
Anytime, anywhere ¥1/kWh  Era” 
 Mar. 3, 2017 
 

  
【脱オイルの世紀:石油大国・米国の裏事情】

1月29日、石油経済研究会の中田雅彦氏の「鮮明なってきた米国シェール革命の限界
」(日経エネルギーNext)で、
この1年でシェールオイルに関する様々な情報が表面化
し、シェールの今後がより鮮明に見えてきた。これまでの見立ては基本的に変わらない
が、予想以上にり「シェール革命」が短命に終わる可能性があると予測する。
それは、
これまで「脱オイルの世紀」では、「この数年、原油生産量が増加しているの
は、米国のシェールオイルとカナダのオイルサンドの非在来型原油の増産に起因してい
る」ことを報告。また、オイルサンドは「コストが高く2025年には生産がピークに達
する」と予測(「期待の新星、オイルサンドの失速が始まった」参照)、を再確認する
ものである。

シェールオイルは「市場油価が70ドル以上になれば新規開発が増える可能性はある一
方で、埋蔵量がサウジ最大のガワール油田の20分の1程度であるため、『シェール革
命』は短命に終わる」と予測した。当時は将来の油価の動向が不透明であったため、
含みのある予測結果となった。米国の原油生産量は、2017年に1000万バレルを超え、
2018年はロシアやサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国になったとみられ、この
シェール効果はほぼ10年間で終わる可能性が高い(シェールの失速は米国経済を揺る
し、世界経済の悪化を加速するおそれすらある)と。


ところで、「シェール革命」は2010年頃から始まったが、2017年末までシェール業界
全体を見渡すと儲けることができず、2014年の油価暴落の影響で2015~16年
の間に
約100社が破綻。シェール業界上位の20社のほとんどが2018年第1四半期まで
赤字で
あったと報告されている。IEA(国際エネルギー機関)は2018年上半期にな
って、やっ
と赤字が解消した」と報告。シェール業界としては初めてのことであ
る。2010~14年
の1バレル100ドルを超えるような油価高騰を背景とした生産量の
増加と、原油回収技
術の効率化の成果により、2015年以降あたりから赤字が減少す
る。とはいえ、このよ
うな状況下でも投資家は、無配当に耐えているシェールオイ
ル業界全体の低収益性はシ
ェールオイル採掘の特徴
からくる。シェールオイルは新しい
油井を掘削して回収され始
めても、2年ほどで生産量が急速に減少、すぐに次の
新たな油井掘削を始めることによ
り生産量を維持しなければならない。最初の掘削で得られた収
入のほとんどは、次の掘
削費用に消える。いわゆる自転車操業であり、業界全体としての収支が
黒字に転じてな
お、すべてのシェールオイル事業者が利益を上げているわけではない。また、IEAによ
ると、すなわち2010~14年の間に積み上がった負債は2000億ドル(22兆円)にのぼ
り、今後、新たな借り入れや社債の発行、資産の切り売りなどで支払わねばならない重
い負担がある。

これを、裏付ける2018年12月4日付けウォールストリートジャーナルは、シェール事
業者の投資案内資料と会計簿に記載されている営業収支の間に食い違いがあると報じ、
投資家に対して「シェールに投資するな」と警告し、さらには、ブルームバーグは、シ
ェール採掘に用いる上質な砂は1トン当たり60ド
ルと「貴重商品」になり、砂の採取場
では労働者に米国最低賃金の約3倍の賃金を支払い、トラック運転手の賃金に至っては
年収で15万ドル(1650万円)にのぼり、
住居不足の問題も大きく、交通渋滞もひどい。
5年前から交通量は2倍に増加し、限界に達し、交通事故も増加───2018年6月までに
147人が死亡───警察の話では、「労働時間が1週間で80~100時間に上り、麻薬利用
者が増え、致命的な事故も増加し、危険な状態になっている」と裏事情を報じていると、
田中氏は書いている。

 


このように、シェールガスも原油もいずれ資源枯渇し、採算不良に陥るわたし(たち)
が予測していたことを明らかしている。
 



【中部電力新サービス「これからデンキ」提供】

1月25日、中部電力は固定価格買取制度(FIT)が終了する太陽光発電に関連した新
サービス「これからデンキ」の新メニューとして、再生可能エネルギーを活用した「太
陽光発電の自家消費サービス」を2月から、「CO2フリー電気料金メニュー」を7月か
ら提供開始することを公表。 それによると、太陽光発電の「自家消費サービス」は、店
舗や工場などの屋根を借りて中部電力の負担で太陽光発電設備を設置・運営する。顧客
は初期費用ゼロで太陽光発電による電力を自家消費し、その対価として中部電力に毎月
のサービス料金を支払う仕組み。



【米国で太陽光+リチウム電池のコスト分析:単独より併設が割安】

米国では、リチウムイオン電池を電力システムに関わるエネルギー貯蔵として使用する
ケースが増加。短期間のエネルギー供給、電力系統の安定化、さらに周波数・電圧調整、
送配電網の建設延期、または送配電網の投資抑制・削減、バックアップ電源、ピークカ
ット、ピークシフトなど多様なサービス用途で価値を提供し始めた。現在、米国がこの
分野でも世界をリードしているようだ。米国における電力用リチウムイオン電池のほと
んどの用途は、発電事業用のエネルギー貯蔵である。2008~2017年の間、米国は世界
の電力用リチウムイオン電池市場の約40%を占めた。それは出力で495MWにあたり、
そのうち約92%は発電事業用のエネルギー貯蔵(出力1MW以上)として、約8%は商業
用エネルギー貯蔵(出力10KWから1MW)、そして1%以下は住宅用(10kW以下)に
導入された。米国国立再生可能エネルギー研究所(The National Renewable Energy
Laboratory: NREL)は「2018年米国発電事業用太陽光発電所プラスエネルギー貯蔵シ
ステムコストベンチマーク(基準)」を昨年12月に発表した。大容量リチウムイオン蓄
電池が単独で設置された場合(スタンドアロン)と、発電事業用太陽光発電所と大容量
リチウムイオン電池を併設(コロケーション)した時(以下「PV+蓄電池」)のデータ
を基に、モデル化してコスト分析。

このNRELベンチマーク分析では、太陽光パネルの設置容量100MW-DCの追尾型の太陽
光発電所と出力60MW-AC、容量240MWh-AC(放電4時間)のリチウムイオン電池を
想定した。具体的に、以下4パターンで分析した。(1)それぞれを独立で設置した場合
(スタンドアロン)、(2) 「交流(AC)リンク」による「PV+蓄電池」(併設・コロ
ケーション)、(3)「直流(DC)リンク」による「PV+蓄電池」(併設・コロケーシ
ョン)、さらに、(4)PVと蓄電池を異なるサイトに単独に設置―――の4ケース。導
入コストを比べてみると、「PV+蓄電池」(併設)では、DCリンク方式で1億8600万
ドル、ACリンク方式で1億8800万ドルとなった。また、PVと蓄電池を異なるサイトに
単独に設置・接続したシステムのコストは2億200万ドルとなっている。



  Jan. 24, 2019

市場規則によるエネルギー貯蔵抑制方法
  

単独設置エネルギー貯蔵は急増。米国エネルギー貯蔵モニタQ 2018は、 2018年には
設備は338メガワットを数え、2023年までに3.9ギガワットに成長する。そのほとんど
は、最先端のユーティリティ規模のプロジェクト。この指数関数的な成長は、州指令と
規制措置(特にカリフォルニア州)により促進され、米国の全電力消費者の3分の2に
サービスを提供する組織的電力市場以外の垂直統合型公益事業に限られている。電力系
統はエネルギー貯蔵の価値にもかかわらず、卸売市場での成功を収めておらず、
この不
一致は、規則と収益である。 卸売市場のルールはレガシー資産(既成システム)を中心
に構成され、エネルギー貯蔵が潜在
的なサービスの販売を制限、エネルギー貯蔵卸売収
入の流れを制限
連邦エネルギー規制委員会は卸売市場へのアクセス促進に指令841を
発効。 2018年の終わりに、FERC規制の独立系システムオペレータ(ISO)は実行計画
で対応。エネルギー貯蔵の組織的な電力市場はプラットフォーム、製品、および支払日
の3方法で収益を生み出すが、さまざまな事業がさまざまな方法でこれらの潜在的収益
の流れを利用に、指令841の実施計画に異なる影響を与える。

●最善策のプラットフォーム

 ISO は 、市場の信頼性や効率性の向上に新しい送電機会が指定する計画プロセスを実
施そして、エネルギー貯蔵は 、信頼性向上の低コストの非送電方式を増々検討されてい
る。具体的に、
グリッド上の比較的孤立した地域では、需要ピーク時の送電または地域
の発電損失、 定置型蓄電池では、送電や地域発電を追加することなく、緊急事態を通し
地域電力網に送電でる。 経済的に合目すれば、規制当局が承認した送電料金で資金調
達し、事業をサービスコストベースで構築し支払が可能となる。ここでの貯蔵は「信頼
性送電の拡大」と同じ役割を果たすが、それはまた「経済的送電」の役割を果たすこと
もできる - 余剰エネルギーを限られた地域に移動させそれにより価格を下げるために作
られた送電。 これはFERC 指令1000の構想の一部であり、地域の伝送事業者は計画プ
ロセスにおいて「送電以外の代替案」を検討する必要があった。

しかし、今日のISO領域内で指令1000勧誘の下で提案されているのは、PJMグリッド上
のボルチモア近くにある 1つの経済的な貯留伝送プロジェクトだけ。  PJMはプロジェ
クトを評価しましたが、必要な費用便益基準を満たしておらず、最終的にはグリッド事
業者の地域送電拡張計画には含まれていないことが判明。
 ISOはそのようなプロジェク
ト資金提供を躊躇、なぜなら「信頼性」の貯蔵にはその使用決定に明確なグリッド緊急
リスクに直結するが、「経済」の貯蔵には、電力売買のタイミングのISO指令を必要と
する。ISOが貯蔵をディスパッチ(選択伝送)が常に価格影響するかという点で、これ
がISO市場の独立性に阻害するケースが生じる。
しかし、ISOはすでに送電上の電力潮
流を規制し、電力価格に影響する。ISOが需要の高い地域での渋滞緩和(したがって高
価格を下げる)の新しい伝送提案時、地元の発電所は該当する収益損失を明確にすべき
である。


この場合、ISOの独立性は、透明性のある費用便益分析と安全性を制約する経済的送電
権 - 送電線を遮断し電力を公平に移行させ、現地の価格差調停による収益分配の標準方
法論 - を組み合わせ維持される。 オープンな最適化に従い、エネルギー貯蔵を送電し
支払当事者すべてに権利割当する。 伝送と同様に、エネルギー貯蔵も「オープンアクセ
ス」になり消費者に利益還元する。エネルギー貯蔵
は伝送と同様サービスを提供が、伝
送立地や許可に比べ設置の容易さが向上するなど、提案の複雑さは解決に数年かかるこ
と予想され、たとえば、テスラは、伝送アップグレードに匹敵する信頼性サービス提供
する100メガワットの南オーストラリア州の貯蔵施設を建設・接続に6か月に短縮し、
年間で顧客の4,000万ドル節減する。
伝送用エネルギー貯蔵の概念は、初期段階にあり、
潜在的な信頼性投資役割に焦点を当てらる。 ISOは指令 841が潜在的収益の流れを形
成形について発言していないことが課題となっている。


● 商品:サービス料
ISOは、受動的エネルギー貯蔵をグリッドに組み入れる送電アクセス料金を介してサー
ビス代金の支払いは不快だが、高速周波数応答、容量、規制などの固定サービスを提供
するために競合エネルギー貯蔵を受け入れられるが
、バッテリーや再生可能エネルギー
のようなクリーン技術がゲームを変える前に、サービス定義された多くの場合、技術的
中立性が達成できないかもしれない。指令841はこれに応じたが、実施計画はまだ多く
課題を残す。
理論的には簡単であるが、貯蔵資源にはエネルギーが限られ。充電により
多くのエネルギーを取る必要であり、それはパワーエレクトロニクスにより完全に駆動
されるとも予想されている。
これらの違いは、既存市場製品定義が不適切であることを
意味する。 ほとんどの既存参加者は、わずかな収入で補助サービス提供しているが、単
一サービス(規制など)専用エネルギー貯蔵事業では、単純なルール変更でビジネスモ
デル全体は使用できない。

これらの事業がどの程度急速に生産量を変え、大気汚染低減能力、迅速モジュール化な
どが、常に市場評価されているわけではない。これらのグリッド利益を、適切評価する
には電力市場規則の修正がある。 電池と天然ガスピーカーとの間のユーティリティの標
準的な同等性は、1対4の電力比(=1メガワット/ 4メガワット時の電池)を必要と
すると予想される。
尚、他のテクノロジに基づく定義にバッテリを統合することは必ずしも経済的に効率的
ではない。ピークニーズの中には長続きするものもあれば、散発的なものもあり、バッ
テリーの最も価値の高いアプリケーションには、 さまざまな電力比を含むポートフォリ
オが含まれることがある。

●給料日:不当利得者か単なる独立系ビジネスマン ?
エネルギー資源の競合は、裁定取引よりも簡単であるが、残念ながら、今日の市場はこ
のように十分な収益を得られない状態である。たとえば、カリフォルニアのCAISOとテ
キサスのERCOTの2つのISOにおける日々の卸売電力価格の差は、1日あたりの安値と
安値での概算年間収益(往復損失なし)は1キロワットあたり10ドルから20ドル。年間
1時間のストレージ容量で、収入には不十分だが、 NV Energyが最近発表した100メガ
ワットの蓄電池のような垂直型ユーティリティの価格に近い。
リアルタイムの市場スト
レージに近づくほど、また電力比率が高いほど、裁定取引から得られる収益は多くなる
が、たとえば、2017年のヒューストンのロードゾーンリアルタイム市場で稼働している
4メガワット対1メガワット時の電力比と20パーセントの往復損失を持つ蓄電池ユニット
は、年間57キロワット時になり、 このシステムは、1キロワット時あたり300ドルから
400ドルのコストがかかり、高電力比によるコストがかかり、特に今後の夏にERCOT全
体で高価格が予想されるため、魅力的な投資となる。
これは他のISOとは価格差が小さ
いことと対照的であり、 エネルギーのみの電力市場が投資の価値が最も高いところを照
らし出す能力を浮き彫りにする。
エネルギー裁定取引収益が蓄電池投資への支援に十分
であっても、依然としていくつかの障壁が存在する。ESAが参加モデル、入札パラメー
タ、および充電状態管理に関する指令841準拠計画の分析では、ほとんどすべてのISO
に準拠していない。

●今日のエネルギー貯蔵機会、明日のエネルギーシステム混乱
ストレージは明日のクリーンテクノロジーから今日の規制アジェンダの推進要因の1つ
へと飛躍したが、業界の本当の可能性はまだ不十分。エネルギー貯蔵事業
は、複数の価
値の発掘に最適───ある賢いERCOTエネルギー貯蔵事業者は、ある日の入札を補助的
な規制市場に切り替え、別の日に最大の潜在的な収益のためにエネルギー価格を裁定に
切り替えるとした場合、指令841準拠では、この種の切り替えを問題視する。
多くの主
要ISOと同様に、ニューイングランドのISO-NEはエネルギー市場と補助市場を共同で
最適化しており、最良の収益を得るためにどの市場に入札するべきかを判断に参加リソ
ースの支援が不要となる。 理論的には、この配置はエネルギー貯蔵の経済性を向上さ
せるはずだが、代わりに、補助市場向けのISO-NE規則は、エネルギー市場で入札され
るたびにリソースの「レートを下げる」(つまり、低い出力でしか実行できないふりを
する)を余儀なくさせる。
補助的な市場ルールを適用に(必要でないときは)ピークの
裏側に1時間の出力を提供能力を維持しなければならず、これはシステムピーク時に蓄
電池がで多くの出力を絞り出すことを防ぐ。
この種の問題は、既存の市場パラダイムに
とって破壊的エネルギー貯蔵がどのように発生するか
示す。 ますます多くの蓄電池が
オンラインになるにつれて、今日の電力消費者利益を最大化に、ISOは、テクノロジの
可能性に対応するために、そしてFERCの指令841をより良く実装できる新しい規則と
市場構造を通して進化させなければならない。とこの記事は結んでいる(How Market
Rules Are Holding Back Energy Storage, gtm Jan.Jan. 24, 2019
)。

 Jan. 30, 2019

【滋賀のパワースポット:大野神社】
嵐ファンの応援の声続々 “聖地”栗東の大野神社
大野神社(おおのじんじゃ)は、滋賀県栗東市荒張にある神社。
旧社格は郷社。平安時
代後期に、金勝山上にある金勝寺の鎮守社として創建され、金勝荘の総社にもなってい
た。武将の祟敬を集めるなど社運が隆盛し、鎌倉時代には近江国の守護佐々木氏が、南
北朝時代からは足利義尚等が社殿の造営、修理などを行っている。境内の楼門は滋賀県
内最古のもので鎌倉時代初期の建設とみられ、重要文化財に指定されている。明治天皇
や岡部譲等の歌碑もある。古くには天神社や狛坂天神などとも称され、明治時代に現在
の社名となる。

とことが、人気アイドルグループ「嵐」の2020年末での活動休止発表を受け、ファ
ンの間で
「聖地」と呼ばれている滋賀県栗東市の大野神社に、活動休止を惜しむ多くの
ファンが訪れている。ファン歴10年という女性は1月29日、「休止を知った時は心
にぽっかり穴があいた。今はただ復活を待ち続けるだけです」と話す。
神社の名前がリ
ーダー大野智さんの名字と同じで、禰宜の大宮聡さん(45)の名前も「さとし」と同
じことから、約10年前からファンが訪れるようになった。メンバー5人のイメージカ
ラーを配したお守りやだるまが人気を集めている。
大宮さんによると、27日の休止発
表を受け、28日、29日は境内に行列ができるほどのファンが詰め掛けた。ファンら
は絵馬に「いっぱい休んだらまた5人で嵐を巻き起こして!」などと書いて復活を願っ
ているという。


  ●今夜の一曲

Singers;
 Song Title;truth  Music Writers; HYDRANT,
前口渉

ゆらりゆれる光ひとつ痛み癒すことなく消える
"I take your life forever, you taken my life forever"
ひらり落ちる涙ひとつ思い届くことなく消える
"I take your life forever, you taken my life forever"

止まらない時に潜む愛はきっと降り注ぐ雨のように
(こぼれ落ちた涙のあと凍えそうな涙の色)
戻れない記憶巡る全て奪われたこの世の果てに

悲しみ…
たとえどんな終わりを描いても心は謎めいて
それはまるで闇のように迫る真実
たとえどんな世界を描いても明日は見えなくて
それはまるで百合のように汚れを知らない
願いは透明なままで......

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ラストワンマイルⅣ | トップ | ラストワンマイルⅥ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

滋賀のパワースポット」カテゴリの最新記事